« 「マスコミたらい回し」とは?(その117)大淀病院産婦死亡事例民事訴訟@3/24→裁判資料に明記された驚愕の主張「陣痛促進剤が原因で脳内出血が起きた」→追記あり | トップページ | ラサ燃える(その16)便衣兵ならぬ「ラマ僧コスプレ兵士orチベット人コスプレの警官」がラサで煽動か 以前にも同じ手 »

2008-03-31

ラサ燃える(その15)甘粛省甘南チベット自治州卓尼・夏河両県(Amdo地方東部)に武漢から二個師団、一万人を超す兵力を増派

湖北省武漢から二個師団を甘粛省甘南チベット自治州に投入するとは。
赤字が甘南チベット自治州の場所。チベットの地理区分ではAmdo地方東部に当たる。(画像はクリックすると拡大します)
Tbt2
矢印で示したように湖北省武漢から甘南チベット自治州まではかなり遠い。

Radio Free Asia普通話版より。記者のインタビュー部分など一部のみ、ざっと訳しておく。間違ってたらごめんなさい。


甘南騒乱持続 卓尼夏河増兵逾万(甘粛省甘南チベット自治州では騒乱が続く 卓尼・夏河県には一万を超える兵力を増派)
2008.03.30

中国西蔵和甘粛地区蔵人的抗議行動仍時有発生。甘南蔵族自治州卓尼、夏河両箇県已進駐了両箇師的兵力。中国総理温家宝在老撻訪問時,希望各国政府能[句多]客観公正看待在西蔵発生的事。以下是自由亜洲電台特約記者喬龍的報道。
3月14号発生在西蔵、甘粛、四川等地的蔵民騒乱被当局鎮圧之後,雖然当局採取大規模拘捕行動,但是各地伝出的騒乱,還是接連不断。尤其在甘南卓尼県和夏河県,僧侶的抗議争仍在持続,武漢軍区上周抽調両箇師、超過一万人的兵力,分別進駐卓尼、夏河両県,并在当地的寺廟附近集結。(とりわけ、甘南チベット自治州の卓尼県と夏河県では、僧侶の抗議はいまも続いており、武漢軍区では、先週二個師団を調達、一万人を超える兵力を卓尼・夏河両県に分けて進駐させ、この地の寺院付近に集結させている)

在卓尼県,一名卓姓男子星期日対本台証実,当地已経進駐了一箇師的兵力:(卓尼県の卓姓の男性は、日曜日、当ラジオ局に「卓尼県にはすでに一個師団の兵力が進駐している」と証言した)

記者:現在爾們那里武警多[口馬]?(記者「いまあなたのいらっしゃるところに武装警察は多いですか?」)

卓先生:武警多[口阿]。(卓氏「武装警察は多いですよ」)

記者:来了多少?(記者「どのくらい来ましたか?」)

卓先生:来了一箇師。由武漢調来的。(卓氏「一個師団が来ました。武漢から調達して来たんです」)

記者:従武漢過来的?(記者「武漢からやってきたのですか?」)

卓先生:[口阿],坐了三天車,挺遠的。(卓氏「ええ、三日間車に乗って、すごく遠いんだけど」)

記者:現在武警還在抓蔵民[口馬]?(記者「武装警察はまだ蔵族を連行してますか?」

卓先生:在抓,(表面)基本上平息了,但還在抓,還有没有抓住的,還要抓。(卓氏「連行してます。表向き、基本的には暴動は収まっていますが、まだ連行していますし、まだ連行できる人間がいようがいまいが、やはり連行しようとしています)

記者:零星的騒動還有[口馬]?(記者「ちょっとした騒動はまだ起きてますか?」)

卓先生:対対,有。(卓氏「ええ、ええ、起きてます」)

除卓尼県以外,居住在夏河県的蔵民,目前継続在与当局抗議争。据悉,有蔵民深夜出門,向店舗先溌汽油,再焚焼。而軍警則在白天,乗肇事者熟睡時,上門拘捕。而蔵民与軍警的衝突,也引発当地社会的動蕩,令游客人数大减。

在夏河県城,一名馬姓居民対本台表示:“現在這里乱地很,爾過一段時間再来,現在還不太平”。

記者:還需要多長時間平静?(記者「平静に戻るにはどのくらいの時間が掛かりますか?」)

馬先生:大概需要一箇月。(馬氏「たいだい一ヶ月くらいかな」)

記者:現在晚上還戒厳[口馬]?(記者「いまは夜はまだ厳戒態勢ですか?」)

馬先生:武警們晚上還站在街上。(馬氏「武装警察達が夜にまだ路上に立ってます」)

[口力]一名当地的女子也対本台表示:“現在不能(旅游)”。(他にこの地の女性が当ラジオ局に言った。「いまは(旅行は)できません」

記者:為何不能?(記者「なんでできないんですか?」)

当地女子:就是不能。(この地の女性「ともかくできません」)

記者:気雰很不好[口阿]?(記者「雰囲気が全然よくないんですか?」)

当地女子:是啊。(この地の女性「ええ」)

上箇星期六下午両点左右,拉薩小昭寺再次発生蔵人抗議活動。街上行人慌張乱跑;漢人聚居区的商店紛紛関門。

正在老撻訪問的中国国務院総理温家宝表示,西蔵出現的暴力犯罪事件,性質是違背中国的法律,傷害各民族的根本利益。他希望,各国政府客観公正看待及評論這件事。

他又説,与達頼的対話渠道是常開的。只要達頼放棄独立主張,停止在西蔵的暴力活動,承認西蔵及台湾是中国不可分割的一部分,可和他恢復対話。

温家宝重申,中国政府有能力解決自己的問題。現時西蔵的局勢穏定,社会秩序恢復正常。
据悉,北京当局目前向発生蔵人騒乱的省分下達通知,要求当地有関部門,密切留意発起蔵人騒乱的組織者的一切行動,希望従中獲得騒乱者与達頼喇嘛之間的関係。

以上是自由亜洲電台特約記者喬龍的報道。

インタビューの相手が漢語が不得意な蔵族なので、言いたいことは分かるんだけど、訳すのが難しい。

|

« 「マスコミたらい回し」とは?(その117)大淀病院産婦死亡事例民事訴訟@3/24→裁判資料に明記された驚愕の主張「陣痛促進剤が原因で脳内出血が起きた」→追記あり | トップページ | ラサ燃える(その16)便衣兵ならぬ「ラマ僧コスプレ兵士orチベット人コスプレの警官」がラサで煽動か 以前にも同じ手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40699897

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その15)甘粛省甘南チベット自治州卓尼・夏河両県(Amdo地方東部)に武漢から二個師団、一万人を超す兵力を増派:

« 「マスコミたらい回し」とは?(その117)大淀病院産婦死亡事例民事訴訟@3/24→裁判資料に明記された驚愕の主張「陣痛促進剤が原因で脳内出血が起きた」→追記あり | トップページ | ラサ燃える(その16)便衣兵ならぬ「ラマ僧コスプレ兵士orチベット人コスプレの警官」がラサで煽動か 以前にも同じ手 »