« 通販で文具を買う ぽちっとアスクル・オフィスデポ・アマゾンを比較する | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その115) TBSの取材クルーのマナーは子ども以下 診察中の内科診察室を駆け抜けて開き直り、逃亡→追記あり 「女性患者診察中」に通り抜けとは痴漢と変わらないTBS取材クルー »

2008-02-29

産科崩壊 お腹の中の子どもよりハワイで遊ぶ方が大事ですか

産経が2/13付でこんな記事を載せていた。


【溶けゆく日本人】蔓延するミーイズム(7)疲弊する医療現場

2008.2.13 08:04

 ■権利を名乗る身勝手
 昨年末、東京都内の病院に勤める産婦人科医(38)は、繋留(けいりゅう)流産で手術日を決めたばかりの患者(35)からの電話に一瞬、返す言葉を失った。
 「昨日決めた手術日ですけど、仕事の都合がつかないので変えてください」
 繋留流産とは、胎児に異常があって育たず、お腹の中で死んでしまうこと。そのままにしておくと、出血したり細菌感染しやすいので、死んだ胎児を子宮から取り除く手術をしなければならない。緊急手術が必要なほど切迫した状態ではないが、患者の体のためにはなるべく早く手術をした方がいい
 年末ということで、手術の予定がかなり立て込んでいた。それでも幸い翌日に空きがあったので翌日の手術を提案したが断られ、1週間後に決めた。もちろん患者もそのとき「この日なら大丈夫」と承諾、スタッフの手配もすませたところだった。
 患者は大手企業に勤める会社員。確かに年末は仕事が忙しいとはいえ、それを承知で手術日を決めたはずだった。
 「絶対に(手術日は)変えられないんですか」と食い下がる患者に、産科医が「すべての患者さんの手術日程を変えないと無理です」とこたえたところ、「じゃあ、そうしてください」との言葉が返ってきた。
 もちろん、すべての患者の手術日程を変えられるわけがない。また、年明け後なら新たに手術日が組めるが、それでは患者の体が心配だ。産科医が改めて「つまり、手術日を変えるのは不可能ということです」とはっきり告げると、「それなら別の病院で手術するからいいです」と、電話をたたききられた
 この患者は他の病院を数カ所あたったものの、手術を引き受けてくれる病院がなかったことから、結局、この産科医のいる病院で当初決めた日程で手術を行った。
 産科医はいう。
 「結果としては無事手術できてよかったのですが、診察や治療以外の対応にこちらはへとへとです。産科医不足がいわれ、実際にみなぎりぎりの状態で仕事をしているのに、わがままな患者に振り回されると、もうやってられないという感じです」
                 
◆◇◆

 都内の別の病院に勤務する産科医(35)も、患者の理不尽な要求にとまどっている。
 1月半ばのことだ。切迫早産で入院していた40代後半の妊婦から、「外出を許可してほしい」と呼び出された。輸入品を扱う店を経営しており、店のことが気になって外出したいのだという。
 この患者は、長年の不妊治療の末にようやく初めての子供を妊娠したのだ。このときは38週で、絶対安静が必要な状態だった。産科医が「子供の命のために、もう少しだけがまんしてください」と説明しても、「私の体のことは私が一番よく分かっている」と、がんとして聞かない。患者の夫に説得してもらおうと「今が一番大事な時期ですから」と説明したが、夫も「妻の言うとおりにしてあげてください」と言うだけ。
 外出されると治療に対する責任がもてなくなることから、「外出したいなら自己退院してもらうしかありません。その代わり、もううちでは診察できません」と告げると、「退院するつもりはない」と言い張り、日中に勝手に外出し、夕方戻ってくるという生活を続けた。
 「子供が本当にほしいから不妊治療をしていたのではないのでしょうか。生まれてくる子供のために、数週間仕事を休むことが、そんなに難しいのでしょうか」と産科医は頭を抱える。命と仕事の重さの違いすら、分からなくなっているのだ。
(以下略)

とまあ、
 自分の命やお腹の中の子どもの命よりも「都合」を優先する妊婦
の話なのだが、今朝、webを巡回していたら、まさにそういう人が実在するのを見つけてしまい、ちょっとイヤな気分になっている。
以前から
 妊娠中だがハワイに行っても大丈夫か
という質問をする妊婦さんは多い。今回は8カ月の妊婦さんで
 世間的には安定期
と思われているのだが、実は
 何かの拍子に、もう、いつ赤ちゃんが生まれてきてもおかしくない時期
で、普段の生活をしていれば問題ないだけであって、遠出は出来るだけ控えて欲しい、というのが、産婦人科の先生達の偽らざる気持ちだ。
もう一つ
 アメリカで子どもを産んで、子どもを日米の二重国籍にしたい
という理由だけで、ハワイで出産を目論む妊婦さんもいる。日本でも一時期流行したが、その後韓国で爆発的な流行となり、現在、ハワイのイミグレーションは
 妊娠している外国人の入国を厳しくチェックしている
のである。だから
 妊娠八ヶ月でハワイ入り
をしようとすると、時と場合によっては強制送還が待っている。そうなると、次回以降のアメリカ入国に大変な支障が出ることは間違いない。
そして、
 アメリカでお産しても、旅行保険からは一銭も出ない
のである。通常分娩でも100万円単位、もし帝王切開で入院が長引くようなことが有れば、1000万を超える医療費を請求されることもある。

