« 福島県立大野病院事件最終弁論@5/15 (しばらくこの記事をトップに表示します) | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その122)横浜焦土作戦で神奈川県の産科を崩壊に追いやる共同通信の次の攻撃破壊目標は「医療系blog」→共同通信にまた一つ勲章「飛び込み出産お断り」という決議がある首都圏産婦人科医会でなされる »

2008-05-18

ラサ燃える(その85)赤ちゃんのミルクが足りない

大災害が起きると、しわ寄せは弱者に来る。

ミャンマーでは、救助が行き届かない。
今後2-3週間で4歳以下の乳幼児数千人が死亡するのではないかと懸念されている。
乳幼児数千人が死亡の恐れ ミャンマー、食糧不足で

四川省[シ文]川大震災でも、乳幼児が飢えのために、生命の危機にさらされている。東方網より。
以下、訳は不正確だが、ご勘弁を。


救災物資缺少[女乃]粉 嬰兒喝礦泉水充飢(救援物資に粉ミルクが欠乏 赤ちゃんはミネラルウォーターで飢えを凌ぐ)
http://www.sina.com.cn 2008年05月18日12:15 浙江在線

  天災面前,他們還完全沒有抵御的能力;天災過後,他們應該如何繼續剛剛開始的人生?關註災區孩子,現在和未來,我們共同再為他們[手掌]起一片天。(天災を前にして、彼らにはまったく抵抗する力はなかった。天災が過ぎた後、彼らは始まったばかりの生活をどう続けていかねばならないのか? 被災地の子ども達に関して言えば、現在も未来も、われわれは共に彼らのために手をさしのべよう。)

  連日來記者在災區採訪,由於母親缺乏食品沒了[女乃]水,加上救災物資配送中極少[女乃]粉等嬰兒食品,很多嬰兒處於飢餓状態,有的瀕臨死亡,但這在一些地方的救災中成了盲點。當地救災物資調配指揮負責人呼吁,各地[走旱]赴災區的志願者提供相應幇助。(このところ、記者は被災地を訪れているが、母親が食糧不足でお乳が出ない上に、救援物資が配られても粉ミルクなど赤ちゃんの食品は極めて少なく、多くの赤ちゃんが飢餓状態に置かれ、死にかかっている赤ちゃんもいる。これは救援活動の中で盲点になっていた。現地の救援物資を配給の指揮を執る責任者は、各地で被災地に急ぐボランティアにしかるべき援助が提供できるよう、呼びかけている。)

  不少村荘嬰兒挨餓(多くの村村の赤ちゃんが飢えを忍んでいる)

  “現在沒有[女乃]粉,救援食品嬰兒喫不了。沒水,不能洗,換不了尿布,他的小屁股都爛了。”5月16日,在此次地震的震中映秀鎮,蘇幇瓊為他9個月大的孩子泣不成聲,“再這樣[手人也]下去,他會死的,求求爾,記者,救救他!”(「もう粉ミルクがありません。救援物資の食料は赤ちゃんには食べられません。水もないし、洗い物も出来ません、おむつもかえられないので、この子のお尻は真っ赤にただれています。」5月16日、今回の地震の震源地である映秀鎮で、蘇幇瓊は、9カ月になる息子のために声を立てずに泣いた。「このままの状態が続くと、この子は死んでしまいます。お願いです、記者さん、この子を助けて!」)

  這種情況在災區不是個別。映秀鎮的臨時直昇機場,一名老人為把自己剛出生20天的孫兒送上飛機,同工作人員發生爭執。他對記者説,由於沒有母乳,小孩已喝了兩天的礦泉水。在都江堰通往映秀的路上,記者遇到抱著嬰兒撤離的災民,這些嬰兒都處於飢餓状態。(こうした状況は、この被災地だけのことではない。鋭秀鎮の臨時ヘリポートでは、ある老人が自分が救い出したばかりの生後20日の赤ちゃんのために、ヘリポートの作業員と言い争っていた。彼は記者に言った、「母乳がないので、この子は二日間ミネラルウォーターを飲んだだけです。」都江堰と映秀を結ぶ道路で、記者は赤ちゃんを抱えて避難する被災者に出会ったが、何人かの赤ちゃんは飢餓状態に置かれていた。)

