« 情報亡国 青森県警 やっと私用パソコンを署内から一掃できる見込み | トップページ | 水金地火木土天海「氷」? 太陽系に第九の惑星の可能性 »

2008-02-27

産科崩壊 札幌市産婦人科医会が二次救急から9月で撤退 医師を招聘せず1000万円だけ上積みで医師の負担増が乗り切れると?

札幌市の福祉政策がダメダメなのは、元市民だから、身にしみてよく知っている。必要な金をケチるのも、いつものことだ。
今回は
 産婦人科の数が減っていて、二次救急の負担が増えたので、夜間急病センターに産婦人科医を増員して欲しい
という札幌市産婦人科医会の要請を無視して
 夜間急病センターの産婦人科の報酬を1000万円上乗せしただけ
で済まそうとした札幌市のやり方がダメすぎる。
 いくら報酬をもらっても、人手不足で逼迫している状態は改善されない
からだ。ま〜、札幌市の考えそうなことだよな。いつものことで
 根本を見ず、弥縫策で乗りきろうとして、事態をどんどん悪化させる
のだ。このままいくと
 札幌の産科崩壊も近い
と思われる。
道新より。


重症救急撤退を通告 札幌市産婦人科医会 市に「夜間の負担増」(02/27 07:19)

 札幌市の産婦人科の救急医療で、重症患者を診る二次救急を引き受けている札幌市産婦人科医会(遠藤一行会長)が「各病院の負担が重く、これ以上は担いきれない」として、二次救急からの撤退を市に申し入れていたことが、二十六日分かった。市は医師や住民による協議会を三月中に設置し、負担軽減策を話し合う考えだが、同医会は具体案が出ない場合は、九月で撤退すると通告している。市内では現状でも妊婦のたらい回しが起きており、撤退となれば、市の産婦人科救急に大きな影響が出そうだ。

 札幌市の各診療科の夜間、土日・祝日などの救急体制は《1》軽症者を診る初期救急《2》初期救急の医療機関から重症者を受け入れる二次救急《3》より重症な患者を二十四時間受け入れる三次救急-に分かれている。このうち、産婦人科は同医会所属の医療機関のうちNTT東日本札幌病院など九医療機関が、二次救急に加え、夜間(午後五時-翌日午前九時)の初期救急も担ってきた。

 担当医師の負担が増えたのは、産婦人科医の減少で二次救急を毎日交代で引き受ける医療機関が、四年前の十四から五カ所も減少したため。各医療機関の担当回数が二週間で一回から一週間で一・三回程度に増え、担当医から「産婦人科は慢性的な人手不足で、受け持ち患者の診療と出産で手いっぱい。これ以上、救急を分担できない」と、声が上がった。

 このため、同医会は二○○八年度に向け、市の夜間急病センターに夜間の初期救急を診る産婦人科医を置き、初期と二次を分離するよう市に要請した。遠藤会長は「センターで患者を振り分け、子宮外妊娠や早産などの重症患者だけを二次救急に送れば、医師の負担が大幅に軽減される」と説明する。しかし、市は新年度予算案に、二次救急医療機関への報酬の一千万円増額を盛り込んだものの、センターへの産婦人科医配置は見送ったため、医会として撤退を申し入れた。

 市医療調整課の飯田晃課長は「夜間急病センターに産婦人科医を配置すると、約七千万円の予算が必要になる。財源が限られる中、住民合意を得られるだろうか」と説明。三月中に協議会を設置し、負担軽減に向けた代案を話し合う。

 医療機関に二次救急を担う法的な義務はない。撤退が決まった場合、市が個別の医療機関に担当を依頼しなければならず、三次を担う市立病院や、市の依頼に応じる一部医療機関の負担が増大するのは確実。最悪の場合は救急体制が崩壊する恐れもある。

