« 首都圏産科崩壊 東京大空襲始まる(その2)江東区産婦死亡事例のカギは「搬送依頼の電話内容」→血腫除去を行う脳内出血の予後は「赤ちゃんを育てられるお母さん」だというマスコミの印象操作は悪辣 | トップページ | 青森県職員つうこんのいちげき 知事、記者会見で落涙 5品種の登録料計3万円払い忘れで新品種の登録取り消し 24年間かけて開発したリンゴなど »

2008-10-24

首都圏産科崩壊 東京大空襲始まる(その3)NHKニュースウォッチ9の呆れた報道姿勢 江東区産婦死亡事例で「不安を感じる江東区の妊婦さん」が「自宅出産希望者」だった件→VBAC(帝王切開後普通分娩)希望か? 情報求む→追記あり

さっき帰宅してNHKをつけたら驚いた。
 3人目を自宅出産する妊婦さんが助産師さんの検診を受ける
というビデオを流し
 こんなことがあると不安で
と言っているのだが、
 「今時自宅出産希望」というのは悪いけれども「個人的趣味の領域」であって、母体搬送で最も厄介な事例予備軍
ではないか。別に墨東病院の産科が崩壊してなくても
 一番、搬送先を捜すのに困る出産方法
である。
「自宅出産」でなくても
 首都圏の産科病院で行っていた「フリースタイル出産」が近隣の設備の整った大病院の産科救急を圧迫し、その病院からの搬送をすべて断られそうになったので、トラブルの主因である「フリースタイル出産」そのものをやめざるを得なかった
事例は、今年になってから出てきていた。Bermuda先生が非常勤先で遭遇したお話。
 2008-08-13
首都圏産科崩壊 「フリースタイル出産」は助産師の「自己実現」の手段か? 搬送を断られてフリースタイル出産を止めた病院で助産師チームが総入れ替え
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/08/post_132a.html
一応、病院内の
 フリースタイル出産
であっても、搬送先に難色を示される2008年現在の首都圏で
 病院どころか自宅で出産
なのだから、もし何かあったときに搬送先が簡単に決まらないのは自明の理ではないのか。
それともNHKは
 日本の分娩において、かなり特殊な事例である「自宅出産」は「かかりつけ産科を持つ妊婦さんより優先されるべき」
と考えているのか? 何か勘違いしてないか?

ニュースウオッチ9に出てきた妊婦さんは、何かあったとき、病院出産よりも更に危険度の増す
 助産師による自宅出産
を自分の判断で選んでいるのだから、それは
 自己責任
であろう。もちろん、何事もなくお産が済むのが一番だが、
 250例に1例は命の危険のあるお産
なのが現状である。直前まで普通の経過をたどっていた妊娠や、順調に進んでいたお産が
 急変して命に関わるのが「出産にまつわる危険」
であることは、産科の先生方を始めとする医療スタッフが日常的に経験していることである。
 経験豊かな助産師さんの扱うお産だけが「絶対に安全」
なんていうのは、宗教に近い。極端な話、
 単に一年間に扱うお産の数が少ないから「250例に1例が助産師さんにそうそう回ってこない」
だけである。年間150例もお産を取る助産師さんがいるかどうか知らないけれども、都会の産科医であれば、それくらいの数は研修医の頃から扱うことになる。経験の絶対数からいうと
 卒後10年目の産科医と助産師
では、
 圧倒的な経験数の差
があるのだ。
 経験が少ない、ということは「危険なお産の徴候を見逃す危険がそれだけ高まる」
ということだ。
 それを自覚しての自宅出産
なんだろうから、
 自宅分娩が最初から病院でのお産に比べてリスクが高くなる
のは、当たり前なのである。だいたい、急変してから搬送先を捜すにしても、病院なら医師がやってくれる処置を
 助産師はおこなう権限は持っていない
のである。輸血も、酸素吸入もできないだろう。もちろん、検査器械もない。
 何かあったとき、おかあさんと赤ちゃんの命を救うために、病院であればすぐに行う、必要な医学的処置を施すことができずに、そのまま放置した状態で、まず搬送先を捜す
ところから始まるのが
 自宅出産
である。

NHKは
 「デザインしたお産」という「都会人の我が儘」によって、「首都圏のすでに潤沢ではなくなっている産科の医療資源を食いつぶす」のを奨励
するのか。
いま、
 自宅分娩を「選ぶ」自由
を喧伝するのは
 すでにギリギリを通り越して、乏しい産科の医療資源をなんとか地域のために生かしているすべての産科の先生方を始めとする医療スタッフへの侮辱
だ。
それとも
 NHK職員とその家族は、産科で何かあっても、優先的に搬送してもらえる
と信じているから
 どんなに産科を叩いてもOK
だと、おごり高ぶっているのか?

