« 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)五日目@3/5 過去帳と「青衣女人」 | トップページ | 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)六日目@3/6 女人禁制なのに外陣に女性観光客グループが侵入しようとする嘆かわしい事態 »

2008-03-06

産科医療崩壊 「子どもを守る」はずの橋下徹知事が、大阪の産科救急医療に暫定予算を付けず、崩壊の危機に→4月以降も継続だが充実されるかどうか謎

橋下徹知事は、碌なことをせん男やな。
せっかくうまく運用されている
 大阪府立母子保健総合医療センターの「緊急搬送コーディネーター」に予算が付かず、4月からは運用できない見込み
らしい。これで、
 妊婦搬送遅れで死亡
などの不幸な事態になったら、橋下知事は
 メディアを利用して、現場をヒステリックに責め立てる
だろうから、そうならないように、3月の段階でここに書いておく。
もし、
 予算が付かず、4月以降に「緊急搬送コーディネーター」が稼働しなかったせいで、大阪府内で「妊産婦の搬送遅れ」が発生したら、橋下徹知事の責任
だからな。マスコミも、現場を叩くんじゃないぞ。
 金がなければ、人は雇えない
 産科医はそもそも絶対的人数不足で、ボランティアなどムリ
だってことを無視して、現場を叩いたら、
 ただの電波
ですからね。

朝日新聞大阪本社版より。


医師コーディネーター導入で救急改善も、橋下改革の壁
2008年03月06日

 救急患者の受け入れ先が見つからずに手遅れになる事態を防ぐため、病院探しの「搬送コーディネーター」を各都道府県に置く国の事業が、4月にスタートする。妊婦の搬送遅れが問題となった大阪府と奈良県では、同様の取り組みが周産期医療の分野で先行的に始まっているが、誰がどう担うかで、実効性の明暗が分かれている。

  
 大阪府は昨年11月、府立母子保健総合医療センター(和泉市)に委託し、「緊急搬送コーディネーター」を稼働させた。8病院のベテラン医師計15人が交代で調整役を担う。

 夜間や休日、病院や診療所で妊婦の容体が急変した場合、まず府内の43施設で作る「産婦人科診療相互援助システム(OGCS)」を使い、搬送先を探す。それでも見つからなければ、コーディネーターが母体や胎児の状態から適切な施設に個別に打診する。当直料は1晩7万円だ。

 これまでは、同センターの当直医が勤務の合間に電話で搬送先を探していた。1年間の実績は約100件。平均3.3病院に照会し、決定まで50分かかっていた。

 コーディネーター設置後は、ほぼ1回の打診で決まる。重症度判定が適切なことに加え、派遣元の病院が一義的に患者を受け入れるようになったためという。

 府は今後3年間にセンターの医師を増員して、調整役に充てる予定だったが、橋下徹知事の「新規事業抑制」方針に従い、08年度の暫定予算には計上されていない。同センターの末原則幸副院長は「医師がボランティアでするには荷が重い。4月以降はできない」と明かす。

 奈良県は昨年12月、県立医科大病院(橿原市)に「ハイリスク妊婦搬送コーディネーター」を置いた。10人を予定していたが、公募に応じたのは助産師3人、看護師1人の計4人で医師はゼロだった。

 配置は土日祝日に限られ、2カ月半の稼働日は24日間。搬送先を決めたのは1件しかない。ハイリスク妊婦は大阪に頼むことも多いが、大阪では症状を正確につかむため、医師同士のやりとりが原則になっているからだ。

 県は新年度も1800万円の予算を組んだが、同大学の小林浩教授は「コーディネーターは医師がやらないと機能しない。ただ、県内の産科常勤医は72人。この中から出すのは困難」と嘆く。

 新年度に周産期緊急搬送コーディネーター事業を始める滋賀県も、専任ではなく、大津赤十字病院の助産師らに業務委託し、手当を付ける方針だ。

 厚生労働省は、救急一般を扱う搬送コーディネーターについて、地域の救急医療に詳しい医師が基幹病院に当直して担うのが望ましいとの考えだが、一方で、「医師が少ない地域もあり、地域特性を考慮した運用を求めたい」(医政局指導課)としている。

上記記事から分かるのは
 緊急搬送に必須の適切な重症度判定ができる産科コーディネーターは「産科医がやらないと機能しない」
ということだ。かつ
 責任病院が引き取る体制になっている
から、こんなにうまくいってるのに
 金を出さない橋下徹知事は不作為による医療崩壊推進者
だ。さっさと予算を付けていただきたい。
 たった半年で打ち切りにするつもり
か。ま〜、ハブを作って、そこから指令を出すというのは、情報伝達の一元化ってことではいいんじゃないのかな。ssd先生は批判してらっしゃるけど、ともかく、回らないんだから。確かに「形を変えた輪番制」だけどね。
たぶん、こんな感じ。
救急隊 「〜といった症状の妊婦さんなんですが」
担当コーディネーター「わかりました。搬送先を打診します」
担当コーディネータの本務病院に電話。
担当コーディネーター「〜の妊婦さん。お願い」
本務病院「先生、わかりました」
担当コーディネーター、救急隊に連絡。
担当コーディネーター「〜病院が受け入れますので、搬送お願いします」
本務病院が満床になったら、他の病院にお願いするというフローチャートになってるんだろうな。
担当コーディネーター「こちら〜病院の○○です。〜という症状の妊婦さんですが、受け入れお願いできますか。〜病院は本日満床になって無理なんで」
さて、上記記事では、こうした例が今のところ起きてないようだけど、他の病院は受け入れられるんでしょうか。

