« 旧友からのメール | トップページ | 植物画の楽しみ »

2008-11-24

NHK連続テレビ小説「だんだん」の"M"は原曲(プリプリ)バージョン?

先週から、「だんだん」では
 プリンセス・プリンセスの4枚目のアルバム"LET'S GET CRAZY"(1988/11)に収録されている"M"
を、小道具に使っている。"M"は、プリプリを知らなくても、この曲だけは知ってるだろうという
 "Diamonds"
のカップリング曲でもある。
今日は、マナカナがデュオでハモる予定で歌ってたけど、ちゃんとハモってなくて、なんか凄い"M"になっていた。原曲は名曲なんだから、朝からアレは勘弁して欲しい。

でも、「だんだん」の"M"って、原曲とちょっと違う感じがするよね。

一番近いのは、浜あゆがカバーした"M"なんだろうか。浜崎あゆみには"M"というオリジナル曲があるが、"Ayu ready?"でプリプリの"M"を歌ったことがある(2003年とのこと)。その時の音声がネットに落ちているが、これは、「だんだん」と同じく、ギター1本が伴奏。いろんな意味でイイ。
それとも女性デュオRYTHEMが2006年に出したカバーバージョンを想定しているんだろうか。

真剣に悩むこともないんだけど、「だんだん」の時代設定でいくと、残念ながら、どっちも違うことになっちゃうのはネック。たしか、ドラマ内設定では「だんだん」はただ今2001年くらいじゃなかったっけ。

もっとも、「だんだん」ののぞみ・めぐみの設定、18歳の「おぼこい子」が歌いきれる歌ではないのは確か。あんな朝ドラ得意の子供だましの「恋愛」設定では、"M"の境地には行かないだろうな。寝てもいない「お子様恋愛」の男と別れるかも知れない、というだけで歌える内容じゃないからな。

|

« 旧友からのメール | トップページ | 植物画の楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43211591

この記事へのトラックバック一覧です: NHK連続テレビ小説「だんだん」の"M"は原曲(プリプリ)バージョン?:

« 旧友からのメール | トップページ | 植物画の楽しみ »