« 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その2)携帯で顔写真を撮りメールすれば、翌日は宅配便で偽造書類お届けサービス | トップページ | 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その3)極めて精巧な偽造技術 紫外線を当てると文字が浮かび上がる加工も偽造 »

2008-03-27

ラサ燃える(その13)四川省甘孜チベット族自治州でデモ隊に発砲、僧侶一人が死亡、翌日の抗議デモにも発砲

24日、四川省甘孜チベット族自治州で、デモ隊に軍警が発砲、僧侶1人と蔵族の市民1人が死亡した。
朝日より。


中国・四川省で衝突、2人死亡か チベット問題
2008年03月25日22時42分

 インドに拠点を置く非政府組織(NGO)チベット人権民主化センターによると、中国四川省カンゼ・チベット族自治州炉霍県で24日、僧侶らのデモ隊と武装警察部隊が衝突し、警察部隊の発砲で少なくとも僧侶1人が死亡、1人が重傷を負った。新華社通信も25日、同州で24日に大規模な暴動が起き、警官1人が死亡、数人が負傷したと伝えた。

 同センターによると、僧侶らが「平和的な抗議活動」を始め、一般住民も加わり約200人が「チベットの独立を」などと叫びながら政府庁舎に向かって行進した。武装警察は鎮圧のため「無差別に実弾を発砲した」としている。これに対し新華社通信は、武装警察の庁舎が暴徒に襲撃されたため、「暴徒を退散させるためやむなく威嚇発砲をした」と報じている。NGO側が伝えた僧侶の死については触れていない。

 25日の同通信はまた、同省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県で16日に起きた騒乱で、24日までに381人が警察に出頭したと報じている。

この甘孜チベット族自治州の僧侶に、"Radio Free Asia"がインタビューを試みている。普通話版より。簡体字を一部当用漢字に改めた。


甘孜蔵僧対本台説:“殺了一个喇嘛” “我們要自由”
2008.03.26

四川甘孜蔵族自治州炉霍県連続数天発生喇嘛和民衆的游行請願,其間軍警開槍,当地寺院一名喇嘛告訴本台,最少一人喪生,三十多喇嘛被捕。以下是自由亜洲電台特約記者丁小的採訪報道。


図片:四川康定県蔵族僧侶在誦読経書(3月23日法新社)

四川甘孜蔵族自治州炉霍県周一発生上千人的請願活動, 其中包括数百覚日寺、[口我]格尼庵的喇嘛和尼姑,他們高喊西蔵自由的口号已游行的形式進行抗議,遭到開槍鎮圧,一名覚日寺的喇嘛中槍身亡。一名該県喇嘛星期三告訴本台:“ 前天殺了一个喇嘛,這个喇嘛喊西蔵自由、要自由,我們游行的時候軍警[手當]路,[手當]路的時候過激了,他們就開槍了。”

而星期一晚上,当局深夜従覚日寺抓走了三十多喇嘛,那位喇嘛説説:“抓了大概三十个喇嘛,前天晚上他們去抓的。”

軍警射殺抓捕喇嘛行動引発進一步的抗議活動,星期二炉霍県寿霊寺両百多名喇嘛也走上街頭游行并高喊西蔵自由的口号,虽然途中遭到軍警的阻攬,双方并没有発生衝突。星期二的和平情願中暫時未有人被捕,但有軍隊在寺廟附近把守。也参与了游行的以上那名喇嘛説:“‘要自由!’我們喊着走,両百多人,没有[口少],他們也没有打人。昨天軍警一百多个吧。(今天還有抗議的麼?)今天応該没有了,不給我們出去,我們也不知道。現在情況也很緊張,部隊在寺院門口站着,不給我們出去,出去会不会被抓也不知道。”

本台星期三致電炉霍県政府,工作人員隊鎮圧情願抗議的詢問一律回応不知道。

据西蔵著名女作家唯色的博客消息称星期一発生在炉霍県的請願活動中除了一名喇嘛之外,還有一名名叫冲翁鄭珠的男性蔵民遭槍殺。

[口力]外,据境外蔵人人権機構消息息青海海南自治洲興海県合卡郷周二也有上百民衆挙行游行以及静坐哀悼各地被槍殺的蔵族同胞。

本台星期三致電合卡郷郷政府, 工作人員没有否議事件:“ 你既然在網上看到消息了,我也不説[口舎]了,是吧!”