続き。(10/25 9:20)
うんぽぽさんから、次のようなコメントを頂いた。再掲する。


しかもその妊婦のお腹には帝王切開の痕らしき傷が・・・

えええ! それは気がつきませんでした。ご教示ありがとうございます。
もし、このうんぽぽさんのご指摘通りだとすると
 VBAC(帝王切開後普通分娩)を自宅出産希望
という、まず常識では考えられない話になる。
昨夜のニュースウオッチ9の該当箇所について、もし、録画などされている方がいらっしゃいましたら、情報をお寄せ下さい。

現在、VBACの危険性については、どの病院でも頭を痛めていて、普通は
 VBACは回避するよう指導
している。VBACは
 子宮破裂を起こし、母子共に命の危険に陥る確率が高い
からだ。
しかも3人目でVBACなら、かなり条件が悪いので、もし、助産師さんがVBACを請け負ったなら、これは「産科救急の資源の浪費」以外の何物でもないのだ。

ともかくも、昨日のニュースウオッチ9の妊婦さんのお腹の映像をもう一度確認したいので、情報をお待ちしています。

(追記 10/25 21:20)
うんぽぽさんから、更にコメントを頂いたので、再掲する。


申し訳ありませんが私も録画はしておりません。
助産師が妊婦のお腹にパルスドップラーを当てて心音を確認している場面がありました。横には子供がいて「赤ちゃんの心臓の音だよー」みたいな雰囲気でした。へそから真下に一直線の褐色の線がありましたのでおいおいと思いましたが、母親に帝王切開の既往があるというコメントは番組の中ではなかったと思いますので確定はできません。私は産科医ではありませんが周産期医療に関わっていましたので(現在チョウサンしましたが)多分そうだと思いますがねー。

うんぽぽさん、重ねてご教示ありがとうございます。
うわ〜、臍下縦に一直線の手術痕ですか。それは、ほぼ帝王切開の痕で間違いないと思います。

あとは映像が再確認できれば、ほぼ確定ですね。

おまけ。
帝王切開の手術について。
帝王切開による出産 手術
を見ると、真ん中あたりに二つの絵が並べてあるが
 縦切開
の方が、うんぽぽさんが昨夜のニュースウオッチ9で目撃された帝王切開の痕だ。
 3人目でVBAC希望
というと、とてもじゃないけど危険なので、たぶん、普通の病院では断るだろう。まさかとは思うけれど、だから「自宅出産」なのか? それって、方向が間違っている上に
 平気で安請け合いしている助産師さんの方に問題ありではないか
という疑問を感じてしまう。てか、病院出産でもすでにこんな状態で
 搬送を受けてくれる病院が江東区にある
とは思えないのだが。何かあったときに昨日の助産師さんの
 搬送受け入れ
をしてくれる産科ってあるのかな。

ところで、助産師さんにお産を取ってもらうと、いくら掛かるか。
驚くなかれ、出産一時金とあまり変わらない
 30万円くらいから
らしい。で、
 救急搬送になると別途料金が発生する
という。
別料金の件については、琴子の母さんのblog「助産院は安全?」の記事
2007.08.21「救急搬送人件費」と「新生児搬送車代」
2007.08.23「救急搬送人件費」と「新生児搬送車代」 その2
その緊急搬送が発生したお産について、「桜ママ」さんご本人が詳細を記されています。
2007.08.29 助産院での出産にて−桜ママさんのお話
2007.08.30 助産院での出産にて−桜ママさんのお話 その2
2007.08.30 助産院での出産にて−桜ママさんのお話 終わり

