« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その7)アリモノに鹿の角を付けただけと作者籔内左斗司が明言 そんなデザインに奈良県は500万円も県民の税金を出すのか 平城遷都1300年記念事業を藪内左斗司宣伝のための踏み台にするつもりか | トップページ | 中国毒餃子事件(その28)「黄砂は中国だけのせいじゃない」と中国の専門家 どこかで見た同じロジック »

2008-03-05

東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)四日目@3/4

予報では雨が降るかも知れない、というのだったが、大過ない。
昨日より遙かに人が多い。

二月堂参道の入り口脇にいた鹿。(画像はクリックすると拡大します)
Sk6
この辺りにはだいたいいつも一頭はいる。

今日も門内へ。
北西と南西の二個所の角が見られる位置に就く。
2gt13
14日以外は、お松明は北西から南西の角に進むと、次のお松明が北西の角にやってくる。写真のように、二本同時に見える。北西のお松明はこれから燃えさかるところ。南西のお松明は、最後に一振りして、消える直前の姿。
今日は時々霧雨があったような感じで、お松明の燃え方は今ひとつ。

明日に備えて早めに帰ることに。
今日はお松明が上がってきた階段を下りる。途中、消防士さんが階段の天井に火が残ってないか、点検していた。
階段を下りたところには
 今日上がったお松明
が展示されている。
2gt9

2gt12
青竹には根付きのものも。根付きのものは、一部は
 12日の籠松明
に加工される。そのことについては、朝日新聞奈良版の以下の記事に。
【東大寺二月堂 水取りの記】晴れ舞台めざす竹到着 2008年02月18日

青竹に書いてあるのは、担当する童子の方のお名前だとか。
こんな巨大な青竹の先に、杉葉などを仕込んで作られたお松明を、回したり、振ったりしているのだ。

参籠宿所には、出番を待つ青竹が立てかけられている。
2gt11
青竹の表面には、墨で黒々と施主の名前と願文が書かれている。


今日は二月堂裏参道を真西に。大仏殿の裏を通って、焼門(中御門跡)に出るルート。
湯屋の横に立つ石標。
2gt10
この横を下りていく道。

夜の裏参道。
Kt1
思ったより明るい。

丸く撓めた注連縄は、輪注連という。練行衆や童子の方の門口に掲げられるとか。
Kt3
この坊の写真右側築地塀をもう少し行くと
Kt4
 結界の注連縄
が張られている。

|

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その7)アリモノに鹿の角を付けただけと作者籔内左斗司が明言 そんなデザインに奈良県は500万円も県民の税金を出すのか 平城遷都1300年記念事業を藪内左斗司宣伝のための踏み台にするつもりか | トップページ | 中国毒餃子事件(その28)「黄砂は中国だけのせいじゃない」と中国の専門家 どこかで見た同じロジック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40376863

この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)四日目@3/4:

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その7)アリモノに鹿の角を付けただけと作者籔内左斗司が明言 そんなデザインに奈良県は500万円も県民の税金を出すのか 平城遷都1300年記念事業を藪内左斗司宣伝のための踏み台にするつもりか | トップページ | 中国毒餃子事件(その28)「黄砂は中国だけのせいじゃない」と中国の専門家 どこかで見た同じロジック »