« ラサ燃える(その19)チベット人がムスリム(回族)を攻撃したというのはデマとRadio Free Asiaが伝える | トップページ | ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 »

2008-04-05

ラサ燃える(その20)四川省甘孜チベット自治州でチベット人僧侶と村人のデモに武装警察が機関銃で発砲@4/3 Radio Free Asiaは「おおよそ15人が死亡、数人が負傷、犠牲者8名は身元判明」と報道

チベットの地理区分ではKham地方に当たる
 四川省甘孜チベット自治州で4/3にチベット人によるデモが行われ、中国当局が発砲
した。
ここは産経から。


四川省で再び騒乱 威嚇発砲 地元当局者重傷 抗議行動を封じ込め切れず
2008.4.5 00:52

 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信(英文)は4日夜、四川省甘孜チベット族自治州の甘孜県東谷で3日夜、騒乱が発生し、暴徒の襲撃で地元政府職員1人が重傷を負ったと伝えた。詳細は明らかにされていないが、騒乱鎮圧のため警官隊が威嚇発砲した。中国政府は軍も動員し制圧に躍起だが、依然としてチベット族の抗議行動を封じ込め切れないこと分かったた。騒乱が今後も断続的に続くのは必至とみられる。
 インドに拠点を置く非政府組織「チベット人権民主化センター」は、甘孜県で当局が発砲し僧侶2人が重傷としており、同一事件のもようだ。新華社電は、デモ参加者側の死傷者の有無には触れていない。デモ参加者は政府庁舎を襲撃、地元当局者は「暴徒は説得に応ぜず非常に危険だった。警察は威嚇発砲せざるを得なかった」と語っている。
 四川省では3月14日のラサ暴動後、断続的に騒乱が相次いでおり、当局の無差別発砲で相当数の市民が死亡したと、チベット支援団体は伝えている。これに対しアバ・チベット族チャン族自治州の肖友才・副州長は3日の記者会見で発砲は認めたが、「死者は発見されていない」と支援団体の情報を否定している。

「最大で15人死亡、数人が負傷」と伝える"Radio Free Asia"普通話版の報道。


甘孜藏族僧侶抗議示威 軍警向示威人群開槍(四川省甘孜チベット自治州でチベット族の僧侶が抗議デモ 武装警察がデモ隊に向かって発砲)
2008.04.04

四川甘孜藏族自治州星期四發生藏族僧侶的抗議示威,軍警向示威人群開槍,有報道説可能有大約15人被打死,數人受傷。下面是自由亞洲電台申[金華]的採訪報道。


四川甘孜縣的政府工作人員星期三到東谷區的東谷寺進行愛國主義思想教育,要求僧人拆除寺院内的達頼喇嘛像,遭到僧人拒絶,於是雙方發生衝突,兩名僧人被捕。星期四很多僧人和村民在東谷區政府所在地舉行了游行示威,要求政府釋放被抓的藏人
(四川省甘孜県の政府関係者は、水曜日(4/2)に東谷区の東谷寺で愛国主義教育を進め、僧侶たちに、寺院内にあるダライラマの肖像を取り除くように要求して、僧侶たちの拒絶にあった。ここで双方の衝突が起こり、二人の僧侶が逮捕された。木曜日(4/3)には多くの僧侶と村人達が東谷区役所のあるところまでデモ行進をして、連行されたチベット人を釈放するように、区役所に要求した。)

甘孜縣的王先生向本台證實了這件事:(甘孜県の王氏が当ラジオ局にこの事件について証言)

王先生“肯定是受達頼的影響。”(王氏「たしかにダライラマの影響を受けていました」
記者:“他們是到街上去游行了[口馬]?”(記者「彼らは路上をデモ行進したのですか?」)
王先生:“不是游行,完全就是打[石匝]搶,我覺得不是抗議,我覺得完全是強盜行徑。”(王氏「デモ行進ではありません。完全に破壊行為です。わたしにはこれは抗議デモではないと思えます。まったくもって強盗のやり口だと思いました」)
記者:“爾親眼看到了[口馬]?”(記者「あなたはご自分で見届けたのですか?」)
王先生:“我的朋友都住在裡面,他們都看見了。”(王氏「私の友人がそこに住んでいて、すっかり見届けたのです」)
記者:“大概有多少喇嘛?”(記者「だいたいラマ僧は何人いましたか?」)
王先生:“大概有幾十個[口巴]。”(王氏「だいたい数十人でしたね」)
記者:“現在政府有甚麼公告[口馬]?”(記者「いま役所はなにか通知を出してますか?」)
王先生:“電視都播了,説有個別不安定的人到處打[石匝]搶。”(王氏「テレビで放送しました。個別の不安定な連中があちこちで破壊活動を行っている、と」)

