« NHK連続テレビ小説「だんだん」の"M"は原曲(プリプリ)バージョン? | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その132) 産科医療破壊の旗振り役毎日新聞の埼玉支局稲田佳代記者が見せる麗しい同志愛「NICU作って、スタッフ足らず」と報道 元より東京頼みの埼玉で周産期医療センター稼働せずだが、埼玉の周産期医療の崩壊振りは公知の事実 »

2008-11-25

植物画の楽しみ

授業で使う資料を探していると、最近は
 デジタルアーカイブで公開している貴重本
に当たることが多い。

今日は、美しい蘭の挿画で知られる、John Lindelyの
 Sertum orchidaceum: a wreath of the most beautiful orchidaceous flowers
を探していた。探してたのは、花の絵ではなく
 植物細胞の「核」の図
である。たしか、この書物の挿図は
 Ferdinand Lukas Bauer
の仕事じゃないのかな。
挿図は挿図で別なリストになっているので、めくっていくと、最後に
 蘭の核を描いた図
が見つかった。美しい彩色画で、元になった蘭本体の下に、顕微鏡で観察した細胞の絵が付属している。
リンクも貼ったけど、この貴重本を集めているアーカイブは
 Missouri Botanical Garden Library"のもので、
 Rare Books from the Missouri Botanical Garden Library"
である。
ミズーリ植物園(MBG)のホームページはこちら。チャンスがあったら、是非行ってみたい。その前に、まずはキューガーデンに行かなくちゃ。

植物園といえば、札幌では、北海道大学植物園のことを指す。札幌市民には馴染み深い行楽地で、子どもの頃には、よく連れて行かれた。映画『南極物語』の主人公にもなった、南極探検隊に置いて行かれた樺太犬タロは、帰国後、植物園で余生を送っていた。いまは剝製になってガラスケースに入っている模様。

|

« NHK連続テレビ小説「だんだん」の"M"は原曲(プリプリ)バージョン? | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その132) 産科医療破壊の旗振り役毎日新聞の埼玉支局稲田佳代記者が見せる麗しい同志愛「NICU作って、スタッフ足らず」と報道 元より東京頼みの埼玉で周産期医療センター稼働せずだが、埼玉の周産期医療の崩壊振りは公知の事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43222603

この記事へのトラックバック一覧です: 植物画の楽しみ:

« NHK連続テレビ小説「だんだん」の"M"は原曲(プリプリ)バージョン? | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その132) 産科医療破壊の旗振り役毎日新聞の埼玉支局稲田佳代記者が見せる麗しい同志愛「NICU作って、スタッフ足らず」と報道 元より東京頼みの埼玉で周産期医療センター稼働せずだが、埼玉の周産期医療の崩壊振りは公知の事実 »