« ラサ燃える(その81)震源の[シ文]川先遣消防隊の日記@人民網軍事 | トップページ | ラサ燃える(その83)日本の国際緊急救助隊は青川県西部の関荘鎮へ投入 »

2008-05-16

ラサ燃える(その82)震源地[シ文]川最前線より衛星通信による最新報告@人民網軍事

衛星回線で、今回の地震の震源地[シ文]川の最前線の様子が報告されていた。
人民網軍事より。繁体字(一部常用漢字)に直す。報告は新華社の記者。現地時間08:16(日本時間09:18現在)の報告。訳は適当なので、間違ってたらごめんなさい。


衛星電話連線首支抵達[シ文]川部隊 詳述震中最新情況

2008年05月16日08:47 來源:新華網

航拍的[シ文]川縣城最新圖片 新華社記者徐壮志攝(空中撮影した[シ文]川県城の最新画像 新華社記者徐壮志撮影)

  13日23時15分,武警某師參謀長王毅帯領200名官兵,歴經21個小時,徒歩強行軍90多公里,率先到達這次地震的重災區四川省[シ文]川縣城。他們強行軍途中路況如何?他們抵達[シ文]川後是如何展開救援行動的?現在的主要任務是甚麼?主要困難是甚麼?15日晩10時許,本網編輯通過海事衛星電話連線參謀長王毅,向他瞭解了目前[シ文]川和部隊的最新情況。(13日23時15分[=日本時間14日0時15分]、武装警察の某師団の王毅参謀長は200名の士官と兵士を率い、21時間掛けて90数キロを徒歩で強行軍して、今回の地震の被害の最も大きい地区である四川省[シ文]川県城に率先して到達した。彼らの強行軍の途中の道路状況はどうだったか? 彼らが[シ文]川についてから、救援活動をどのように展開したか? 現在の重要な任務は何か? 主な困難は何か? 15日夜10時頃、本サイトの編集部は海事衛星電話を通じて王毅参謀長と連絡がつながり、彼に目下の[シ文]川と部隊の最新状況を説明して貰った。)

  
危險路段爬著前進 戰士們踏著碎石急行(危険な区間を登って前進 戦士達は砕石を踏んで急いだ)

  據王參謀長介紹,部隊是在風雨交加、雨水不斷的情況下,用強行軍的形式抵達[シ文]川的。(王参謀長が紹介するところによると、部隊は風雨が混じり、雨が降りしきる中で、強行軍形式で[シ文]川に到達したのだ。)
  當時的路況非常差,道路大部分被搨方堵塞,有的危險的路段,戰士基本是爬著過去的。(その時の道路状況は、たいへん悪く、道路の大部分は陥没してまさに塞がっており、戦士は基本的に登って通過したのだ。)
  在部隊行軍途中,有很多危險的路段,戰士頭上不時有巨石滾落,脚下就是滔滔的江水。(部隊の行軍する途中には、危険な区間が多くあり、戦士の頭上にはたびたび巨石が転がり落ちてきたり、足元には、絶えず川の水が流れていた。)
  能走的路段也只有十來公分寛。非常的危險。(歩行可能な区間であっも、わずかに10メートルちょっとの道幅しかない。大変に危険だ。)

  戰士們很多脚上起了水泡。因為在碎石上前進,又是難度很大的夜間行軍, 戰士們有很多[手率]傷、画傷,但是他們並沒有抱怨、叫苦叫累。(戦士達の多くは脚にマメが出来た。砕石上を前進したからで、その上に、難度が高い夜間の行軍で、戦士達の多くは手に転んで出来た傷や切り傷を作ったが、彼らはまったく不平をこぼしたり、苦しいとか疲れたとか口にしなかった。)
 
根本沒時間停下來吃飯 抵達[シ文]川當晩只喝了一碗粥(全然、手をとめて食事をする時間はない [シ文]川についたその晩は、たった一杯の粥をすすっただけだ)

