« 京都花見宴会@4/12 ぎおん琢磨 | トップページ | 医療崩壊 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟第一回シンポジウム@4/12(その2) 当日の様子がアップされました »

2008-04-13

担々湯麺

怒りが強いと、辛いものを食べたくなる。
天安門事件のときは、一ヶ月で豆板醤の大きな瓶が一瓶空いた。この調子でいくと、今月も豆板醤など辛い調味料の消費が進みそうだ。

夕食は担々湯麺。
Dtm
玲舫さんのレシピを適宜アレンジ。今日は白葱と葉大蒜をトッピング。酢は鎭江香醋を使う。炸醤肉は、麻婆豆腐用に多めに作っておいたもの。花冷えなので、炸醤麺や担々麺(汁なし)ではちょっと寒い。麺は氷見饂飩を使った。実はこういう中華風の麺は、鹹水入りの中華麺より、乾麺の細饂飩で作った方が、本場の味に近くなる。
横にちらっと写っているのは
 お揚げとおじゃこの胡瓜揉み
だ。お揚げは魚用グリルにアルミ箔を敷いて両面を焙り、細切り。本当は、もっと細く切った方がよいのだが、胡瓜を刻んでいるときに、うっかりしてちょっと焦がしてしまった。おじゃこは、なぜか札幌から南部煎餅と一緒に送ってきたもの。奈良のその辺で売っているおじゃこより遙かにおいしい。兵庫県産のちりめんじゃこの上物、干し加減も大きさも大きさの揃い具合も色艶も申し分ない。さすが三越地下魚売り場だ。自分で買うちりめんじゃこは、これより3段くらい下のレベル。千鳥酢と醤油をちょっと水で薄めて絡めた。おじゃこからよいお出汁が出るので、お出汁で薄めると味がくどくなる。

|

« 京都花見宴会@4/12 ぎおん琢磨 | トップページ | 医療崩壊 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟第一回シンポジウム@4/12(その2) 当日の様子がアップされました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/40871934

この記事へのトラックバック一覧です: 担々湯麺:

« 京都花見宴会@4/12 ぎおん琢磨 | トップページ | 医療崩壊 医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟第一回シンポジウム@4/12(その2) 当日の様子がアップされました »