« 「ありがとう0系新幹線」web記念乗車券とブログパーツ | トップページ | 山田五十鈴@1992年1月13日初放映「鬼平犯科帳」第四シーズン第二話「正月四日の客」 »

2008-11-17

NHK過労死・労働災害残酷物語 過労で編集業務中に脳出血を起こした女性記者(30代半ば)の「労災隠し」のために「職場内でカンパを募る」御用組合「日放労」

思いっきり労基法違反の過重労働がまかり通っている特殊法人日本放送協会のお話。【受信料削減→】NHK人生羅針盤30【人件費削減】スレッドより。


631 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:27:48
昔、いかれた勤務で有名だったご近所の底力でPDが
労基署行くぞとぶち切れたら局長交えて大騒ぎ
に。
組合も職員を抑えにかかり、最終的に限度越え認定とかでうやむやにした

現放送総局長の肝いり「プライスの謎」で過剰勤務が発生してPDらがキレた時、
人事と挟まれたCPが出社拒否で管理職交代の異常事態

紅白でCD過労死の時に労基署聴取が入ったが、
労務は芸能のPDを呼び出して「絶対にうちの勤務について話すな」と釘を刺して回った

これはいくつか注釈が必要な話ですな。
「ご近所の底力」は、恐らく、放送スケジュールが詰まりすぎていて、制作が過労死寸前だった、ということだろう。
現放送総局長とは日向英実氏。
平成20年度 放送総局長記者会見要旨
ご尊顔もこのページに掲載されている。

紅白CD過労死は、大晦日のリハーサル現場でクモ膜下出血で倒れたので、ニュースになった。
 2007-01-01 第57回NHK紅白歌合戦 (その3) 倒れた番制の職員は大丈夫か?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/01/57nhk3_e1af.html
この後、元日に亡くなった。

労働基準監督署を持ち出すと上司は困るが、持ち出した職員にはその後「シベリア送り」並の冷遇が待っている。


634 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:33:59
>>631
上の人たちは、マジギレと労基署持ち出すと弱いの?
ならなんでみんな使わないの?

635 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:38:09
>>634
俺も想像でしか例えが言えないが、
スターリン統治時代のソ連で、警察などに駆け込むバカがいたと思うか?

637 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:41:46
>>634
弱いよ。
労務管理失敗と管理職が詰め腹切らされるし、
労基署の手入れが入ったらウン十億単位の財政出動も強いられるしさ。

ただ、職員は人事異動で不当な島流しや愛宕山に送られるのでみんな怖くてできない
かなり捨て身のオプション

だから辞めた人間が最強で労基署や労働審判とかに持ち込んで勝つ。

いやはや。

で、島流しルートに入る職員の
 協会人生双六
はこんな辺り。


644 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:54:53
>>637
発狂、お上(官)に訴えると、
不当な島流し、愛宕山配流になるということですが、
そもそも職員の大半が地方にいる=島流しされてるじゃないですかw

北海道、東北、山陰、北陸、四国、九州、、
全部不当な島流しに思えてならないwwwww

そうなると、達観した労働放棄者となり、田舎でまったりしてるのが勝ち組にも思える

646 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:57:38
>>644
二度と東京に戻れない4年ごとの人工衛星となるわけだ
「パパはなぜ東京で番組作らないの?」と白い目で見られる訳よ
あとは現場から引きはがされて企画総務とかの仕事に祭り上げ

648 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:58:25
>>646
万々歳じゃないすか
望むところです

649 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:00:19
>>648
その代わり残業50時間は夢のまた夢で20時間ほどにおさえられ、
まさに公務員給料。出世もずーっとマスター級たらいまわし。
あと資料室や考査室とか
これでいいならおすすめ。

651 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:03:50
>>644
そもそも地方=島流しと考えるならNHKほど割りに合わない会社はない。
いざとなれば地方循環ライフを楽しめる心積もりは、どの職種でも必須。
じゃないと精神が壊れる。

ま、現実に局内で元気なのは地方出身者で、
東京純粋培養者は持たずにバタバタ辞めているが・・

652 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:05:28
>>650
まさに正しい日本の公務員の姿ですね!
・・・ただユスリタカリは相手が無いだろ。
技術だけだよ、それができるの。

653 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:07:55
本当の島流しは単に地方じゃなく、
記者やPDが地方の企画総務や地方の編成、
地方の資料室とかでかつての現場を補佐し、二度と復帰できないような異動を命じられることだわな

>>651
あと海外経験者もバタバタ辞めてくw

664 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:43:22
自虐的に言えば、田舎者の田舎者による田舎者のための会社だよ。


665 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:51:25
>>652
一生地方覚悟すれば、
もうなんでもできるじゃな~い♪

みんなが強制出世レースと過酷勤務に耐えて何も言えない中、
自分だけが言いたい放題言えるとか快感すぎる

667 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 02:19:10
>>664
それ、田舎者を全て老人に置換しても成り立つね.

