« 子宮外妊娠で38週 無事女児が生まれる奇蹟@オーストラリア | トップページ | 煎茶の急須 »

2008-06-03

30年ぶりの歯医者に行くと受付のおばさんが変わってなかった件

わたしと違って、家人は病院が嫌いだ。できれば行かないようにしているので、気がついたときは、結構症状が重くなっている。
先週、
 風邪かな
と言ってたのだが
 歯が痛い
とも言う。どっちかな、と思ってたら、昨日になって
 歯が痛くてたまらない
とかなり辛い状態になり、熱も高い。
今日、30年ぶりに、前に掛かった歯医者さんに行った。
 まだ、30年前に掛かった大先生は現役だった
というのもビックリだけど、一番驚いたのは
 30年前と受付のおばさんが変わってなかった
ことだという。しかも
 見た目が変わってない
のだそうな。
で、家人の顔を見て
 ああ、前に来たとき(30年前)、差し歯にしたんだったね〜
と、簡単に思い出してくれたらしい。
歯医者の受付のおばさん、畏るべし。

家人は、若先生が主治医になった模様。

|

« 子宮外妊娠で38週 無事女児が生まれる奇蹟@オーストラリア | トップページ | 煎茶の急須 »

コメント

 診療所や田舎の病院の外来の看護師さん達も、そういう人は多いです。

 家族構成や背景もよく知っていて、ずいぶん助けてもらいました。

投稿: rijin_md | 2008-06-03 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/41413575

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの歯医者に行くと受付のおばさんが変わってなかった件:

« 子宮外妊娠で38週 無事女児が生まれる奇蹟@オーストラリア | トップページ | 煎茶の急須 »