« パトカーが駐禁切られる@横浜市金沢区 | トップページ | NHK平成21年度春採用終了直後に書き込まれた「協会職員のお仕事の実態」(その3) »

2008-05-27

忍び寄る鳥インフルエンザ ヨーロッパでH7型がヒトに感染しやすいタイプに変異 アメリカではフェレットに感染も

これまで
 H5N1型鳥インフルエンザのヒトへの感染
に注意が払われてきたが、欧米では
 H7型鳥インフルエンザのヒトへの感染
が問題になっている。どうやら
 ウイルスがヒトに感染しやすいタイプに変異
しているという。読売より。


欧米で流行の鳥インフルH7型、人に感染しやすく変異

 新型インフルエンザを引き起こす可能性が最も高い鳥インフルエンザウイルスのH5N1型とは、別のタイプのH7型が、人に感染しやすいよう変異し始めていることが、米疾病対策センター(CDC)などの研究グループの調べで分かった。


 現在、日本をはじめ欧米各国は、H5N1型をもとに大流行前ワクチンなどの備蓄を進めているが、H7型に対しても監視強化を迫る成果として注目される。27日発行の米科学アカデミー紀要に掲載される。

 研究グループは、人への感染が報告されたH7型の鳥インフルエンザウイルスのうち、高病原性のH7N7型、H7N3型、低病原性のH7N2型の構造を調べた。H7N7型は、2003年にオランダで80人以上が感染し、1人が死亡。その他は北米や英国で広がった。

 その結果、H7N7型のウイルスは変異していなかったが、他の二つのタイプは、人の細胞にくっつきやすくなるよう表面の構造が変異していたことが判明。

 人から人へ感染が拡大する新型インフルになるには、こうした構造変化のほか、増殖に適した温度も変化するなどのいくつかの条件が必要とされる。

 米国で見つかったH7N2型ウイルスは、イタチの一種フェレットに感染を広げる能力もあり、同研究グループは、「動物間で感染が広がる能力を持つウイルスが登場している。厳しい監視が必要だ」と警告している。

(2008年5月27日12時20分 読売新聞)

これはイヤな結果ですね。
フェレットに感染を広げている、ということは、鳥インフルエンザが鳥以外の異種間で感染可能なタイプに変わってきているわけだから、その内、ヒトヒト感染するようになってもおかしくない。
日本では、フェレットは、室内で飼育している場合が多いだろうから、直接鳥と接触して感染ということはあまりないだろうけれども、逆に言えば、飼い主とは濃厚接触しているわけだからなあ。

|

« パトカーが駐禁切られる@横浜市金沢区 | トップページ | NHK平成21年度春採用終了直後に書き込まれた「協会職員のお仕事の実態」(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/41341087

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る鳥インフルエンザ ヨーロッパでH7型がヒトに感染しやすいタイプに変異 アメリカではフェレットに感染も:

« パトカーが駐禁切られる@横浜市金沢区 | トップページ | NHK平成21年度春採用終了直後に書き込まれた「協会職員のお仕事の実態」(その3) »