« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その67)毎日新聞記者、エスカレータ事故後のワンフェス会場で、名前も名乗らず、ワンフェス業者を取材、しまいには「こちらはプロですよ。舐めないでください」と暴言→追記 コミケから緊急告知 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その128)奈良県産科崩壊の立役者毎日新聞奈良支局が産科崩壊を鉄面皮に報道 昨年8月の奈良高槻妊婦搬送問題で「奈良県立医大産婦人科は受け入れの余力があった」という暴論を書いた中村敦茂記者は今も「搬送のかなり以前に胎内で胎児死亡」という事実を歪曲したまま その上「昨年4月に産科を休診した大淀病院の再開のめどは今も立たない」 »

2008-08-08

北京五輪開幕直前にグルジア・ロシア間で戦闘勃発 プーチンはただいま北京

先ほど、日本時間23:25分頃、
 ロシア選手団が入場
した、北京五輪開会式。(画像はクリックすると拡大します)
R3
ロシア選手団。

最初は座っているプーチン首相。
R2

選手に応えて、両手を振るプーチン首相。
R1

しかし、プーチンにはのんびりしていられない理由がある。
朝日より。


ロシア軍機、グルジア基地爆撃 全面戦争の可能性
2008年8月8日22時11分

南オセチア自治州の独立派との戦闘が激化した8日、同自治州の州都ツヒンバリ近くの道を進むグルジアの戦車部隊=ロイター

 【モスクワ=星井麻紀】グルジア軍は8日、同国からの分離独立を目指す親ロシアの南オセチア自治州に進攻し、大規模な攻撃を始めた。ロイター通信などによると、これに対してロシア軍機がトビリシ郊外のグルジア空軍基地を爆撃するなど報復攻撃し、軍事衝突が拡大している。死者も多数にのぼっている模様。グルジアとロシアが全面的な戦争に突入する可能性が出てきた。

 南オセチアに駐留しているロシアの平和維持部隊司令官がインタファクス通信などに語ったところでは、グルジア軍の進攻で、南オセチア州都のツヒンバリは「ほぼ壊滅状態」という。同通信は、戦闘で平和維持部隊に派遣されたロシア兵10人以上が死亡したほか、「数十人から数百人」の死者が出ている可能性があるとしている。

 グルジアは国家総動員令を発令。グルジアのサアカシュビリ大統領は、ロシアの戦車や装甲車150両が南オセチアに向かったと述べた。同大統領はまた、グルジア軍がロシア軍機を2機撃墜したと語った。AP通信はロシアのテレビ局の報道として、ロシア軍部隊が南オセチアに移動中だと報じた。戦闘がさらに拡大する恐れが強まっている。

 ロシアのメドベージェフ大統領は、安全保障会議を緊急招集して対応を協議。五輪開会式出席のために中国訪問中のプーチン首相は「グルジアからの攻撃は報復的な措置をもたらすことになる」と警告していた。

当然ながら、NHKはロシア選手団入場の時に、この話題には触れていない。

続き。ただいま23:38頃、
 グルジア選手団が入場
した。旗手はレスリングのNOZADZE選手。
G1

選手団はこぢんまりとしている。
G2

入場順はロシアの16番後だった。

今回の戦闘が、今後の五輪にどのような影響を与えるかも、未知数だ。

|

« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その67)毎日新聞記者、エスカレータ事故後のワンフェス会場で、名前も名乗らず、ワンフェス業者を取材、しまいには「こちらはプロですよ。舐めないでください」と暴言→追記 コミケから緊急告知 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その128)奈良県産科崩壊の立役者毎日新聞奈良支局が産科崩壊を鉄面皮に報道 昨年8月の奈良高槻妊婦搬送問題で「奈良県立医大産婦人科は受け入れの余力があった」という暴論を書いた中村敦茂記者は今も「搬送のかなり以前に胎内で胎児死亡」という事実を歪曲したまま その上「昨年4月に産科を休診した大淀病院の再開のめどは今も立たない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/42109065

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪開幕直前にグルジア・ロシア間で戦闘勃発 プーチンはただいま北京:

« 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その67)毎日新聞記者、エスカレータ事故後のワンフェス会場で、名前も名乗らず、ワンフェス業者を取材、しまいには「こちらはプロですよ。舐めないでください」と暴言→追記 コミケから緊急告知 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その128)奈良県産科崩壊の立役者毎日新聞奈良支局が産科崩壊を鉄面皮に報道 昨年8月の奈良高槻妊婦搬送問題で「奈良県立医大産婦人科は受け入れの余力があった」という暴論を書いた中村敦茂記者は今も「搬送のかなり以前に胎内で胎児死亡」という事実を歪曲したまま その上「昨年4月に産科を休診した大淀病院の再開のめどは今も立たない」 »