但是,據本台藏語部報道説,參加抗議示威的有大約數百人,星期四晩上,軍警向示威群衆開槍鎮壓。(だが、本ラジオ局のチベット語報道によると、デモ隊に参加したのはおおよそ数百人で、木曜日の晩に、武装警察がデモ隊に向かって発砲して鎮圧した、という)現在人在印度的藏人旺登的老家在甘孜東谷區,他給家裡人打電話後得知了事情的詳情。他告訴本台藏語部説:

“一位僧侶和一位74歳的格西次成丹増被抓走後,僧侶們表示不滿並舉行了抗議示威。”(「1人の僧侶と1人の74歳になる「格西次成丹増」が連行された後、僧侶たちが不満を表して、デモ行進を行った」)

旺登説,東谷寺74歳的老僧人次成丹増和[口力]一位僧人次成平措被抓走後,其他僧人很不滿。於是第二天,也就是星期四,數百名僧人和村民在東谷區政府所在地舉行抗議示威,晩上8點左右,軍警開始用機關槍向示威群衆開槍。
(旺登の話では、東谷寺の74歳になる老僧次成丹増と別な僧侶次成平措が連行された後、他の僧侶達は大変不満に思い、次の日、すなわち木曜日に、数百人の僧侶と村人が東谷区役所の所在地でデモ行進を行ったが、夜八時頃に武装警察が機関銃を使ってデモ隊に向けて発砲し始めた。)

據目撃者告訴本台藏語部,可能有大約15人被打死。現在已經證實8名死者的姓名。(目撃者が本ラジオ局のチベット語放送部に告げたところに拠ると、おおよそ15人が殺され、現在8人の犠牲者の氏名が判明している、という)

我打電話到甘孜州公安局想瞭解更多的情況,値班人員表示不知情:

記者:“從新華社得知爾們州最近有些喇嘛在鬧事兒,是[口馬]?”
工作人員:“我們沒有聽説過。”

中國官方的新華社星期五對這一事件也作出報道。報道援引甘孜縣東谷區政府的一名官員的話説,星期四晩上8點一群鬧事者襲撃區政府所在地。當地政府在騷亂中實行克制並反復告誡鬧事者守法,但是鬧事者不聽勸告,警方被迫開槍警告以平息騷亂,而且當地一名官員在騷亂襲撃中嚴重受傷。有報道説,目前東谷寺和周圍的地區處於軍警的嚴密控制之下。

自由亞洲電台申[金華]採訪報道。

ダライラマの肖像に侮辱を加えるように「愛国教育指導」をしたってことだから、ほとんど
 踏み絵
と一緒だな。そりゃ、僧侶も在俗のチベット人も抗議デモを起こすだろう。てか
 デモ煽動のための踏み絵
だとすると、いよいよタチが悪い。で
 丸腰の僧侶とチベット人に機関銃で発砲
ですか。やることがエグいな。

|

« ラサ燃える(その19)チベット人がムスリム(回族)を攻撃したというのはデマとRadio Free Asiaが伝える | トップページ | ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 »

コメント

中国分裂
こんにちは。中国の壊れ具合いよいよひどくなってきましたね。一人当たりのGDPが日本の1/10に達するまでに、今の経済成長率を維持したとしてあと 20年かかる発展途上国、中国。本来他国を侵略したり、オリンピックを開催することなどできないはすです。他国を侵略して、他国民を自国民にするわけですから、侵略する側は余程余裕がなければ、植民地はただの足かせになってしまいます。まさに、今の中国がその状況です。オリンピックも衣食足りて礼節を知る国民が大多数を占める国で開催するのが筋です。今の中国はそうではありません。国民の大多数が食うや食わずの貧乏暮らしをしています。私は、現代中国このままでは、すまないと思っています。中国は今後早ければ10年以内、遅くても20年後には分裂すると思っています。私のブログでは、中国分裂の筋書きを何回かにわたって掲載しています。是非ご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008-04-05 14:23

いや、壊れたというのは、最初に形があった場合に使う表現でしょう。
一度も近代国家を経験しないで、大国になった悲劇。

投稿: ssd666 | 2008-04-10 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40772416

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その20)四川省甘孜チベット自治州でチベット人僧侶と村人のデモに武装警察が機関銃で発砲@4/3 Radio Free Asiaは「おおよそ15人が死亡、数人が負傷、犠牲者8名は身元判明」と報道:

« ラサ燃える(その19)チベット人がムスリム(回族)を攻撃したというのはデマとRadio Free Asiaが伝える | トップページ | ラサ燃える(その21)チベット人作家ツェリンウォセ(中国名・茨仁唯色)のblogが伝える4/2-4/3四川省甘孜チベット自治州でのチベット人弾圧 子どもと僧侶・女性を含む8人を射殺 »