 遠藤会長は「医療にどうお金をかけるか、市と住民で考えてほしい」と話している。

道新は、偏向報道で道内の医師と病院、大学医学部を叩き続けてきた、輝かしい過去がある。
従って、道新が
 たらい回し
という文言を用いるのは、デフォルトである。
で、わたしは札幌市産婦人科医会が市に出した
1. 夜間急病センターに専属の産婦人科医を置く
2. センターで妊婦の振り分けをする
という要請は、至極もっともだと思う。これまでは
 2003年の14か所から2007年には9か所に減ったマンパワー不足の中で、よく対応してきた
と思う。しかし、札幌市の出生数は、この4年間でほとんど変わっていないのだ。
 2003年は14871人、2007年は14460人
で、
 夜間救急にかかる負担は少しも減っていない
のに担当する医療機関数は5つも減っている。
表にしてみる。
 年     2003    2007     増減
 出世数   14871人  14460人   -411人
 担当機関数 14     9       -5か所
 担当回数  1回/2週  1.3回/1週   0.8回/1週
一目で、
 医師の負担が重くなっている
のがわかるだろう。これ以外に、担当して下さっている産科の先生には、通常勤務での診療もあるのだ。
このままでは
 過重勤務で医療事故が起こる可能性が高い
わけなのだが、札幌市は
 人は出さない、金はちょっと出す
という姿勢だ。これが
 さっぽろ子ども未来プラン
を打ち出している
 札幌市の本当の姿
なのである。本当に
 少子化対策を考えている
ならば、
 安全な産科運営のために、人を増やし、金を出す
のが筋だ。ともかくも
 人が増えなければ、救急は回らない
ということを、札幌市はもう一度考えないと、産科崩壊は一挙に進む。

お、NHKの昼のニュースでも、取り上げてますな。(12:08)

続き。(12:22)
道新の書き方はいかにも
 医師に金が膨大にかかるような書き方
なのだが、現実はそうではないという指摘。
【春なのに】北海道僻地医療壊滅8【派遣決まらず】スレッドより。


612 :卵の名無しさん:2008/02/27(水) 09:12:40 ID:6gIMTDK60
>>「夜間急病センターに産婦人科医を配置すると、約7千万円の予算が必要になる。
>>財源が限られる中、住民合意を得られるだろうか」と説明

医者の給料だけで7千万じゃないだろ? いやな書き方だ。

でもまあ、医者3~4人雇うのに6千万として、それ以外に看護師やら、「事務員やら」、
設備費やらで1億
は下らんだろ?

札幌市民180万人、女性が90万として、女性だけでも100円払えば9000万
なるじゃん。全員1年に100円で1億8千万。1カ月に10円足らずだぜ?それくらい
出せよ!

いつも思うんだけど
 産科医確保の署名
とかするくらいなら
 署名の代わりに募金
をした方が、医師は来るよね。
 命を守る高度な技術を持った人間を雇うには、金が必要
なのは、当然なのだが、どうも最近
 医師はタダでこき使っていい
と勘違いしている人が増えているような印象がある。よく言われることなんだけど
 水道トラブル8000円には8000円払うけど、病院の初診料で8000円なんていったら、高いという患者が多い
という医師の嘆きがある。
 人間の命の管理が、水道管のメンテより安い
って、おかしいのだが、それに気がつかない。どうしても、医師に来て欲しい、留まって欲しいのなら、医師不足の地域では、署名じゃなくて、
 市民が医師を招聘するための基金
を作ればいいじゃん。でも、医師確保の署名を集める人たちって
 金は出したくないけど、名前を書くのはタダだから
って人が多いんだろうな。
 金を出すからには、金の使い方には責任を持って欲しい
と普通は思う。ところが
 自分たちの懐から出ているはずの税金の使われ方には無関心
だから、公立病院から産科がなくなりそうなときに、慌てて署名活動とか始めちゃうわけだ。

数年前にアメリカのABCニュースで、税金無駄遣い告発をシリーズでやっていたが
 これはあなたのお金です
というコーナーだった。
 税金は自分の金
という意識が働かない限り、ダメだろうね。なんか知らないけど
 税金は上納金
だと思いこんでいる人が多すぎる。
 
 

|

« 情報亡国 青森県警 やっと私用パソコンを署内から一掃できる見込み | トップページ | 水金地火木土天海「氷」? 太陽系に第九の惑星の可能性 »

コメント

NHKニュースによると
「4月以降は2次救急を行わない」
となってます。

魚拓
http://s01.megalodon.jp/2008-0227-1404-57/www3.nhk.or.jp/news/2008/02/27/d20080227000074.html

投稿: とりあたま | 2008-02-27 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40288078

この記事へのトラックバック一覧です: 産科崩壊 札幌市産婦人科医会が二次救急から9月で撤退 医師を招聘せず1000万円だけ上積みで医師の負担増が乗り切れると?:

« 情報亡国 青森県警 やっと私用パソコンを署内から一掃できる見込み | トップページ | 水金地火木土天海「氷」? 太陽系に第九の惑星の可能性 »