« 忍び寄る鳥インフルエンザ 貴州省で16歳男性がH5N1型鳥インフルエンザに感染 危篤に 中国で今年4例目→結局死亡 | トップページ | 「オバマ大統領の就任演説を博多弁にしてみました」→全国に配信された共同通信配信の訳文からは「寛容、好奇心、忠誠、愛国心」が脱落 »

2009-01-21

「マスコミたらい回し」とは?(その134)「いまだから言うけど、福島県立大野病院事件でなぜ一斉に医療側がバッシングされたかというと」@マスコミ

この話をあるマスコミ関係者から聞いたのは
 福島県立大野病院事件で加藤先生が無罪になってすぐ
だった。
 絶対激怒すると思ったから黙ってたんだけどさあ
と、彼はこんなことを言い出した。
 なんで、大野病院事件で、加藤先生が悪者にされたかわかる? 実は、あの先生はマスコミにとって「都合良く」悪者に見えたからなんだよね〜。
と。要するに
 カメラを睨み付けるようにするから、「悪者顔」に撮れるのが「都合が良かった」
のだという。そして
 それにさあ、あの先生、マスコミに対して、わりと敵対的な感じだったのね。敵対的っていうのがまずかったら、「非協力的」だったわけ。だから、各社揃って「てめえがその気なら、徹底的にやってやろうじゃないか」って、「あの先生叩き」に走ったところは間違いないと思う。
と続けた。

そうか、だから
 公共放送NHKを筆頭に、民放各社に、朝日・読売・毎日などの全国紙、ローカル放送に地方紙全部が「加藤先生叩き」に血道を上げた
ってことかい。
 「産婦死亡」という悲劇の報道のためには、「悪者を作り出さなければならない」という「マスコミの強迫観念」
が、
 福島県立大野病院事件に関する不幸な報道の垂れ流し
の元凶で、一度そのポジションを選んでしまうと
 軌道修正することは難しかった
というわけかい?

福島県立大野病院事件では
 1人産科医長だった加藤先生が、職務停止となったために、先生にかかっていた他の患者さんも治療の機会を奪われた
のだった。そして、何より
 熟達した一人の産科医のキャリアを滅茶苦茶にした
のだった。

単に
 見えやすい構図
を作り出したかったマスコミが、
 ことさらに「悪者」に仕立て上げる報道姿勢を取り続けた
のは、間違いない。

ということは、
 「悪者に見えて、マスコミと関わろうとしない医療者」の対偶
であるところの
 「顔の綺麗な、もしくは見栄えの良い、あるいは可愛い、積極的に取材に応じてくれて、カメラの前で泣いたり、怒ったり、時にはソフトに訴えかけたりする患者とその家族および支援者」

 「絶対的な善人」
として、演出しやすいから
 マスコミが飛びつく
ってことか。

今後は
 カメラがどういう絵を撮ろうとしているか
を、分析しながら
 医療関係報道をウオッチ
しないとね。

この話をしたマスコミ関係者は、こうも言っていた。
 テレビは特にそうなんだけど、「どう見えるか」でほとんど勝負が付いてしまう。うちのエライさんは、本当はいい人なんだけど、「見るからに悪者顔」なんで、謝罪会見しても、全然謝ってるように見えなくて、ソンなんだよね〜。人間性なんて、カメラは映さないし。
ああ、お宅のあのエライさんは、確かに昔から「悪人顔」でいまや「悪代官」にしか見えないからな。

でも、だからって、福島県立大野病院事件で、事実関係を精査せずに、単なる印象だけで決めつけて、
 あわや一人の医師の医師生命をマスコミが寄ってたかって絶とうとした
ことは、絶対に忘れないぜ。
どこがジャーナリズムだよ。

|

« 忍び寄る鳥インフルエンザ 貴州省で16歳男性がH5N1型鳥インフルエンザに感染 危篤に 中国で今年4例目→結局死亡 | トップページ | 「オバマ大統領の就任演説を博多弁にしてみました」→全国に配信された共同通信配信の訳文からは「寛容、好奇心、忠誠、愛国心」が脱落 »

コメント

言われて思い返してみると、佐藤優・鈴木宗男の両氏も、たしかにマスコミの餌食となる条件を満たしていましたねえ。

投稿: 暴利医 | 2009-01-21 20:50

やはり、医療崩壊はマスゴミの責任ですね。

投稿: 暇人28号 | 2009-01-22 06:49

三流芸人がウケ狙いに走っていると思えば腹も立ちません。

が、たかが芸人が
真面目な一労働者の人生を狂わせさんざん社会に迷惑垂れ流した挙句
やれジャーナリトの使命だのノーブレスオブリージュだのと
嘯いているのはハラワタ煮えくり返ります。

投稿: 製造業 | 2009-01-22 11:58

本当にそうだったら、テレビはもう終わりだね。昨日もくだらない芸人の出てくる番組にハラがたったけど。スポンサーも程度が知れるから、逆効果じゃない?
善良で誠実な人は、テレビの前で泣いたりできないものだよ。言い訳は一切口にせず、ただひたすら反省するーーー加藤先生をみていると、昔の武士はこんな感じだったのかと思ったけど。だからずっと応援もしたんだよ。視聴者は騙されるほどバカではないよ。奢れる者久しからず!!私はかえって燃えました!!

投稿: 通りすがり | 2009-01-22 12:48

それを言っちゃあお終いよ!ということすら意識に登らないマスコミ関係者って・・・・嘆息

目つきが悪くて、ぼそぼそとしか話さず、表情が乏しい医療崩壊促進派の某患者団体の人がマスコミ露出度を高めているのは、某患者団体と大衆との切り離し工作なのでしょうか???(笑)

ジャーナリズムは正しいこと、知るべきことを伝えるものだと思っていたけれど、日本では大衆が知りたいこと望むことを伝えるだけと考えているようです。
大衆レベルに自分たちを置くのなら、そのレベルであることの批判を受けないといけないでしょうね
市民社会に到達するのには、まだまだ遠いようです

投稿: Med_Law | 2009-01-23 10:44

最近の報道はどれも勧善懲悪の劇場型に偏向されてる気がしますね。
姑息で狡猾なマスコミの視聴率を上げたいがため、わかりやすい構図を作り世論を沸騰させようと言うのがみえみえです。
ま、視聴者が求めているから、それに答えてるだけだとマスコミ側は答えるかもしれません。
ならジャーナリストなどと名乗るなと言いたいですがw

投稿: N | 2009-01-23 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43810102

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その134)「いまだから言うけど、福島県立大野病院事件でなぜ一斉に医療側がバッシングされたかというと」@マスコミ:

« 忍び寄る鳥インフルエンザ 貴州省で16歳男性がH5N1型鳥インフルエンザに感染 危篤に 中国で今年4例目→結局死亡 | トップページ | 「オバマ大統領の就任演説を博多弁にしてみました」→全国に配信された共同通信配信の訳文からは「寛容、好奇心、忠誠、愛国心」が脱落 »