« 久々に階段から落ちる | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国広東省で出稼ぎ労働者がH5N1型鳥インフルエンザに感染した疑い、死亡 »

2008-02-26

信金送金障害 まさか閏年処理のバグじゃあるまいな→送金は復旧したけど、ソフト不具合の原因不明

昨日から、信金の送金システムに障害が起き、他機関に送金できなくなっている。
朝日より。


信金送金障害74万件 他機関向け 復旧めど立たず
2008年02月26日01時05分

 全国282の信用金庫が利用している送金システムで25日、大規模な障害が発生し、銀行や信用組合など他業態の金融機関向けの送金74万件が手続きを完了できなかった。26日午前1時時点で原因は判明せず、復旧のめどはたっていない。信金のシステムで大規模な障害が発生したのは初めて。顧客が信金の口座から取引相手の銀行口座にお金を振り込んだにもかかわらず、資金決済ができず、企業や個人の信用問題に発展する危険性もある。

信用金庫のシステム障害のイメージ(図)

 システムを運営・管理する「しんきん情報システムセンター(SSC)」はトラブルを把握した後も送金の受け付けを止めなかったため、被害件数がさらに増えた恐れもある。振り込んだつもりでも、送金できていなかった例も多いとみられる。障害によって不渡りを出すなど緊急事態が生じた場合には、信金の中央機関である信金中央金庫が何らかの対策をとる方針だ。問い合わせは、送金の手続きをした信用金庫が受け付ける。

 25日夜に会見した信金中金の中平幸典理事長は「本当に申し訳ありませんでした。明日以降に問題が生じないように最大限の努力をしたい」と陳謝した。

 25日は多くの企業が給与の振込日にしているが、信金をメーンバンクとする企業が、銀行などに口座を開いている従業員に給与を振り込めなかった例は全国で生じたとみられる。ただ、SSCは「給与支払いへの影響は限定的」(経営企画部)としている。

 26日朝までに復旧できない場合、25日に未処理だった74万件の情報は磁気テープに記録して全国銀行データ通信センターに送り、26日中に処理する予定。ただ、新たな送金は受け付けない。

 システムはNTTデータ製。神戸市の本センターのほかに神奈川県厚木市に予備のセンターもあるが、いずれも機能しなかった。ただ、信用金庫間の送金には問題はなく、他の業態の金融機関から信用金庫向けの送金も通常通りにできるという。

 SSCは25日午前11時半ごろにトラブルを認識したが、信金側に送金の受け付けを止めるように要請していなかった。

一番ありそうなシステムのバグは
 閏年の処理ができてない
だ。内部では問題なく、他の金融機関に送れないってことは、日付処理などにバグがありそうな悪寒。
NTT絡みでは
 閏年の処理をミスして、公衆電話が使えなくなるというバグ
があったばかりだ。
2/4付IT mediaより。


公衆電話故障の原因は「うるう年」

NTT東西の公衆電話の一部が停止した原因は、「うるう年」に伴うソフトウェアの不具合と判明した。

2008年02月04日 17時52分 更新

 NTT東日本およびNTT西日本の公衆電話の一部で発生したサービス障害は、電話機の自己診断ソフトウェアの設定にエラーが起きたことが原因だと判明した。NTT東西が2月4日に発表した。

 両社によれば、公衆電話機には定期点検時や料金回収作業に伴う公衆電話機の開閉時などに、動作確認をする自己診断のソフトウェアが搭載されている。同ソフトウェアでは診断日を自動設定する機能もあるが、今回の障害では「うるう年」の処理を行うソフトウェアに障害が発生し、次回診断日の設定ができず機能停止した。

 4日に13時現在で故障した公衆電話機は、NTT東日本管内が2329台、NTT西日本管内が878台で、合計では3207台となっている。両社では、故障した公衆電話機のソフトウェアを更新し、順次復旧させるとしている。

閏年になると、毎回
 閏年を忘れたプログラムのバグ
で、いろんなトラブルが起きる。
今回の信金の送金トラブルが、また、これが原因だったら、情けない。

続き。(18:00)
送金システムは復旧したが、原因はソフトの不具合で、どこがバグってたかは不明。
朝日より。


信金の送金システム復旧 ソフトウエア不具合が原因
2008年02月26日10時35分

 信用金庫の送金システムで大規模な障害が発生した問題で、信金の中央機関である信金中金とシステムを運営・管理するしんきん情報システムセンター(SSC)は26日、システムが復旧したと発表した。ソフトウエアの不具合が原因だったという。25日に未処理となった銀行など他業態の金融機関向けの送金74万件は26日午前に処理を終えた。今後はトラブルで被害を受けた利用者の救済策が焦点となる。

 SSCは午前8時半から送金情報を、他業態向け送金の窓口となる全国銀行データ通信センターに送り始めた。積み残された74万件の処理を優先したため、26日受け付けの送金は通常より処理が遅れる可能性がある。

 SSCによると、送金データの処理量が一定量を超えた場合にはたらくソフトウエアの調整機能に不具合があり、障害につながったという。

 信金側は74万件のうち、利用者が25日付の入金処理を希望する場合は銀行などに対応を要請する方針。ただ、送金の遅れで決済ができず、すでに損害が出た場合などにも対応できるかどうか、不確実な面が残っている。

やっぱり
 閏年処理のバグ
の悪寒。

|

« 久々に階段から落ちる | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国広東省で出稼ぎ労働者がH5N1型鳥インフルエンザに感染した疑い、死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40273532

この記事へのトラックバック一覧です: 信金送金障害 まさか閏年処理のバグじゃあるまいな→送金は復旧したけど、ソフト不具合の原因不明:

« 久々に階段から落ちる | トップページ | 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国広東省で出稼ぎ労働者がH5N1型鳥インフルエンザに感染した疑い、死亡 »