老害天国特殊法人日本放送協会ですか。

でもって、NHKの御用組合「日放労」は御用組合らしい素敵な対応をしてくれる。


629 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:21:52
一昨年くらい、時間外拒否を破らざるを得なかった3年目が
職集で不満ぶちまけた

組合三役は「うーーーーーーん」って顔して
「しようがないですよ」で終わった

これで組合は見切った。まあ正直っていや正直だが

630 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:24:11
>>629
時間外拒否って何?

632 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:30:18
>>630
秋と春の組合闘争期間中は残業拒否を「スト」として実施。
これを時間外拒否
という。
しかし、仕事が減るわけではないんで実質サービス残業として要勤務。
管理職に見つかっちゃまずいのでこそこそやらなきゃいけない

638 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:42:35
>>632
組合合宿w
まさに無駄の極致だわな。
昔はどこも無駄に泊まりがけだったが、最近は日帰りにする管内もあるらしいな。

643 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:53:31
>>638
10年近く前は温泉とか使ってた
2004年からだな。組合費がおかしいんじゃないかって言われ始めたの

アホや、アホすぎる。

このスレッドは勉強になるそうで。


633 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:32:09
一年目の夏にやる組合研修より充実してるなw

で、今年起きたという、御用組合「日放労」が率先して行ったという信じられない労災隠し。


641 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:48:11
今年、女の子の記者が編集中に過労脳出血で倒れた時、
組合が率先して労災を回避させ、カンパ
で救うって珍妙なことやったもんな

645 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:56:01
>>641
一口1000円ですね。
わかります。
ただ被害者は女の子と呼べるかどうかは微妙な年次の妙齢ですが。

647 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 00:58:17
>>645
30半ばの年次だったよな、たしか。

654 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:08:01
>>647
組合の集会で件の女性記者のカンパ集めてた時
空気読めない天然で有名だった我が局の1年生女性職員に
「倒れた人のためにカンパ集めるなんて、いい会社ですね!」

とか言われて、思わず吹きそうになったわw
「そうだね~」ってテキトーに返事しといたけど。

いまじゃ彼女も立派な鬱病患者です。

655 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:10:24
>>654
あーららかわいそうに

しかしこの件って、過労死しても組合が「職員守らない宣言」したのに等しいよね
みんななーんも言わないけど

656 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:13:29
▼みんな何も言わない
  →ピンチになっても誰も助けてくれない 
   →いつの間にやら猜疑心の塊に
     →自分に向ければ鬱病に
     →他人に向ければ派閥抗争

という流れな気がする。

658 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:16:16
>>655
実際、守ってくれないわけだが。

662 :就職戦線異状名無しさん:2008/11/17(月) 01:25:32
>>656
あと周りに裏切られる、横取りされるという要因も多い

さすがだな、日放労。
 労災認定を免れるための「カンパ」
って、どこのブラック企業だよ。これが
 みなし公務員の特殊法人で日常的に行われている「労働慣行」
ってことですか、NHK。次誰かが過労死したら
 またカンパを募り、遺族が労働基準監督署に駆け込まないように、全力で「労災隠し」をする
わけですね、わかります。

「協会人生レースに勝ち抜かなければならない」という幻想に取り憑かれると、一握りの「勝ち組」以外は、敗北感にさいなまれつつ、同・下位カーストの職員を突っつき回すという「協会つっつき順位」があるからな。
 真の味方は誰もいない
って猜疑心にさいなまれつつ、長い協会人生を送るってことですね。

おまけ。
厚労省のサイトより。
全国労働基準監督署の所在案内

まあ、労基法なんかる〜く無視している「公共放送」だから、
 医師は労基法なんて関係ない、死ぬまで働け!
なんて
 偏向報道
ができるわけですな。まさに
 報道は我が身を映す鏡
ってことで。

|

« 「ありがとう0系新幹線」web記念乗車券とブログパーツ | トップページ | 山田五十鈴@1992年1月13日初放映「鬼平犯科帳」第四シーズン第二話「正月四日の客」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43140104

この記事へのトラックバック一覧です: NHK過労死・労働災害残酷物語 過労で編集業務中に脳出血を起こした女性記者(30代半ば)の「労災隠し」のために「職場内でカンパを募る」御用組合「日放労」:

« 「ありがとう0系新幹線」web記念乗車券とブログパーツ | トップページ | 山田五十鈴@1992年1月13日初放映「鬼平犯科帳」第四シーズン第二話「正月四日の客」 »