« 「エコ戦略」につかえるのにな 地元の大阪ガスじゃなくて静岡のガス会社社員が大阪のシロクマにガス管プレゼント | トップページ | くだらなさ炸裂 「魂のソフラン」@ニコ動→実際に歌っているヴァージョンも秀逸 »

2008-11-21

仏教系大学2校の「巨額損失」

駒澤大学がデリバティブに手を出して154億円の損失と報じられたが、今度は立正大学で資産評価額で148億の損失だという。
読売より。


立正大、資産評価額で148億円損失

 立正大学(東京都品川区)が資産運用を目的とする金融取引で、今年9月末時点で約148億円の評価損を抱えていることがわかった。


 同大の財務担当理事は「債券は長期保有を目的としており、ただちに学校経営に影響するものではない」と説明している。

 理事によると、同大は国内の証券会社を通じ、欧州の国債などを外貨建てで購入して運用しているが、円高や金融市場の混乱で評価額が下がり、今年3月末時点で約96億円だった評価損が、約148億円に拡大したという。

 大学の金融取引を巡っては、駒沢大学が154億円の運用損を計上したことが判明。文部科学省が報告書の提出を求める事態になっている。

(2008年11月21日00時56分 読売新聞)

よく判らないんだけど、仏教系大学の2校の話が出てきてるのは何故?
私立大学で、似たような運用をしているところは他にもありそうなんだけど。

|

« 「エコ戦略」につかえるのにな 地元の大阪ガスじゃなくて静岡のガス会社社員が大阪のシロクマにガス管プレゼント | トップページ | くだらなさ炸裂 「魂のソフラン」@ニコ動→実際に歌っているヴァージョンも秀逸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43178808

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教系大学2校の「巨額損失」:

» 駒澤大学、デリバティブ取引で損失 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
駒澤大学が昨年度から始めたデリバティブ取引による資産運用で、約154億円の損失を出していたことが19日、わかりました。損失を埋めるために大学キャンパスの一部などを担保に融資を受けるとともに、取引の経緯を調べるための委員会を17日に設置したとのことです。 ***♪嫌や (この時代を忘れない)♪ I remember wonder days. My students and faculty and there are tears…and yes. I fell in loss. If I... [続きを読む]

受信: 2008-11-22 00:37

« 「エコ戦略」につかえるのにな 地元の大阪ガスじゃなくて静岡のガス会社社員が大阪のシロクマにガス管プレゼント | トップページ | くだらなさ炸裂 「魂のソフラン」@ニコ動→実際に歌っているヴァージョンも秀逸 »