« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その7)毎日新聞とは別系統のマスコミ関係者です | トップページ | 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その9)「がんだるふ」さんが日本看護協会へ »

2008-06-30

毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その8)医療関係者かく闘えり

共に働く仲間である看護師さんを侮辱されて怒りに燃える医療関係者が、自分の闘いを報告している。
侮日新聞を潰すための妙案を書き込むスレより。


7 :可愛い奥様:2008/06/30(月) 23:10:29 ID:OdqxQpf60
私は医者です。先日大塚製薬の不買運動を別のところで報告させていただきました。今回は追加報告です。
大塚製薬への不買運動は燎原のごとく広がりました。
本日大塚製薬の支店長がお詫びに来ましたが担当エリアだけで問い合わせ・抗議が数件あり7月は1000万円以上の減収だと。
特に医者は大塚製薬の泣き所を
1、利益率の高い医薬品を狙い撃ちする
2、ライバルの味の素に切り替えられると担当者の評価が下がる
などを熟知しており
 本社に早く毎日新聞と手を切るように言うが本社は頭が固く上層部は政治がらみもあり現場の声はなかなか反映されないのだと。
決算になって始めて利益率が高い製品の落ち込みで青くなるだろうがそのときはもう自分はどこかに飛ばされているなとポツリ。

看護師も動いています。師長の黙認のもとさりげなく病棟の患者の枕元にビラを置いています。彼女たちは本当に激怒しています。
私は明日外来の当番なので50枚ビラを確保しました。一人一人配る予定です。NETに無縁の層にも広がるでしょう。
週刊新潮も各病棟の面会室、外来待合室に1冊ずつ置かれました。
とりあえずできるところから抗議
していきます。

7先生の病院がどの地域に属されているのかは分からないが、その一個所だけで一ヶ月1000万円以上の減収ですか。これが全国に拡がっているのだから、大塚製薬のダメージは結構大きい、ということですね。
看護師さんの怒りは当然で、毎日新聞は一番敵にしてはいけない人達を本気で怒らせたようですね。

7先生からの御指南。


12 :7:2008/06/30(月) 23:21:51 ID:OdqxQpf60
本当は板違いでしょうがここしかカキコできなかったので。よろしかったでしょうか?
大塚製薬の利益率が高い製品は
1、ミキシッド
2、ネオパレン
3、エビリファイ
4、プレタール
5、ラコール
6、キドミン
この6つ
です。これを全部他社に切り替えれば相当ダメージです。
更に臨床試験中の降圧剤を潰せばまず医薬部門は身売りです。
底まで行く前に毎日とは手を切るでしょうが。
やはり毎日に公告出している企業を1つ1つ潰していくのが先決でしょうね。売れない新聞本体の不買運動よりはるかに効果的です。
我々医療従事者はは大塚製薬を狙います。皆さんも頑張ってください

いま日本の製薬会社は、再編の嵐に巻き込まれている。利益が出ない赤字部門に転落すれば、大塚の医薬部門は他社に売却されるだろう。
もっとも、7先生が仰るとおり、大塚製薬がそこまで毎日新聞に付き合いきれるかどうかは謎だけれども。

|

« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その7)毎日新聞とは別系統のマスコミ関係者です | トップページ | 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その9)「がんだるふ」さんが日本看護協会へ »

コメント

>>12さん
大塚製薬の製品は、プレタールとエビリファイだけかと。
ほかは、グループ会社の製品です。根拠が分からないのですが、
利益率もそれほど高くないです。社員としては、さっさと、
毎日とは縁を切ってほしいです。
とばっちりを受けるグループ会社はたまったものではないです。

投稿: 毎日を憎む者 | 2008-07-15 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/41700321

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その8)医療関係者かく闘えり:

« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その7)毎日新聞とは別系統のマスコミ関係者です | トップページ | 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その9)「がんだるふ」さんが日本看護協会へ »