雖然有官方的大批軍警駐扎在各地蔵区,但抗議活動依然此起彼伏, 当問到以上那位喇嘛原因時,他説:“我們没有自由,你知道麼?你在香港有自由,我們這辺没有自由。”

以上是自由亜洲電台特約記者丁小的採訪報道。

"Radio Free Asia"のインタビューによると
 最低で覚日寺の1人の僧侶が射殺され、24日夜には、当局が覚日寺から30人以上の僧侶を拘束、連行した
ということですな。この記事では、ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogの記事から
 冲翁鄭珠という名前の蔵族男性も射殺された
と報じている。
"Radio Free Asia"の記事は、翌日のデモについては
 衝突はなかった
としているが、チベット人権民主化センターは違う見方をしている。


25 March 2008 [Press Release]

Protest erupts after prayer for deceased in Drango County

Following a peaceful protest in Drango County (Ch: Luhuo xian), Kardze "TAP", Sichuan Province, on 24 March 2008 which resulted in the death of one Tibetan and another left in critical condition after People's Armed Police (PAP) fired indiscriminately into the protesting crowd, the monks of Drango Gaden Rabten Nampargyalpeling Monastery organized a special prayer session for the deceased in the morning of 25 March.

According to confirmed information received by the Tibetan Centre for Human Rights and Democracy (TCHRD), at around 8:00 AM (Beijing Standard Time) on 25 March, the dead body of the 18-year-old monk, Kunga, who was shot dead in the protest a day before was brought to Drango Gaden Rabten Nampargyalpeling Monastery in Drango County by monks for a mass special prayer session. After the prayer, around 10 AM (BST) more than 400 monks of the monastery decided to hold a solidarity peaceful protest against the Chinese rule and at the same time vowed to stand up and support each other in case if death or detention occur to any of the monks during protest. The monks in their complete monastic robes proceed with their plan by raising slogans "Dalai Lama should return to the rightful throne in the Potala Palace", "Release Panchen Lama", "Stop current repression in Tibet" and "Independence and Democracy for Tibet."

The protesters headed towards the county headquarters, but were blocked by PAP and Public Security Bureau (PSB) forces stationed on the bridge in between the county government headquarters and the monastery. The protesting monks managed to push forward with their march although forcibly obstructed by the Chinese security forces. The monks joined by some lay people proceeded with their protest march and shouted slogans, when the protesters reached the County Market square, the security forces started firing live ammunitions and blocked all alleys of county market. In short time, protesters lay down on the road to avoid bullet fire and shouted for the protesters to stand together. Though few agitated protesters hurled stones at the military trucks during the protest, however, senior monks present in the protest stopped them from doing so. The monks continued with their protest shouting slogans for a couple of hours before being ruthlessly crushed by additional forces of PAP and PSB. According to sources within Tibet, the protesting monks rushed back to their monastery. At the moment situation in the area is known to be very tense with every possibility of protesting monks and laypeople getting arrested.

The present condition of Tsewang Dhondup, 30-year-old monk who was injured after being shot by Chinese security forces is known to be critical. There has been no information about injury and casualty in yesterday's incident.

TCHRD strongly condemns the violent crackdown on the peaceful Tibetan protestors by the Chinese security forces. This incident is yet another proof to expose China's claims that they are dealing with the Tibetan protestors in a 'restrained manner'. TCHRD urges the Chinese authorities to immediately put an end to violent and brutal crackdown on the peaceful Tibetan protestors and respect the fundamental human rights of the Tibetan people enshrined in the Chinese constitution.

これを抄訳しているのが朝日の記事だ。


僧侶と警察が衝突 当局、デモ隊に発砲か チベット騒乱
2008年03月27日02時42分

 インドに拠点を置く非政府組織(NGO)チベット人権民主化センターによると、中国四川省カンゼ・チベット族自治州炉霍県で25日午前、僧侶ら約400人のデモ隊が武装警察部隊や公安当局と衝突した。24日に起きた衝突で僧侶らが死傷したのを受けて、僧侶たちは弾圧の中止を求めたという。当局側は発砲したとされるが、死傷者が出たかどうかは不明。

 同センターによると、僧侶らは25日朝、前日に警察部隊に撃たれて死亡した18歳の僧侶の遺体を炉霍県の寺院に運び追悼の集会をした。その後、僧侶らは政府に抗議するデモをすることを決め、政府庁舎に向かって行進した。しかし、武装警察部隊や公安当局に阻止され、衝突となったという。

|

« 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その2)携帯で顔写真を撮りメールすれば、翌日は宅配便で偽造書類お届けサービス | トップページ | 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その3)極めて精巧な偽造技術 紫外線を当てると文字が浮かび上がる加工も偽造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40649559

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その13)四川省甘孜チベット族自治州でデモ隊に発砲、僧侶一人が死亡、翌日の抗議デモにも発砲:

« 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その2)携帯で顔写真を撮りメールすれば、翌日は宅配便で偽造書類お届けサービス | トップページ | 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その3)極めて精巧な偽造技術 紫外線を当てると文字が浮かび上がる加工も偽造 »