さて、それだけでも
 妊娠八ヶ月の妊婦さんのハワイ旅行は勧められない
のだが、その質問に
 切迫早産で薬をのんでましたけど、行きました。わたしは大丈夫でした
という、非常に無責任な書き込みをしている人がいるのだった。そりゃ、あなたは無事だったかも知れないけど、
 切迫早産は絶対安静、旅行なんて論外
でしょう。もしものことがあったらどうするつもりだったのだろう。

こうした
 医学的な常識を無視して、お腹の赤ちゃんを危険にさらす行為を「わたしは大丈夫だった」
というたった1例の経験だけを根拠に平気で書き込める人というのは、自分の書いたことに責任を持てるのだろうか。そして、こうした母親が実在する、ということと産経の上記記事の内容とが一致していることに、頭を抱えてしまった。
 お腹の赤ちゃんより、ハワイ旅行が大事ですか
と。
ハワイは逃げていかない。
しかし、子どもがお腹の中で育つ一瞬一瞬は今しかないのだ。今まさに、神経細胞や内臓や、いろいろな器官が、外界で充分耐えていけるまで育っているところで、お腹の赤ちゃんに過剰なストレスとなる長時間の飛行機での移動をするのは、「胎児虐待」ではないのか。日本でも旅先で産気づいたり、容態が変わったりすると大変だけど、言葉が十分に通じるのかわからない海外ではなおさらだ。
これから何十年も生きていく子どものすべてを育てているのだから、自分の楽しみのために、子どもの二度と取り返すことのできない胎内での成長を阻害するようなマネはしないでほしいと心から願う。
母胎は、子どもの将来の身体的な運命を預かっているのだから。

|

« 通販で文具を買う ぽちっとアスクル・オフィスデポ・アマゾンを比較する | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その115) TBSの取材クルーのマナーは子ども以下 診察中の内科診察室を駆け抜けて開き直り、逃亡→追記あり 「女性患者診察中」に通り抜けとは痴漢と変わらないTBS取材クルー »

コメント

昔、
『乳幼児を連れて海外に行きたいのでなんとかならないか?』
という板に

『乳幼児の泣き声は飛行機内で迷惑だし、子供も可愛そうだ』
と書いたら、非難轟々の嵐吹きまくり

自分の権利は主張しても他人の権利は考慮しない愚か者には救済する手段を与えてはならない。

投稿: Med_Law | 2008-02-29 12:22

何を今さら分かりきったことを
ウダウダ言っているんでしょうね?
産科医をやっていたら、こんな状況になるなんて分かりきったことです。
それでも産科医をやっている以上、自己責任。
同情の余地はありません。

投稿: nyamaju | 2008-02-29 13:47

↑??
nyamajuさんの言ってる意味がわかりません…。

投稿: ?? | 2008-02-29 15:51

nyamajuさんて、産科医を絶滅させようとする思想をお持ちの人だと仮定すると・・・

投稿: miskij | 2008-02-29 18:39

nyamajuさまは多分、「いやなら辞めろ」委員会の会員様です!

うんうん。納得。
ところで、私は踏倒し妊婦の会議で吊るし上げられることが決まりました(涙)。
普通に妊婦検診きていたけれど、全部未払いとは知りませんでした。
まんまと産まれて、個室に入り、退院される今日になってわかったというわけです。

。。。私の責任か!?ぬぬぬ~ん。(愚痴なので気にしないで)
淡々と吊るし上げられるだけなのでいいのですが。

投稿: 僻地の産科医 | 2008-02-29 18:45

このような患者さんが来られた場合、国試的には「患者の話に耳を傾ける」なんですけどね…orz

投稿: ただの(ry | 2008-03-01 04:10

本筋とはあまり関係ないですが、何年か前、キャビンアテンダントをしている方から
聞いた話です。某国の方々は、産まれてくる子供のパーマネントフリーを狙って
わざわざ産まれそうな時に飛行機に乗ろうとするので警戒しているとのことでした。
ハワイで産むよりもタイミングは難しそうですが、経済的利益は大きいですね。

投稿: 半可通 | 2008-03-01 08:51

「自分の楽しみなどはすべて生まれてくるわが子のために捨てる、その覚悟がない人は子供を産むな」なんていったら日本じゃ出生率0.5は切るだろうな。欧米でも1.0超えるかどうか微妙かも。
だからといって「好きなだけ生んでバンバン楽しんでください、あとは社会で何とか育てます」と言って出生率上げるのとどっちがマシかは…

投稿: koge | 2008-03-01 14:29

>「好きなだけ生んでバンバン楽しんでください、あとは社会で何とか育てます」と言って出生率上げる

ちょっと違うと思います。私の推薦する表現は
>好きなだけ楽しんでバンバン生んでください、あとは社会で何とか育てます。

投稿: BUNTEN | 2008-03-01 22:27

>僻地の産科医さん
いけませんな。
それは。
責任を取って辞めて頂かないと(笑)

投稿: nyamaju | 2008-03-02 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40310336

この記事へのトラックバック一覧です: 産科崩壊 お腹の中の子どもよりハワイで遊ぶ方が大事ですか:

« 通販で文具を買う ぽちっとアスクル・オフィスデポ・アマゾンを比較する | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その115) TBSの取材クルーのマナーは子ども以下 診察中の内科診察室を駆け抜けて開き直り、逃亡→追記あり 「女性患者診察中」に通り抜けとは痴漢と変わらないTBS取材クルー »