« 「寝ていてはめまいは治らない」体育会系のノリでめまいを治す@横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 日本で唯一のめまい集団リハビリを取り入れた教育入院治療 | トップページ | ラサ燃える(その5)来日する胡錦涛をチベット国旗(雪山獅子旗)で歓迎する大規模OFF@2ちゃんねる »

2008-03-19

「松田のマヨネーズタイプ」が再び「松田のマヨネーズ」へ

JAS規格が変だったせいで
 品質に気を配ってるのに、「蜂蜜使用」で「砂糖不使用」のため「マヨネーズ」として認められていなかった「松田のマヨネーズタイプ」
が、JAS規格の変更で、再び
 「松田のマヨネーズ」
に戻る、という話。
朝日より。


マヨネーズの定義変更へ ハチミツ入りも可に
2008年03月19日01時15分

 究極のマヨネーズに、とハチミツを砂糖代わりに使った結果、農水省から「規格外。マヨネーズと呼んではダメ」と名称変更を余儀なくされていた「ドレッシング」が、この夏から晴れて「マヨネーズ」と呼べることになる。

マヨネーズと呼べることになった「松田のマヨネーズタイプ」

 埼玉県神川町のマヨネーズ製造業松田優正さん(58)がつくる「松田のマヨネーズタイプ」。

 このほどあった農林物資規格調査会部会で、日本農林規格(JAS)のマヨネーズの原材料の定義にハチミツが追加されたためだ。改正理由は「消費者に良質な製品を提供する観点から」だった。8月の総会で正式決定する。

 名前を「○○タイプ」と変えざるを得なくなって5年。名前を変えても、搾り菜種油に平飼いの鶏の有精卵、純リンゴ酢といったこだわりの材料を使っていることが広まり、全国の自然食品の店を中心に「安全でうまい」と評判は上々。この間、3000人以上の消費者から反対署名も集まり、農水大臣に提出されていた。

 松田さんは「品質にこだわったホンモノなのにマヨネーズと呼ばせなかった法律なんておかしい。ようやく思いを果たせた」と胸をなで下ろした。

「松田のマヨネーズ」のファンは結構多いと思うな。
わたしはあんまりマヨネーズを使わないから、最近買わないけど。

マヨネーズは、自作すると簡単にできるけど、一度に大量に出来ちゃうのが小人数の家庭だとちょっと困る。

|

« 「寝ていてはめまいは治らない」体育会系のノリでめまいを治す@横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 日本で唯一のめまい集団リハビリを取り入れた教育入院治療 | トップページ | ラサ燃える(その5)来日する胡錦涛をチベット国旗(雪山獅子旗)で歓迎する大規模OFF@2ちゃんねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40555506

この記事へのトラックバック一覧です: 「松田のマヨネーズタイプ」が再び「松田のマヨネーズ」へ:

« 「寝ていてはめまいは治らない」体育会系のノリでめまいを治す@横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科 日本で唯一のめまい集団リハビリを取り入れた教育入院治療 | トップページ | ラサ燃える(その5)来日する胡錦涛をチベット国旗(雪山獅子旗)で歓迎する大規模OFF@2ちゃんねる »