« 失った指が生える「妖精の粉」@アメリカ | トップページ | トマトラーメン »

2008-05-01

ラサ燃える(その59)ソウルで乱暴狼藉を働いた中国人留学生を特定、検挙へ

2008-04-28 ラサ燃える(その50)中国人によるチベット支持派襲撃@ソウル→追記あり
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/04/50_a570.html
の続き。
(その50)で取り上げた映像は
 韓国ソウルのプラザホテルに逃げ込んだチベット支持派を、多数の中国人留学生が追い詰め、集団で暴行を加える
ものなのだが、韓国国内でも繰り返し放映され、大問題になっている。
中央日報によると、
 プラザホテルで警官を殴った中国人留学生を特定
したそうだ。


検察・警察、違法デモ中国人ら検挙へ

法務部は29日、ソウルで行われた北京五輪の聖火リレーで投石など過激なデモを繰り広げた中国人や韓国の抗議団体などに対し、国籍を問わず、厳正に処分するという方針を明らかにした。

検察・警察はソウル松坡(ソンパ)警察署と南大門(ナムデムン)警察署に検挙班を設け、違法なデモに加担した中国人留学生への検挙に乗り出した。韓昇洙(ハン・スンス)国務総理はこの日、閣議で「外国人の集団暴力事件に対し、法と原則に基づき処理するのがよい」とし「今回のことで韓国人のプライドが大きく損なわれた面があるだけに、法的かつ外交的措置を取るべき」と述べた。

金慶漢(キム・ギョンハン)法務部長官は「中国人も韓国では韓国の法に従わなければならない。暴力行為にかかわった者は強制出国措置など法に基づいた処分を受けることになる」と明らかにした。金長官は「新政権発足後、国内の違法な集団行動に対してさらに厳しい措置を取っている状況で、外国人が行った違法行為を放っておくわけにはいかない」と強調した。

◇背後も捜査=検察は同午後、外交通商部(外交部)、国家情報院、ソウル地方警察庁の関係者が出席した中、対策会議を開き、デモ参加者の検挙策について協議した。検察と警察はこの会議で、暴力を行使した中国人留学生をまず検挙し、暴力行為処罰法違反の疑いなどで法的措置を取る方針を固めた。

検挙班は▽ソウルオリンピック公園で人権団体のメンバーと某紙の記者にカッターや石を投げつけた留学生▽同じ場所で市民チャン某さん(38)を集団で殴打したデモ隊▽ソウルプラザホテルに乱入し、チベット人権団体のメンバーや戦闘警察(機動隊員)を殴打したデモ隊--をひとまず検挙するという方針だ。

ソウル警察庁は、プラザホテルの防犯カメラを分析し、戦闘警察を殴った中国人が釜山(プサン)某大学の在学生であることを確認、検挙チームを釜山に急きょ派遣した。また、暴力を行使した中国人留学生6~7人の身元情報もしたとされる。検察と警察はまた、中国人留学生を動員した留学センターと中国人留学生会を対象に、違法デモを事前に謀議したり物品を準備したりするなど、背後で影響力を行使した疑いがあるかについても調べる計画だ。

警察によると、駐韓中国大使館は聖火リレーの1週間前に、歓迎団が約1000~1200人にのぼるものと見られると警察に知らせた。しかし、27日の聖火リレーに参加した中国人は、中国大使館の推算によると8000人に達した。魚淸秀(オ・チョンス)警察庁長は「中国大使館が秩序の維持を約束し、問題がないだろうと思っていたが、参加者が増え、偶発的状況が発生したようだ」とし、十分に備えられなかった点を認めた。

◇中国に再度遺憾表明へ=外交部はこの日、李明博(イ・ミョンバク)大統領の訪中日程を協議するために中国へ向かった李容濬(イ・ヨンジュン)外交部次官補を通じて、中国外務省に再度遺憾を表明するとみられる。外交部は28日に寧賦魁駐韓中国大使を外交部に呼び、遺憾の意を示している。

中央日報 Joins.com
2008.04.30 08:05:02

独立国家として、きちんと対応してるじゃん、韓国。

ところで、この件に関して、中国はこんな風に答えていた。
産経より。


「『傲慢な中華主義』のレッテルを張るな」 中国が韓国メディアに反論

2008.4.30 20:07

 【北京=野口東秀】韓国・ソウルでの聖火リレーで中国人留学生が暴力行為に及んだ問題で、中国の国際問題紙「環球時報」は4月30日付で、「韓国のメディアは一部の過激行為を理由に、『傲慢(ごうまん)な中華主義』として中国を突然攻撃し始めた」とする反論を掲載した。韓国メディアに冷静な対応を呼びかけているが、「狭隘(きようあい)な民族主義」とのレッテルを張られたことには我慢ならないようだ。
 同紙は、中国人留学生の行為は「韓国人に対するものでない」とし、「韓国メディアは小さな事件を両民族の対立にまで高めようとしている」と研究者のコメントなどを紹介している。
 中国外務省の姜瑜報道官は29日、記者会見で負傷者に「お見舞いの意」を表明したが、「一部の正義ある学生が聖火の尊厳を妨害から守ろうとし行動が過激化、感情が激高して衝突した」と説明高揚する民族主義感情を無理に抑えつけることはできないとの考えを示した。

ひゃひゃひゃひゃひゃ。
 朝鮮ごときが、中国様に意見するとは
という尊大な中華主義が見え見えですね。しかし、いいのか外交部。
 高揚する民族主義感情を無理に抑えつけることはできないとの考え
って、
 国内外での中国人による愛国運動=外国排斥運動を押さえきれなくなってもしょうがない
ってことじゃん。
 なんのための五輪
なんだか、わかったもんじゃないな。

|

« 失った指が生える「妖精の粉」@アメリカ | トップページ | トマトラーメン »

コメント

中国人の「高揚する民族主義感情」を「無理に抑えつけることはできない」けど、よその国の「高揚する民族主義感情」は「狭隘(きようあい)な民族主義」でしかないわけですね。なるほど、よくわかりました。
イギリスを攻撃するのも、フランスの民間資本を追い出そうとするのも、ついでに言うなら靖国神社をつぶそうとするのも「高揚する民族主義感情」の表れで、仕方ないけど、「チベットの民族問題をもっと冷静に解決しろ」「チベットは本来中国に所属する国家ではない」とチベットを支援するのは「狭隘な民族主義」主義でしかなく、中国国外でも、そんなことを言う奴は集団リンチされても仕方がないのだ、と主張しておられるわけですね。

よくそれでオリンピックを開こうと思ったな。

投稿: Seisan | 2008-05-02 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その59)ソウルで乱暴狼藉を働いた中国人留学生を特定、検挙へ:

« 失った指が生える「妖精の粉」@アメリカ | トップページ | トマトラーメン »