« 900万アクセスありがとうございます | トップページ | ラサ燃える(その34)「在日中国人は35万人、1/10が行けば3万5000人、1/100でも3500人」長野へ聖火リレー応援に行く留学生たち→朝日の4/3付社説「チベット―福田首相はもっと語れ」の要約を日本語の授業で宿題にされて困る留学生 »

2008-04-11

ラサ燃える(その33)「聖火防衛隊」は「学生ボランティア」と中国外交部 一方警察庁は「実力行使認めず」

中国外交部は凄いな。
聖火リレーに付き添って
 見事な「歓迎」排除
をするあの青い人たちは
 学生ボランティア
なんだそうだ。
産経より。


聖火警護の「青装束」は学生ボランティア 中国外務省
2008.4.10 20:17

 中国外務省の姜瑜報道官は10日の定例会見で、北京五輪の聖火リレー国際ルートで聖火の警護にあたっている中国人警備要員について、チベット騒乱の鎮圧にも出動した治安部隊「武装警察」から選抜されたエリート戦闘員などとする一連の報道を否定した。
 姜報道官は警備要員の素性を「刑事警察学院の学生ボランティア」「法的機関の要員ではない」と説明。その任務は、聖火の尊厳と純潔を保ち、トーチと聖火の火種を守ることだと主張した。また、警備要員の派遣は、国際オリンピック委員会(IOC)の要請に基づくもので慣例化しているとしている。
 青いウエアに身を包んだ10数人の警備要員は、ロンドン、パリで妨害行為を力ずくで阻止したが、その高圧的な態度などに対し走者の間からも批判の声があがっている。(北京 川越一)

昨日の中国外交部の姜瑜報道官の定例記者会見から。中国語はざっと訳しただけなので、間違ってたらごめんなさい。


  問:在倫敦和巴黎的聖火傳遞過程中,中國的火炬護[足包]手干擾當地警察的執法。中方多次強調一個國家的主權應該得到尊重。爾對護[足包]手的舉動有何評論?接下的火炬傳遞中,他們應如何履行職責?是否告訴他們應如何尊重主權國家的警察?
(質問 ロンドンやパリの聖火リレーの途中、中国人のトーチを守って走る係が現地の警察の執法を妨害しました。中国は、なんども一国の国家の主権は尊重されねばならないと強調しています。あなたは、聖火を守って走る係の振るまいはどう論評されるのですか? 今後の聖火リレーでは、彼らはどのように職責を果たすべきなのですか? )

  答:安排這些火炬護[足包]手是根據國際奧委會有關要求和奧運慣例。他們是北京奧組委從警察學院的學員中選拔的志願者。北京奧組委已明確他們的職責是維護奧運聖火的純潔、尊嚴,確保奧運火炬和火種不受侵擾和[玉占]汚,但他們不是執法人員。
(こうしたトーチを守って走る係の手配は、国際オリンピック委員会の要求とIOCの慣例に関わっています。彼らは、北京五輪組織委員会が警察学院の学生から選抜したボランティアです。北京五輪組織委員会は彼らの職責は五輪の聖火の純潔・尊厳を守り、五輪の聖火トーチと火種が荒らされ、汚されないように確保することが職責だとすでに明らかにしていますが、彼らは執法のための要員ではありません。)

  在火炬傳遞期間,我們看到一些組織和勢力鬧事,這些人想利用奧運火炬傳遞來為他們的反華破壞活動造勢,這是不可能得逞的。藏獨分子在世人面前已充分暴露了他們[手高]分裂、暴力和破壞活動的本質和面目。昨天,由205個國家和地區組成的國際奧協代表大會在北京召開,代表們一致明確表示支持並參加北京奧運會。我想這才是代表奧運會主體的聲音。
(聖火リレーの期間、われわれはいくつかの組織や勢力が騒ぎを起こすのを見てきました。これらの人物は五輪聖火リレーを自分たちの反中国破壊活動の勢力拡大に利用しようと考えていますが、これはうまくいくはずがありません。チベット独立派は、世の人たちの前で、すでに十分自分たちが分裂をはかっていて、暴力を生んでおり、破壊活動を行っているという本質と様相をさらけ出しました。昨日、205の国と地域からなるIOCの代表大会が北京で開かれ、各代表は北京五輪を支持し、参加するとはっきりと表明しました。わたしはこれこそが五輪の主体を代表する声だと思います。)

いや〜、さすが人材の宝庫中国。
こんな批判を浴びている当事者が「学生ボランティア」ねえ。
「聖火リレーの混乱は中国側組織委の責任」、仏内相 2008年04月10日 00:09 発信地:パリ/フランス

オーストラリアには
 来るんじゃねえぞ
と嫌がられている。4/8付"The Age"より。


Torch to be guarded by Australians only

April 8, 2008 - 6:43PM

The federal government has ruled out any Chinese involvement in security operations when the Olympic torch arrives in Australia - including the tracksuit-wearing Games officials seen protecting the flame in London and Paris.

The decision comes after pro-Tibet protesters disrupted the torch relay overseas, prompting Olympic chiefs to contemplate scrapping international torch relays altogether for future Games.

In London and Paris, the flame has been surrounded by a team of so-called Chinese "flame attendants" dressed in blue and white tracksuits.

But they will be noticeably absent during the only Australian leg of the relay, in Canberra on April 24.