これは自宅出産ではなく助産院からの救急搬送だが、あまりにも助産院側の対応がひどすぎて、驚き呆れる事例だ。「桜ママ」さんがご無事だったのが救いである。

助産師さんの料金の一例については、以下に。
よこはま自然育児の会
ここでは、自宅出産は「出張分娩」となり35万円からそれ以上かかる。

|

« 首都圏産科崩壊 東京大空襲始まる(その2)江東区産婦死亡事例のカギは「搬送依頼の電話内容」→血腫除去を行う脳内出血の予後は「赤ちゃんを育てられるお母さん」だというマスコミの印象操作は悪辣 | トップページ | 青森県職員つうこんのいちげき 知事、記者会見で落涙 5品種の登録料計3万円払い忘れで新品種の登録取り消し 24年間かけて開発したリンゴなど »

コメント

しかもその妊婦のお腹には帝王切開の痕らしき傷が・・・

投稿: うんぽぽ | 2008-10-25 08:36

うんぽぽさん、コメントありがとうございます。
映りの悪いテレビで見ていたので気がつきませんでしたが、本当ですか!
VBACを自宅出産で、ってことになるんですが。。。

投稿: iori3 | 2008-10-25 09:25

申し訳ありませんが私も録画はしておりません。
助産師が妊婦のお腹にパルスドップラーを当てて心音を確認している場面がありました。横には子供がいて「赤ちゃんの心臓の音だよー」みたいな雰囲気でした。へそから真下に一直線の褐色の線がありましたのでおいおいと思いましたが、母親に帝王切開の既往があるというコメントは番組の中ではなかったと思いますので確定はできません。私は産科医ではありませんが周産期医療に関わっていましたので(現在チョウサンしましたが)多分そうだと思いますがねー。

投稿: うんぽぽ | 2008-10-25 18:35

ニュースウォッチ9、たまたま録画していまして、確かにそれっぽい痕跡が・・・・・

投稿: 7 | 2008-10-26 00:50

7さん、コメントありがとうございます。
そうですか、やはり縦に切った帝王切開の痕のように思われますね。

投稿: iori3 | 2008-10-26 06:00

正中切開創とも思われますが、
同時に、色素沈着による発生線とは考えられないでしょうか。
三人目ですと、人によってはかなり濃く見えます。
もちろん、直に見れば発生線と瘢痕を間違うことはありません。
Dr.がコメントされていますので間違いないかもとは思いましたけれど。

ご返答は結構ですが、少しだけ気になりましたので。

投稿: 観てないので何とも | 2008-10-26 09:24

自分も観ていないのでなんとも判断しかねますが、上のコメントの通りである可能性はあるとおもいますね。
瘢痕だったら比較的幅広で多少盛り上がっていることが多いのですが、色素沈着だけであったら平坦です。

ただし、前回切開創であっても平坦なことはありますし、そもそも瘢痕化しないで綺麗になってしまっていることもあります。変に決めつけるとネット叩きの材料にされてしまいますのでご注意を。

とはいえ、自宅分娩というだけで大爆弾であることは変わりないんですけどね……。

投稿: Hirn | 2008-10-26 23:28

産婦人科15年目です。番組は見ていませんが、前回の妊娠中に卵巣腫瘍があり手術したなんて時は、黒い色素沈着のケロイドになります。
日本助産師会から「助産所業務ガイドライン」てのが平成16年に出ていますが、その中で、VBACは「産婦人科医が管理すべき対象者」に分類されており、「助産所での分娩対象者」ではありません。
テレビにでる助産所で、ガイドラインを無視して、分娩を堂々とするとは思えませんが。。。

投稿: O-san | 2008-10-28 18:52

この件、ちゃんと調べた方がいいような。
どこからか画像が手に入らないですかね?

投稿: る | 2008-10-28 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/42894034

この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏産科崩壊 東京大空襲始まる(その3)NHKニュースウォッチ9の呆れた報道姿勢 江東区産婦死亡事例で「不安を感じる江東区の妊婦さん」が「自宅出産希望者」だった件→VBAC(帝王切開後普通分娩)希望か? 情報求む→追記あり:

« 首都圏産科崩壊 東京大空襲始まる(その2)江東区産婦死亡事例のカギは「搬送依頼の電話内容」→血腫除去を行う脳内出血の予後は「赤ちゃんを育てられるお母さん」だというマスコミの印象操作は悪辣 | トップページ | 青森県職員つうこんのいちげき 知事、記者会見で落涙 5品種の登録料計3万円払い忘れで新品種の登録取り消し 24年間かけて開発したリンゴなど »