« ラサ燃える(その43)「フランスはナチだ」「ジャンヌダルクは売春婦だ」とフランス国旗に侮辱を加えたり、焼き捨たりする中国人 | トップページ | ラサ燃える(その44)東京華人網よりアクセスありがとうございます »

2008-04-21

杏雨書屋開館30周年記念展示会と講演会@4/19

よいものを見た。
武田製薬の中にある
 杏雨書屋開館30周年記念展示会
は昨日が最終日だった。

杏雨書屋入り口。
Kus1
建物の前には、杏を始めとする薬用植物が植えられている。

杏雨書屋の礎を築いた武田家第六代武田長兵衛生誕100年記念で植えられた杏。
Kus2
隣は、今年杏雨書屋開館30周年を記念して植えられたばかりの杏。

杏の根元にある標識。
Kus3
それを拡大したもの。
Kus5

最終日はよく晴れていた。
16:00終了なので、15時頃到着。
さすがに、15:30を過ぎると、他の観覧者はいなくなり、貸し切り状態になった。
心ゆくまで、単眼鏡を通して、
 国宝・唐鈔本『説文解字』木部残巻
を拝見した。調査のために唐鈔本『説文解字』を見せてもらえるほどエラくないので、次はいつ実見できるか分からない。木部のこの部分は、以前に読んだ個所だから、中味はなんとなく頭に入っているが、改めて唐鈔本の実物を目にすると、そのすばらしさに圧倒される。きりっとした細い線が、美しい。そして、ガラス越しに見る料紙の質感がすごい。わたしは現物至上主義ではないのだが、さすがに、『説文解字』研究者であるならば、一度はこの唐鈔本『説文解字』は実物を見ておいた方がいいだろうな、と思う。わたしは『説文解字』は読むけれども、専門じゃないから、そこまではしないけれども、こうした千載一遇の機会に拝見するだけでも幸せである。
漢代研究者としては、その下に展示されていた二点の国宝
 南宋刊本『毛詩正義』
 北宋刊本『史記集解』(単刻本)
など貴重な典籍をじっくりこの目で眺められたのが楽しかった。仏教関係では
 『性霊集』(重文)
 『聖徳太子伝暦』(重文)
 『薬種抄』(重文)
 『香要抄』(重文)
 『穀類抄』(重文)
 『香字抄』(重文)
などが出ていて、多分次はないだろうな、と思いながら、短い時間だが楽しく拝見した。
また
 『宝要抄』
には、最初に梵字で
 ratna(=宝)
と書いてあるのが、結構ツボにはまった。

本草関係では、原色で描かれた動植物の図が美しいものが、幾つも展示されていて、それだけでも、目の保養になった。

武田製薬は太っ腹で、この展示の図録を、カラー印刷で作り、観覧者に無料で配布していた。このカラー印刷がよくできていて、タダで貰ってきたのが、申し訳ないほどのカタログなのである。

前日、4/19には記念講演会が開かれた。

開会の挨拶をする吉川忠夫先生。
Yskw
この4月から杏雨書屋館長になられた由。

|

« ラサ燃える(その43)「フランスはナチだ」「ジャンヌダルクは売春婦だ」とフランス国旗に侮辱を加えたり、焼き捨たりする中国人 | トップページ | ラサ燃える(その44)東京華人網よりアクセスありがとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40949395

この記事へのトラックバック一覧です: 杏雨書屋開館30周年記念展示会と講演会@4/19:

« ラサ燃える(その43)「フランスはナチだ」「ジャンヌダルクは売春婦だ」とフランス国旗に侮辱を加えたり、焼き捨たりする中国人 | トップページ | ラサ燃える(その44)東京華人網よりアクセスありがとうございます »