Prime Minister Kevin Rudd on Monday said there would be no Chinese security forces or services guarding the torch in Australia, but there was uncertainty over whether the tracksuit-clad Beijing Olympic Organising Committee (BOCOG) flame attendants would be present.

On Tuesday, a spokesman for Attorney-General Robert McClelland said no Chinese officials would accompany the torch.

Asked if the flame attendants would guard the torch on its visit to Canberra, the spokesman told AAP: "They (the Chinese) will have absolutely nothing to do with providing security for the torch".

これについて、姜瑜報道官は、上記会見で質問を受けていて、次のように答えている。


問:爾剛才説到的那些護[足包]手,澳大利亞政府表示火炬的保護工作應該由當地警察承擔,拒絶由他們繼續保護火炬。爾對此有何評論?
(先ほど、「聖火防衛隊」についてご説明いただきましたが、オーストラリア政府はトーチを守る仕事は現地警察が担当すべきで、「聖火防衛隊」がトーチを守り続けるのを拒否しました。あなたはこれについてどうお考えですか?)

  答:關於奧運火炬傳遞,具體情況爾可以詢問火炬傳遞中心的新聞發言人。對於火炬在澳大利亞的傳遞,中澳雙方進行著密切的合作,我們希望並且相信澳大利亞警方能[多句]提供充分和有效的保護。因為奧運聖火不僅屬於中國人民,它屬於全世界人民。
(オーストラリアでの聖火リレーについての、具体的な状況は聖火リレーセンターのスポークスマンにお尋ねください。オーストラリアでの聖火リレーについては、中国とオーストラリア双方が密接な協力を進めているところで、わたしたちはオーストラリア警察が十分で有効な保護を提供できると希望し、信じています。五輪の聖火は中国人民のものであるだけでなく、それは全世界人民のものだからです。)

おや
 五輪の聖火は中国人民のものであるだけでなく、全世界人民のもの
って、どの口がいう、どの口が。

もちろん、「聖火防衛隊」の傍若無人には、警察庁も黙ってはいない。産経より。


長野聖火リレー「中国警備隊」の実力行使認めず 警察庁
2008.4.10 23:45

青いユニホームに身を包み、北京五輪の聖火リレー妨害を阻む「聖火防衛隊」=6日、ロンドン(AP)

 長野市で26日に予定されている北京五輪聖火リレーで、警察庁は10日、妨害行動に備えるため、国内の中国批判勢力や右翼の情報収集を強化する一方、他府県の機動隊投入も視野に入れ、警備計画を全面的に見直す方針を決めた。また、聖火ランナーに伴走する「セキュリティーランナー」を含め、北京五輪組織委員会が派遣する「警備隊」による実力行使は一切認めない方針で、今後、中国側に通告する。
 警察庁は、聖火リレーに対する平和的なアピール行動は届け出を前提に認める方針だが、違法な妨害に対する警備に万全を期す構えで、国内の批判勢力などの情報収集を強化するほか、デモ隊をあおって暴徒化させようとする海外勢力の情報収集も進め、他府県機動隊の投入も検討する。
 また、「国内の警備については、日本警察が責任と権限において行う」(幹部)とし、中国側が派遣する警備要員による妨害活動への実力行使は一切認めない方針だ。
 この問題で吉村博人・警察庁長官は10日の記者会見で、「平穏なリレーが実現できるよう、北京五輪実行委員会や長野市と連携をとり、適切な警備を実施していきたい」と述べた。

さて、警察庁はどこまで中国の「聖火防衛隊」を押し切れるか、見物ですな。
「共産党独裁国家からやってきた暴力的行為を行う集団」は「極左暴力集団」じゃないのか、公安のみなさん。

警察庁が怒ると、かなり厄介な展開になるんじゃないの。
外事がちょっとした「厳しいチェック」を始めると、こないだ捕まった偽造グループが作った「偽造外国人登録証」の持ち主もついでに発見されるかもね。聖火リレー当日は、さすがにそこまで暇じゃないとは思うけど。

その辺りの話はこちら。
 2007-06-17 偽造防止シールを中国で偽造 日本のホログラム印刷技術もダメになった?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/06/post_1eb0.html
 2008-03-26 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発→福田首相は「留学生30万人計画」で政府は「就学生と留学生の一本化」を検討
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/03/30_07dd.html
 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その2)携帯で顔写真を撮りメールすれば、翌日は宅配便で偽造書類お届けサービス
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/03/2_bec3.html
 2008-03-27 都内の中国人によるパスポート・外国人登録証偽造組織を摘発(その3)極めて精巧な偽造技術 紫外線を当てると文字が浮かび上がる加工も偽造
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/03/3_29ed.html

|

« 900万アクセスありがとうございます | トップページ | ラサ燃える(その34)「在日中国人は35万人、1/10が行けば3万5000人、1/100でも3500人」長野へ聖火リレー応援に行く留学生たち→朝日の4/3付社説「チベット―福田首相はもっと語れ」の要約を日本語の授業で宿題にされて困る留学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40844913

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その33)「聖火防衛隊」は「学生ボランティア」と中国外交部 一方警察庁は「実力行使認めず」:

« 900万アクセスありがとうございます | トップページ | ラサ燃える(その34)「在日中国人は35万人、1/10が行けば3万5000人、1/100でも3500人」長野へ聖火リレー応援に行く留学生たち→朝日の4/3付社説「チベット―福田首相はもっと語れ」の要約を日本語の授業で宿題にされて困る留学生 »