« ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 | トップページ | 花に浮かれて(その2)元興寺小塔院跡 »

2008-04-07

花に浮かれて(その1)鎮宅霊符神社

明日は雨だというので、散る前に花を惜しむ。

鎮宅霊符神社へ向かう坂。
Crj1
午後五時過ぎ。

鎮宅霊符神社前の住所表示。
Crj2
名前の通り、陰陽師が住んでいたらしい。ただし奈良から遷都した後の話。

鎮宅霊符神社境内。
Crj3
こぢんまりしたお社で、いまは御霊神社が管理している。

|

« ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 | トップページ | 花に浮かれて(その2)元興寺小塔院跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40797108

この記事へのトラックバック一覧です: 花に浮かれて(その1)鎮宅霊符神社:

« ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 | トップページ | 花に浮かれて(その2)元興寺小塔院跡 »