« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その17)「わたしが悪魔に見えますか? わたしの頭に角が生えてますか?」ダライ・ラマ14世語る | トップページ | ラサ燃える(その35)「聖火防衛隊を歓迎せず」と泉国家公安委員長 »

2008-04-11

ラサ燃える(その34)チベット亡命政府は「チベット人の死者は156人に上る」と伝える@西蔵之声 逮捕されて受けた拷問により精神に異常を来した僧侶も

ラジオ「西蔵之声」は、4/10付で
 チベット亡命政府が今回の事態で死者は156人にのぼるという裏付けが取れた
というアナウンスメントを放送した。

とりあえず、普通話版の記事だけ貼っておく。時間があったら、適宜訳す予定。


西藏流亡政府證實藏人死亡人數上升為156人

【[手那]威西藏之聲4月10日報導】中國政府在西藏各地展開的鎮壓示威藏人行動中,共造成156名藏人死亡,數千人受傷。(中国政府たチベットの各地で展開したチベット人のデモ鎮圧を行い、全部で156人のチベット人が死亡、千人近くが負傷した。)

據西藏流亡政府與民衆緊急協調小組指出,截至目前共有156名藏人在和平示威活動中喪生,數以千計的藏人遭到監禁或受傷;中共當局在西藏各地仍持續加大展開搜捕行動,本週一7日晩上中共公安拘捕了西藏拉薩小昭寺70多名僧人,小昭寺目前只剩下30多名僧人,被拘捕的僧人目前下落不明。
(チベット亡命政府と民衆緊急協調グループとの指摘では、これまでに全部で156人のチベット人が平和的なデモ活動の最中に死亡し、千人をもって数えるチベット人が監禁されたり、負傷した。中国共産党当局はチベット各地でなおも捜査逮捕活動を続け、拡大して展開しており、今週月曜日の七日の夜には、中国共産党の公安がチベットのラサにある小昭寺で70人以上の僧侶を拘束した。小昭寺では現在はたった30数名の僧侶しか残っておらず、拘束された僧侶は現在行方不明である。)

消息還指出,中共軍警仍持續在全藏區展開搜捕行動,本週一7日晩上甘南州瑪曲縣歐拉寺30名僧人及歐拉郷土美村10名藏人遭到逮捕,僅在歐拉村就有110多名藏人已遭逮捕。
(ニュースが更に指摘するのは、中国共産党の武装警察がなおも全チベットにおいて捜索逮捕活動を続けており、今週月曜日七日の夜には、甘粛省甘南チベット自治州瑪曲県では、欧拉寺の30人の僧侶と欧拉郷の土美村の10人のチベット人が逮捕され、欧拉村にはすでに逮捕された110数名のチベット人ばかりがいるだけになっている。)

[口力]據境内可靠消息指出,中共公安於昨天星期三在位於西藏安多海南州貴南縣的塔秀寺、嗄加寺和李合吉寺院中,共拘捕了40多名僧人,此外,貴南縣公安部門還要求當地魯倉寺有關領導立即向政府提供參與上月10日抗議示威活動的126名僧人的名單。
(ほかに、チベット内の信用できるニュースが指摘するのは、中国共産党の公安は昨日(4/9)水曜日に、チベットのアムド地方にあたる青海省海南チベット自治州貴南県の塔秀寺・嗄加寺・李合吉寺内で、全部で40数名の僧侶を拘束し、このほかに、貴南県の公安部は、この地域の魯倉寺の指導的立場にあるものに、県庁に対し先月10日の抗議デモ活動に関わった126人の僧侶の名簿を提供するように要求もしている。)

居住在中國大陸的一位藏人向本台透露,中共當局於昨天星期三拘捕了5名拉卜楞寺僧人,但隨後釋放了他們;目前,整個夏河縣城和拉卜楞寺都處於中共軍警的嚴密控制中,當局還禁止任何人出入拉卜楞寺。
(中国大陸に居住しているあるチベット人が本ラジオ局に明かしたところでは、中国共産党当局は、昨日(4/9)水曜日に甘粛省夏河県にある拉卜楞寺の5人の僧侶を拘束したが、あとで彼らを釈放した。今のところ、夏河県城と拉卜楞寺全体は、どこも中国共産党の武装警察が厳重に支配下に置いており、当局はいかなる人間も拉卜楞寺に出入りすることをも禁止している。)