  昨天,記者從都江堰進入虹口郷時,遇到焦急等待嬰兒[女乃]粉的段容。他為全村20多個小孩等待朋友從都江堰市買[女乃]粉。段容説,政府發放的救災食物只有水、餅乾、方便面等,沒有太多適合兒童的營養品。“現在環境差,小孩受驚後更不愛喫東西,他們很需要營養品!”(昨日、記者が都江堰から虹口郷にはいったとき、赤ちゃんの粉ミルクをじりじりしながら待っている段容に出会った。彼は村全部の20数人の子ども達のために都江堰に粉ミルクを買いに来た友人を待っていた。段容はいう「今の環境は悪く、子ども達は地震の恐怖で、さらに食べ物が喉に通らなくなりました。彼らには、栄養食品がどうしても必要なのです!」)

  等了約半小時,送[女乃]粉的朋友找到段容,手裡[手令]了8袋[女乃]粉。他説,現在各物資發放點很少存有[女乃]粉,走了好幾條街收集才弄到8袋。段容表示,其他村組也同樣面臨這樣的問題,但由於有的村荘更偏,要得到這些特殊物資更艱難。(30分ほど待ってから、粉ミルクを持った友人が段容を探しあてた。手には8袋の粉ミルクがぶら下がっていた。段容は言う、「他の村や小組も同じようにこうした問題に直面していますが、ある村はもっと辺鄙な場所にあるために、こうした特殊な物資を手に入れるには更に困っています」)

  物資供應極少[女乃]粉(救援物資には、粉ミルクはごく少量しか提供されていない)

  記者隨後走訪了鄰近虹口的灌口鎮建興社區和幸福鎮救災物資發放點,工作人員表示這幾天的物資少有嬰兒[女乃]粉供應,有存在災民上門尋要[女乃]粉、紙尿片等嬰兒用品及婦女用品而無法提供的現象。(記者はこの後、虹口の近隣にある潅口鎮建興社区と幸福鎮の救援物資運び出し拠点を訪ねた。作業員は、「この数日、救援物資には粉ミルクの提供は極めて少ないです」と説明した。「被災民の中には、家々を訪ねて、粉ミルクを探している人もいて、紙おむつなどの育児用品や生理用品なども提供しようがない現象が起きています」)

  昨天下午記者在都江堰災區物資調配指揮中心看到,這裡物資堆積如山。但調配中心統計,截至16日,[女乃]粉的庫存數量有670件。有關負責人介紹説,當前災區物資調配的主要原則是保證災民基本生存需求,對嬰兒等特殊群體的需求當前階段考慮較少。(昨日の午後、記者は都江堰の被災地物資供給指揮センターを見ると、ここには物資は山のように積まれていた。しかし、供給指揮センターの統計では、16日までには、粉ミルクの在庫は670件だった。責任者が説明するところでは、目下、被災地の物資供給の主要原則は、被災者の基本的生存に必要な物を保障することで、赤ちゃんなど特殊な人たちへの需要はいまの段階ではあまり考慮されてないという。)

  該負責人稱,現在問題在於信息傳遞不暢,投遞存在盲點,不知需求在[口那]裡,因此在配送比例“非常非常低”。有需求的災民要及時與郷鎮一級物資發放中心聯繋。該負責人呼吁各地[走旱]赴災區的志願者提供相應幇助。(責任者はいう、「今の問題は、通信伝達がうまくいかず、配達に盲点があります。どこに需要があるかわからず、このため、「非常のことは、非常に低い水準に」というような配送になってます。要求のある被災者は、すぐに郷鎮の一級物資運び出しセンターと連絡を取ってください。責任者が各地に急ぐボランティアに、ふさわしい助けを提供するようアピールします。」)

  救援須知

  ●映秀虹口郷九虹村二組3歳以下小孩有20多個,1歳以下嬰兒有3個。他們很難找到[女乃]粉。

  ●除了[女乃]粉、[女乃]瓶、紙尿片等嬰兒用品,婦女用品也缺。

  ●告訴災民:有需求的請及時聯繋郷鎮一級物資發放中心(本文來源:東方網 作者:盧斌朱卓華)