で、奈良の話だけど、
 奈良県内の産科医は72人しかいない
のである。
 産科医にコーディネーターをやらせるにしても、人がいない
のだ。よそから
 新たに産科医を招聘する
というプランがない限り、ムリですな。で、このままでは
 看護師・助産師で4人しかいない、コーディネーターに充てる1800万円の県民税をドブに捨てることになる
んじゃないの、奈良県。相変わらず
 目先のことしか考えず、大局的な政治的判断が出来ない県
ですね。1800万円あったら、もっと有効利用する方向に行かないのが凄い。だって
 重症例の判断では、看護師や助産師の出番はない
わけでしょう? だったら
 コーディネーターとして、県外から常勤医師を招聘する予算を計上
すべきだろう。大阪はベテラン医師15人が交代で調整役をしているそうだから、奈良県なら、
 複数名をコーディネーターとして招聘
するしかないですな。あんまりご高齢の先生では困るし。
 土日祝だけの調整
なら、何人配置すれば回りますかね。

産科崩壊の聖地となりつつある滋賀県は
 県がやる気ないのがありあり
ですな。こりゃ、機能するのかどうかも謎だ。だって、大阪の実績で
 医師同士がやりとりするから、コーディネーターは機能する
って結果が出てるじゃん。
 助産師だけしかいない
なら、回らないでしょう。

続き。(3/7 10:55)
允さんから以下の記事をご教示いただいた。どうもありがとうございました
朝日より。


緊急搬送コーディネーター4月以降も継続へ 大阪府
2008年03月06日

 大阪府の橋下徹知事は6日、夜間や休日に容体が急変した妊婦の受け入れ病院を探す府の「緊急搬送コーディネーター」制度について、4月以降も稼働させる考えを示した。08年度当初予算が4カ月間の暫定予算になり、事業費が計上されなかったため、制度の存続が危ぶまれていた。当面は府立母子保健総合医療センター(和泉市)が費用を負担するという。

 同制度は府内8病院のベテラン医師15人が交代で同センターに詰め、病院や診療所で妊婦の容体が急変した場合、母体や胎児の状態から適切な受け入れ病院を探す仕組み。受け入れまでの時間短縮につながるなど、効果が上がっていた。

ほお、一応
 予算はその内付けるから、府立母子保健総合医療センターが費用負担しておけ
ってことか。もっとも、この記事では
 「府は今後3年間にセンターの医師を増員して、調整役に充てる予定」という制度を充実する方針を橋下徹知事がどうするつもりか
まったく分からない。単にいまの体制のまま継続なら押し寄せるお産難民に対応できるかどうか疑問だ。橋下徹知事には
 当初の予定通り、府立母子健康総合医療センターに医師増員の予算をつける
ことを早期に表明していただきませんとね。この事業については
 要追跡
ですね。朝日も乗りかかった船なんだから、続報よろしくね。

橋下徹知事については、文化は金にならないから切り捨てる政策で、すでに府立博物館の特別展の件で、全国の博物館などに迷惑を掛けている。
 大阪府は文化には金を出さない
という姿勢が明らかになったわけで、今後、人材の流出があるだろうな。大阪府が発掘を担当した現場って、結構面白かったんだけど、これからはそうした事業が縮小されて、活気が失われるのではないかと危惧する。橋下徹知事にとっては
 大阪がかつて、世界の文化が日本に入る玄関だったという過去はどうでもいい話
なんだろう。博物館の件に関しては、暴力的とも言えるやり方で、日本中の学芸員や博物館を敵に回した。

その他で、人材流出がありそうなのは、大阪府立大学とかでしょうかね。給与の見直しとか、大学規模縮小とか、橋下徹知事にやられたら、目も当てられないひどいことをやりそうな悪寒。北野高校卒で府立大の先生がいるかどうか知らないけど、橋下徹知事には、そういう地位にある同窓生を嫌ってそうな印象がある。今の段階では、大学をいじれるようなビジョンがあるとも、ブレインがいるとも思えないんだよな。

|

« 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)五日目@3/5 過去帳と「青衣女人」 | トップページ | 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)六日目@3/6 女人禁制なのに外陣に女性観光客グループが侵入しようとする嘆かわしい事態 »

コメント

いや、大阪の方は、ただの輪番でも、ないよりあった方がいいシステムであったでしょう。
むしろ批判すべきは、それをやめてしまうことで。
奈良は圏外です。

投稿: ssd | 2008-03-06 17:07

あーあ、ファクスを送ったんだけど、届いてたのやら?
天野市議(奈良市)のblogによると、府議員を通して私(府知事)に伝えて、と話していたそうです。
http://blog.mahoroba.ne.jp/s-amano/?date=20080302

てか、奈良県民も県議員を捕まえてどしどし要望しなきゃ。

投稿: miskij | 2008-03-07 00:54

継続するみたいですよ。アンチ橋下なのは十分わかったから落ち着きましょう
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200803060152.html

投稿: 允 | 2008-03-07 10:34

今の大阪府にあれもこれもは無理でしょう。
たしかにご指摘の件はどうかと思いますが、その他の施策については賛同しますよ、知事に。
全ての人を満足させようとすると、無駄なことにもお金を使わないといけなくなります。悪い点もありますが、良い点も考えて、バランスをとった評価をするのが妥当だと思います。

投稿: かか | 2008-03-08 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40395518

この記事へのトラックバック一覧です: 産科医療崩壊 「子どもを守る」はずの橋下徹知事が、大阪の産科救急医療に暫定予算を付けず、崩壊の危機に→4月以降も継続だが充実されるかどうか謎:

« 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)五日目@3/5 過去帳と「青衣女人」 | トップページ | 東大寺二月堂修二会(しゅにえ=お水取り)六日目@3/6 女人禁制なのに外陣に女性観光客グループが侵入しようとする嘆かわしい事態 »