« 2年漬の沢庵@京都の錦・高倉屋 550円 | トップページ | 国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通 アフラトキシン汚染はハリケーン・カトリーナ以後にアメリカ産飼料用トウモロコシにも »

2008-09-08

角界大麻汚染(その2)北の湖理事長辞任(速報)→露鵬・白露山は解雇、新理事長は武蔵川親方(速報)

日本相撲協会の北の湖理事長が辞任した。
NHKより。


相撲協会 北の湖理事長が辞任

9月8日 13時3分
日本相撲協会の北の湖理事長が協会トップの理事長職を辞任しました。

まあ、しょうがありませんな。
自分の弟子である白露山が、精密検査の結果でも
 陽性
と出ちゃったんだから。
検査の精度と、北の湖辞任についての続報を読売より。


北の湖理事長が辞任、2力士の大麻疑惑「クロ」

 大相撲の幕内力士の露鵬(28)(大嶽部屋)と十両の白露山(26)(北の湖部屋)のロシア人兄弟が、専門機関による尿検体の分析結果で大麻吸引の陽性反応が出た問題で、日本相撲協会は8日午前、再発防止検討委員会と理事会を開き、両力士の大麻吸引が再発防止検討委で結論づけられると同時に、白露山の師匠でもある北の湖理事長が理事会で辞職を申し入れ、了承された。

 理事会は新理事長の互選に入った。

 両力士は最終検査となる尿検体のBサンプル検査を受ける意思を表明せず、検査は終了した。再発防止検討委の中で露鵬と白露山はこれまで通り、大麻の吸引を否定した。2日に行われた簡易検査では「2、3日前の大麻吸引」の反応が出るとされており、その間の行動について説明を求められた両力士は、「頭が真っ白で覚えていない」などと答えたという。

 また、当初、指摘されていた、「第三者の吸った大麻の煙による副流煙の可能性」は大麻成分の検出濃度から否定されており、相撲協会では、自己吸引が濃厚とみている。

 両力士の処分は複雑な判断となりそうだ。大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された元幕内力士の若ノ鵬(当時間垣部屋)は、逮捕事実に加えて「本人も吸引を認めている」という刑事事件の背景があり、協会理事会が解雇処分とした。だが、露鵬、白露山は刑事事件に問われておらず、本人たちも吸引を否定した。時津風部屋の傷害致死事件でも3人の兄弟子は、「裁判所の判決確定」までを条件に処分保留としている。

(2008年9月8日13時06分 読売新聞)

検査の結果は
 二人とも大麻を吸った
ってことなんだけど、捜査で吸引具や大麻は見つかってないから、吸引の事実だけでは、罪には問えない。日本では
 大麻吸引は罪にならない
からな。

で、白露山の兄露鵬と所属する大嶽部屋は徹底抗戦の構え。
スポニチより。


2力士のB検体検査せず「クロ」確定

 【大相撲 大麻吸引疑惑】露鵬の顧問弁護士である塩谷安男氏が7日夜に東京・江東区の大嶽部屋で会見し、露鵬の「B検体」の精密検査を要求しないことを明らかにした。予備のB検体の検査の権利を放棄すれば、正規のドーピング検査の流れでは「陽性」が確定する。同弁護士は「そもそも(尿検体が)露鵬のものかも分からない。今回は自分で吸ったかどうかが問題だが、専門家に聞いても副流煙の可能性があると思う。理事会で処分が出ても、受け入れるつもりは全くない」と語り、8日に5~6項目の質問状を再発防止検討委員会に提出する。塩谷氏は処分が下った場合の対応についても「法的措置を考えているし、別検体での検査も選択肢のひとつ」と徹底抗戦の構えを示した。
[ 2008年09月08日 ]

十両以上の関取は
 部屋の「米びつ」
なわけで、関取がいるかいないかは、部屋にとっては死活問題だ。

続き。(14:20)
尿検査の結果、大麻吸引がほぼ間違いないと思われる
 露鵬・白露山は解雇
された。また、北の湖理事長辞任を受けて行われた選挙で、
 新理事長は武蔵川親方に決定
した。読売より。


露鵬と白露山を解雇、新理事長に武蔵川理事…相撲協会

 日本相撲協会の理事会は8日午後、露鵬と白露山の解雇を決めると同時に新理事長に武蔵川理事(元横綱三重ノ海)を決めた。


 武蔵川理事(元横綱・三重ノ海)は1948年生まれ。63年名古屋場所で初土俵、75年九州場所で初優勝し、大関に昇進した。79年名古屋場所後に横綱に昇った。80年に引退し、横綱・武蔵丸や大関・武双山らを育てた。2006年2月から、日本相撲協会の事業部長。

(2008年9月8日14時19分 読売新聞)

いまはともかく
 相撲協会刷新
というスタンスでいかないと、相撲協会自体が崩壊する。
三重ノ海かあ。武蔵川新理事長には、是非、力を尽くしていただきたい。
で、露鵬の解雇を巡っては、これからモメるんだろうな。

|

« 2年漬の沢庵@京都の錦・高倉屋 550円 | トップページ | 国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通 アフラトキシン汚染はハリケーン・カトリーナ以後にアメリカ産飼料用トウモロコシにも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/42415809

この記事へのトラックバック一覧です: 角界大麻汚染(その2)北の湖理事長辞任(速報)→露鵬・白露山は解雇、新理事長は武蔵川親方(速報):

« 2年漬の沢庵@京都の錦・高倉屋 550円 | トップページ | 国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通 アフラトキシン汚染はハリケーン・カトリーナ以後にアメリカ産飼料用トウモロコシにも »