  王參謀長説,部隊從馬爾康出來的時候,本來是乘車的。但是後來過了一個風景區,到了一個叫做古爾溝的地方,然後再想進入災區,道路就中斷了。於是選擇徒歩。(王参謀長がいう、「部隊が馬爾康から出た時は、本当なら車に乗っているのでした。ですが、あとである景勝地を通り、古爾溝と呼ばれる場所に着くと、その後は、また被災地に入ることを想定し、道路はすぐに
中断してしまいました。そこで、徒歩を選択しました。)
  王參謀長介紹説,戰士們帯著乾糧。但是沒有時間停下來吃飯。時間,就是生命。(王参謀長は、説明していう、「戦士達は乾パンを持ってきました。でも、手をとめて食事をする時間はありません。時間、それこそが命なのです。」)
  他説,第一次吃到熱飯是在抵達[シ文]川當天也就是13日的晩上。但是,官兵毎人都只喝了一碗粥。(彼はいう、「最初に温かい食事を取ったのは、[シ文]川についた当日でも、13日の夜のことでした。でも、士官と兵士はみな、一杯の粥をすすっただけです。)

[シ文]川群衆看到部隊很激動:"部隊來了,我們就有救了,有希望了"([シ文]川の群衆は部隊が到着したのを見て、とても感激しました。「部隊が来た! おれたちは助かるんだ、望みはある。」)
  王參謀長説,越往[シ文]川走,災情越嚴重。房屋倒搨的很多。(王参謀長はいう、「[シ文]川を進めば進ほど、被害状況はよりひどくなりました。家屋の倒壊したのが、多いです。)
  老百姓搭著小帳篷,看到武警非常激動。(小さいテントを組み立てていたある一般市民は、武装警察を見て、とても感動していました。)
  很多人拉著武警戰士的手掉涙,説:"部隊來了,我們就有救了,有希望了。"(多くの人たちが、武装警察戦士の手を引っ張って涙を流していいました。「部隊が来た、おれたちは助かるんだ、望みはある。」)
  官兵在這種情景激勵下,更加有干勁兒、有信心。(士官と兵士は、こうした光景に励まされながら、さらに意気込みが上がり、自信が付きました。)

“還有很多傷員,我們要加快行動”(「まだ多くの負傷者がいる、われわれはもっと作業のスピードを上げなければならない」)

  王參謀長説,因為是第一支部隊到達[シ文]川,當地抗災指揮部很缺人手。部隊根本沒有時間休息。(王参謀長はいう、「最初に[シ文]川に到着した部隊なので、現地の災害対策指揮本部は人手がとても足りません。部隊には全く休む時間がないのです。」
  不顧急行軍的疲憊,王參謀長帯領的武警部隊迅速投入到當地的救援活動當中。(強行軍での疲労困憊にかまわず、王参謀長は率いてきた武装警察部隊を、迅速に投入して現地の救援活動にあたらせた。)

  據他介紹,[シ文]川縣城有三分之一房屋倒搨,90%以上的房屋破損。老百姓搭著帳篷,十分艱苦。(彼の説明によると、[シ文]川県城では、1/3の建物が倒壊し、90%以上の建物が破損している。一般庶民はテントを張って、とても苦しんでいる。)
  王參謀長説,"我們要盡最大努力,讓災區群衆盡快改善生活。"(王参謀長はいう、「我々は、被災地の群衆が出来るだけ早く生活を改善できるように、最大の努力を尽くさなければならない。」)
  “還有很多傷員,所以我們要加快我們的行動。”他説,“時間已經過了二十多個小時,越往後存活的概率很小。官兵精神状態很好,雖然身體疲憊,但是闘志昂揚。”(彼はいう、「その上に多くの負傷者がいるので、我々はわれわれの活動をもっとスピードアップしなくてはなりません。時間はもう20数時間も経ってしまいました、今後は、生存率がどんどん低くなります。士官と兵士の精神状態は良好で、身体は疲れているけれども、闘志は昂揚しています。」


這支部隊目前的四大任務(この部隊の目下の四大任務)

  據介紹,目前在[シ文]川的640名武警部隊官兵,主要負責以下四個任務:(説明によると、目下[シ文]川に駐留する640名の武装警察部隊の士官と兵士は、以下の主に四つの任務に責任を受け持っている。

  1. 分散到各郷鎮去,搜救傷員。清理屍體,掩埋死者(分散して、各郷鎮に行き、負傷者を捜索し、遺体を整理し、死者を埋葬する)
  2. 向郷村輸送救災物資。都在山很高的地方,靠部隊送到毎家毎戸手中。(郷村に救援物資を輸送する。みな、山間部の高い場所にあり、部隊によって、毎家毎戸の手に届けられる。)
  3. 道路交通堵塞,各種基礎設施遭到破壞,協助當地黨委政府恢復基礎設施(道路の交通が杜絶し、各種インフラが破壊されており、現地の共産党委員会政府と協力して、インフラの回復にあたる。)
  4. 維護社會秩序的穩定。缺糧缺水缺藥,雖然災民情緒相對穩定,但是很容易發生混亂。所以對糧庫、超市進行把守。(社会秩序の安定を図る。食料・水・薬品が欠乏しており、被災者の心情が割に安定していたとしても、混乱が発生しやすい。食料倉庫やスーパーの警備を続ける。)