設立在印度北部達蘭薩拉的西藏人權與民主促進中心消息,中共公安於本月1日在甘南州夏河縣拉卜楞寺院中拘捕了8名僧人,其中已獲知的7名僧人分別是現年30歳的格勒晉美、塔科、桑傑、根登加措,現年40歳的晉美、現年32歳的桑丹、以及現年34歳的雲丹。
(インド北部のダラムサラに設立されているチベット人権民主化センターのニュースでは、中国共産党の公安は、今月1日に甘南州夏河県の拉卜楞寺内で、8人の僧侶を拘束し、その中ですでに7人の僧侶は身元が判明している。今年30歳の格勒晉美・塔科・桑傑・根登加措、40歳の晋美、32歳の桑丹、および34歳の雲丹である。)

消息進一歩強調,雖然中共當局釋放了現年30歳的拉卜楞寺僧人塔科,但是他在監獄中因遭受中共軍警的殘酷毒打,導致精神已失常
(ニュースがさらに踏み込んで強調するのは、中国共産党当局は今年30歳になる拉卜楞寺の僧侶塔科を釈放したが、彼は監獄で中国共産党武装警察によって、残忍な殴打を繰り返し受けた結果、精神に異常を来してしまった、という。)

中共官方媒體新華社報道説,當局逮捕了與西北部反政府暴亂有關的兩千多人,其中包括519名僧侶,大部分人已經獲釋。

所謂的西藏自治區主席向巴平措表示,西藏首都拉薩至今共有953人因渉嫌參與騷亂事件被警方拘留。其中362人是主動自首的,目前已經釋放了328人,[口力]有403人被檢察機關批准逮捕。他還説,西藏當局共通緝了93名渉嫌參與所謂的"打[石匝]搶燒暴力活動"的藏人,目前已經有13人被抓獲,9人自首。向巴平措在回答記者提問時承認西藏當局對境内部分寺廟有控制,禁止僧人自由出入,但否認對僧人進行勞動教養。

西藏流亡政府與民衆緊急協調小組發布新聞聲明指出,西藏的實際情況是,藏人冒著生命危險,在中共軍警的槍口下繼續展開著各種和平抗議。但是,中國政府卻對外宣稱西藏的局勢已經平穩,奧運火炬傳遞經過珠穆朗瑪峰是西藏人民熱[目分]已久的盛事,是西藏人民的驕傲。如果中國政府持續鎮壓西藏發生的和平抗議活動,無視被打死或受傷、慘遭關押藏人的感受,一意孤行將火炬傳遞經過西藏,西藏流亡政府認為這是對西藏人的侮蔑。因此,強烈要求國際奧委會慎重考慮,取消奧林匹克火炬傳遞經過西藏的計劃。

聲明還強調,像向巴平措那樣的西藏高官如果真的熱愛黨和國家,熱愛自己的民族。他應該將西藏的真實情況、西藏人民的真實意願向上級彙報。作為一個民族幹部,隱瞞事實、欺上瞞下是對歴史不負責任的做法。

基於目前西藏境内的嚴峻形勢,西藏流亡政府呼吁聯合國和國際組織立即向西藏派遣國際真相調査組織;讓國際媒體進入西藏;立即停止在西藏的屠殺,酷刑暴虐等非人道行為;立即釋放所有被捕藏人;給受傷的藏人提供必要的醫療救治條件;立即停止圍[目困],給被[目困]藏人提供必要的食物和飲水。

拉卜楞寺の30歳のお坊さんが受けた
 中共軍警的殘酷毒打
が、どんなにひどいものであったのか、想像しただけで身の毛がよだつ。

|

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その17)「わたしが悪魔に見えますか? わたしの頭に角が生えてますか?」ダライ・ラマ14世語る | トップページ | ラサ燃える(その35)「聖火防衛隊を歓迎せず」と泉国家公安委員長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40847385

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その34)チベット亡命政府は「チベット人の死者は156人に上る」と伝える@西蔵之声 逮捕されて受けた拷問により精神に異常を来した僧侶も:

« 平城遷都1300年記念事業の最低キャラ「鹿坊主(仮称)」の破壊的インパクト(その17)「わたしが悪魔に見えますか? わたしの頭に角が生えてますか?」ダライ・ラマ14世語る | トップページ | ラサ燃える(その35)「聖火防衛隊を歓迎せず」と泉国家公安委員長 »