« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その16)奈良県人事異動発表 総務省出向キャリア杉田憲英1300年事業推進局次長は商工労働部長へ「ご栄転」 | トップページ | 小児科医療崩壊 身勝手な母親からの電話「夜間当番病院の待ち時間が長いので今から小児科をあけて診てくれ」当の患者は診察室を兄弟と駆け回る元気さ→小児科のぬいぐるみや絵本を盗む親も »

2008-03-28

「マスコミたらい回し」とは?(その116)医療破壊報道の毎日新聞人事異動『医療事故が止まらない』著者で「ネット君臨」の責任者花谷寿人記者と「大淀病院産婦死亡事例」報道の砂間裕之・大阪本社社会部兼科学環境部デスクがご栄転

昨年、正月早々
 ネット君臨
というトンデモ企画で物議を醸した毎日新聞は、医師からは「大淀病院産婦死亡事例」報道などのトンデモ医療破壊報道を繰り返し、
 毎日新聞は医師の敵
認定をされている。現在3スレ目だ。
毎日新聞は医師の敵3
毎日新聞に掲載される医療記事は、常に批判に晒されているし、実際滅茶苦茶だったりする。たまに「まとも」だと
 どうした毎日
という感想が漏れるレベルを保っているのは素晴らしいとしか言いようがない。
医療も研究対象である友人などは
 ソースは毎日新聞
と言うと
 待て。他の新聞の記事と比較してからだ
と警戒する有様だ。

さて、そのような輝かしい実績を誇る毎日新聞の4/1付人事異動が発表された。
まず
 「ネット君臨」の責任者 花谷寿人記者
が異動する。
 ▽さいたま支局長(社会部副部長)花谷寿人
花谷寿人記者の
 ネット取材に関する妄言
については以下に。
 2007-01-07 ネット社会は双方向発信が当たり前 (その3) ネットによる「既得権侵害」におびえる毎日新聞の記者達→追記あり 花谷寿人記者は集英社新書『医療事故がとまらない』の取材班キャップ
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/01/3_46f6.html
え〜、新聞社の人事異動双六についてはよく知らないんだけど
 社会部副部長→さいたま支局長→社会部部長
というコースですか?

お次は
 「大淀病院産婦死亡事例」報道を大阪本社側で指揮指導したと思われる砂間裕之デスク
だ。
砂間裕之デスクは、以下のようなステキな言動を繰り返している。
 2007-04-21「マスコミたらい回し」とは? (その43) 毎日新聞の「紙面批評」で「大淀病院産婦死亡事例」報道の言い訳 責任は取らないつもりだし、呼んでるメンバーは3/4が65歳以上の「年金受給世代」
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/43_3465_f626.html
 「マスコミたらい回し」とは? (その44) 毎日新聞の「紙面批評」を読んだ医師の感想
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/44_ac1a.html
 2007-04-30「マスコミたらい回し」とは?(その47) 「看護記録」だけで医療記事が書けると判断したのは毎日新聞奈良支局か? 信じられない初期取材のミステーク 大淀病院産科休止の煽りで、周産期医療を担ってきた新宮市立医療センターは産科休止 紀伊半島南部の産科はほぼ壊滅しかかる
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/47_c32d.html
こちらは、大阪本社の
 ▽人事・総務部長(社会部副部長兼科学環境部副部長)砂間裕之
だ。

|

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その16)奈良県人事異動発表 総務省出向キャリア杉田憲英1300年事業推進局次長は商工労働部長へ「ご栄転」 | トップページ | 小児科医療崩壊 身勝手な母親からの電話「夜間当番病院の待ち時間が長いので今から小児科をあけて診てくれ」当の患者は診察室を兄弟と駆け回る元気さ→小児科のぬいぐるみや絵本を盗む親も »

コメント

一将功成万骨枯

 砂間デスクは出世栄転して栄耀栄華を味わうわけで、うらやましい限りです。

投稿: rijin | 2008-03-28 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40662852

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その116)医療破壊報道の毎日新聞人事異動『医療事故が止まらない』著者で「ネット君臨」の責任者花谷寿人記者と「大淀病院産婦死亡事例」報道の砂間裕之・大阪本社社会部兼科学環境部デスクがご栄転:

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その16)奈良県人事異動発表 総務省出向キャリア杉田憲英1300年事業推進局次長は商工労働部長へ「ご栄転」 | トップページ | 小児科医療崩壊 身勝手な母親からの電話「夜間当番病院の待ち時間が長いので今から小児科をあけて診てくれ」当の患者は診察室を兄弟と駆け回る元気さ→小児科のぬいぐるみや絵本を盗む親も »