  [口力]外還有一些臨時性任務,處理一些應急事件,比如搜集空投食品等。(他にも、いくつか臨時の任務があり、これらの応急案件、たとえば、ヘリから投下された食品を探し集めるなどの案件を処理する。)

面臨[口那]些困難?(どんな困難に直面しているのか?)

  王參謀長介紹説,現在災區人民比較有信心,但是確實面臨一些困難,災區群衆最缺糧食、藥品和帳篷。(王参謀長は説明していう、「現在、被災地の人民は割合に自信があるが、いくつかの困難に直面していることは確かで、被災地の群衆に一番不足しているのは食料・薬品とテントです。」)

  當被問到部隊是否存在[口那]些困難的時候,王參謀長笑著説,"部隊沒有甚麼困難。當地的黨委政府已經很困難了,不能再給他們添麻煩。"(部隊にはなにか困難があるかどうかと質問すると、王参謀長は笑って言った、「部隊には何も困難はありません。現地の共産党委員会政府はすでにひどく困っているのですから、彼らにこれ以上面倒を掛けることは出来ません。」)
  但是,據我們瞭解,部隊官兵在救援過程中,實際正在努力克服著很多的難題。比如,所攜帯的乾糧有限,王毅率領的部隊,乾糧還[多句]支[手掌]一兩天。他説,“等打通公路就好了。”(しかし、我々が理解したところでは、部隊の士官と兵隊は、救援活動中に、実際に努力して多くの難題を克服しているところである。たとえば、持ってきた乾パンには限りがあり、王毅が率いた部隊には、乾パンは一部隊を一両日支えるのに十分な程度だ。彼はいう、「道路が開通するのを待てば、状況は良くなるでしょう。」)

  [口力]外,官兵晩上無處休息,只能露營。但是露營對戰士的考驗很大。因為當地晝夜温差大,夜間風很大,官兵衣衫單薄,災區又很缺少帳篷。所以條件十分艱苦。(その他に、士官や兵士は夜間に休息する場所がなく、露営できるのみだ。しかし、露営は戦士に大変な試練を与えている。現地は昼夜の寒暖の差が大きく、夜は風が強く、士官と兵士の服装は、裏が付いてなくて薄く、被災地ではその上、テントが極端に少ない。そのため、こうした条件は実に苦難に満ちている。)
  
救災數據統計(統計に基づく災害救助数)

  到現在為止,這支搶先進入[シ文]川的武警部隊,已經從倒搨的房屋中搶救被掩埋的群衆27人,搶救傷病員461人,轉移群衆4137人,運輸救災物資18.5噸。★(現在までに、この先を争って[シ文]川に入った武装警察は、すでに倒壊した家屋から生き埋めになった人々27人を救い出し、負傷者や病人461人を救助し、市民4137人を移動させ、救援物資18.5tを輸送した。)
(責任編輯:黄子娟)

あ〜、やっぱり
 ヘリから投げ落とした食料がどこに落ちたか分からない
のか。そんなことだろうとは思ったが。

それにしても
 部隊が休息も取らず、食うや食わずやで救援活動
って、
 二次遭難の恐れあり
ではないのか。これで死んだら
 革命烈士
として祀られるのは確実だが、ちっとも合理的判断ではないぞ。
人民解放軍と武装警察は、近代戦の原則を放棄して災害救援に当たっているのか?

記事は「士気を鼓舞する」目的があるからこういうトーンになるのはしょうがないにせよ、書いてある内容は、冗談じゃねえ、ってレベルですな。

|

« ラサ燃える(その81)震源の[シ文]川先遣消防隊の日記@人民網軍事 | トップページ | ラサ燃える(その83)日本の国際緊急救助隊は青川県西部の関荘鎮へ投入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/41224299

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その82)震源地[シ文]川最前線より衛星通信による最新報告@人民網軍事:

« ラサ燃える(その81)震源の[シ文]川先遣消防隊の日記@人民網軍事 | トップページ | ラサ燃える(その83)日本の国際緊急救助隊は青川県西部の関荘鎮へ投入 »