昨夜、M6の大きな余震があった。震源地は江油市。ここは、綿陽市の東だが、場所によっては、救助の手が届いていない。人民網より。


47名老弱婦孺被困山中 求援人攀岩而出報信(47人の老人弱者女性子どもが山中で孤立 助けを求める人が岩をよじ登って知らせを持ってきた)
http://www.sina.com.cn 2008年05月18日10:22 人民網
  人民網江油5月18日快訊 記者王偉建09:27分與後方編輯連線

  記者從一位來江油市永勝鎮鎮政府報信救援的雲頂村村民口中得知,地震發生後,雲頂村原本與外界聯通的兩條土路和碎石路,均已被巨石阻斷,雲頂村的青壮勞力,大多在外打工,留在村中的47名老弱婦孺被困山中多日,無路外出。(記者は江油市永勝鎮鎮政府から救援を求める知らせをもたらした雲頂村の村民の口から、次のことを知った。地震発生後、雲頂村はもともと外部と二本の舗装してない土の道と砕石を敷いた道でつながっていたが、どちらも巨石に寸断され、雲頂村の青年壮年たちの労働力は、多くは村の外で出稼ぎをしており、村に留まっている47人の老人弱者女性子どもたちは山中で何日も孤立しており、脱出する道がないのだ。)

  這位村民受村支書羅繼華的委派,經過幾處攀岩,又歩行五、六個小時後,才將羅繼華寫給永勝鎮鎮黨委書記的求援信成功送出。(この村民は村の支書羅繼華に委任を受けて、何カ所も岩をよじ登り、その上、5-6時間も歩いて、やっと羅繼華が永勝鎮鎮共産党委員会書記に書いた救援を求める信書を送り届けることに成功した。)

  據這位村民介紹,村裡與外界通訊完全中斷,電力設施也盡數損毀。村周圍的大山,也有多處出現斷裂,經常有石頭滾落。(この村民の説明によると、村では、外界との通信は完全に遮断し、電力施設もすべて破壊された。村の周りは山がそびえ、あちこちに亀裂が出来ており、いつも石が転げ落ちている。)

  村民的糧食還能維持兩、三天,但因房屋倒搨,村民大都露宿戸外,又因山中夜晩較為寒冷,很多老弱都經受不住,而病倒。(村民の食料は2-3日なんとか持つが、家が倒壊しているので、村民のほとんどが戸外で野宿しており、その上に、山中は夜間はかなり寒いので、多くの老人や弱者は耐えきれず、病に斃れている。)

  雲頂村懇請政府部門派直昇機將村民接出,如暫時無法安排,則請空投些帳篷以解燃眉之急。(雲頂村は、政府部門にヘリを派遣して村民を救出するよう懇願しているが、もし、しばらくはどうしても手配できないなら、テントを空中から投下してくれれば、目下の懸案事項はひとまず解決できると要請している。)

江油市の地図。
Ba4aaf4d98f56d48_2

中央、鉄道脇の双河鎮の真北に、永勝鎮がある。雲頂村は、この地図にはないので、かなり小さい集落である。
江油市の人口は、2000年の統計で26741人。
李白の故郷として知られる。
江油市のサイト。地震のニュースが掲載されている。
中国・江油

|

« 福島県立大野病院事件最終弁論@5/15 (しばらくこの記事をトップに表示します) | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その122)横浜焦土作戦で神奈川県の産科を崩壊に追いやる共同通信の次の攻撃破壊目標は「医療系blog」→共同通信にまた一つ勲章「飛び込み出産お断り」という決議がある首都圏産婦人科医会でなされる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/41245128

この記事へのトラックバック一覧です: ラサ燃える(その85)赤ちゃんのミルクが足りない:

« 福島県立大野病院事件最終弁論@5/15 (しばらくこの記事をトップに表示します) | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その122)横浜焦土作戦で神奈川県の産科を崩壊に追いやる共同通信の次の攻撃破壊目標は「医療系blog」→共同通信にまた一つ勲章「飛び込み出産お断り」という決議がある首都圏産婦人科医会でなされる »