« シャトルシェフで豆油肉(台湾の豚おでん@邱永漢)丼 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その134)「いまだから言うけど、福島県立大野病院事件でなぜ一斉に医療側がバッシングされたかというと」@マスコミ »

2009-01-20

忍び寄る鳥インフルエンザ 貴州省で16歳男性がH5N1型鳥インフルエンザに感染 危篤に 中国で今年4例目→結局死亡

年明けから、鳥インフルエンザへのヒトへの感染が続く中国で、
 4例目の感染例
が報告された。NHKより。


中国 鳥インフルことし4例目

1月20日 8時1分

ことしに入ってから鳥インフルエンザの感染が相次いでいる中国で、今度は内陸部の湖南省で、16歳の男性が、鳥インフルエンザ・ウイルスに感染していることが明らかになり、中国政府は警戒を呼びかけています。
中国の衛生省によりますと、鳥インフルエンザに感染したのは、内陸部の湖南省の病院に入院している16歳の男性で、今月8日、住まいのある南部の貴州省で発病し、病状が重くなったため、その後、湖南省の病院に移されたということです。男性は現在、危篤の状態で、中国疾病予防センターが調べたところ、鳥インフルエンザ・ウイルスの中でも毒性の強い「H5N1」型のウイルスが検出されたということです。衛生省は、調査の結果、男性は、死んだ家畜の鳥を触っていたことがわかったとしており、男性と接触した人たちを対象に感染が広がっていないかどうか、検査を行っています。中国で、ことしに入っておよそ20日の間に、鳥インフルエンザに感染したことがわかったのはこれで4人目で、このうち2人が死亡していることから、中国政府は警戒を呼びかけています。

貴州省か。場所が悪いな。

中国衛生部の発表。いつも通りのフォーマット。


湖南省確診一例人感染高致病性禽流感病例

湖南省衛生廳1月19日通報,該省確診一例人感染高致病性禽流感病例。
患者呉某某,男,16歳,學生,家住貴州省黔東南州。患者2009年1月8日在貴州發病,因病情加重,於1月16日轉入湖南省懷化市住院治療。患者現病情危重,正在積極救治中。
1月17日,湖南省疾病預防控制中心對患者標本進行實驗室檢測,結果為禽流感病毒H5N1核酸陽性;1月19日,中國疾病預防控制中心對患者標本進行復核檢測,結果為禽流感病毒H5N1核酸陽性。流行病學調査發現,患者發病前曾接觸過病死家禽。
根據世界衛生組織人感染高致病性禽流感確診病例定義和我國診斷標準,衛生部人禽流感防控專家組判定該病例為人感染高致病性禽流感確診病例。
疫情發生後,當地政府高度重視,已按照《人感染高致病性禽流感應急預案》採取了相應的防控措施。對所有密切接觸者實行嚴密的醫學觀察,並及時進行全面的流行病學調査。截至目前,所有密切接觸者未出現異常臨床表現。
該病例的有關情況,衛生部已向世界衛生組織、港澳台地區和相關國家通報。

前半だけ、ざっと訳しておく。間違ってたらご勘弁。


湖南省衛生庁は、1月19日に湖南省で1名の高病原性鳥インフルエンザ患者が出たことを明らかにした。
患者は呉某、男、16歳の学生で、貴州省黔東南州在住である。患者は今年1月8日に貴州で発病し、容態が重くなったため、1月16日に湖南省懐化市の病院に転院し、治療を続けている。患者は現在危篤だが、積極的に治療している。
1月17日に、湖南省疾病予防コントロールセンターが患者の検体の検査を行って、H5N1型ウイルスの核酸陽性反応が確認された。1月19日、中国疾病予防コントロールセンターが患者の検体の再検査を行った結果、H5N1型ウイルスの核酸陽性反応が確認された。伝染病学的調査によって、患者は、発病前に死んだ鳥に接触したことがあったことが分かっている。

中国衛生部の
 鳥インフルエンザ発表フォーマット
についてはこちらに。昨年2月の湖南省の死亡例。
 2008-02-19 忍び寄る鳥インフルエンザ 中国湖南省で22歳男性既に死亡 原因はH5N1型鳥インフルエンザ感染→中国衛生部の発表は昨年12月の南京鳥インフルエンザ感染の時とほぼ同文→追記あり
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/02/22_h5n112_0f17.html

貴州省は、もともと、郊外に行くと、ヒトと家畜が一緒に住んでいる
 新型インフルエンザの「実験場」
みたいな環境。
 ヒト・ブタ・鳥が一緒にいる
ので、鳥→ブタ感染や鳥→ヒト感染を毎年自然に繰り返していることになる。こうした
 人畜同居の環境で、鳥→ヒト感染の「鳥インフルエンザ」がヒト→ヒト感染する「新型インフルエンザ」に変化する
と考えられているのだ。

2000年の年末、貴州省に調査に行ったときに、
 いきなりインフルエンザにやられた
経験があるわたしとしては、あんまりうれしくないニュースだ。そのときは、出国前に念のために処方して貰っていたリレンザで凌いだ。

続き。(22:20)
16歳の男子学生は結局亡くなった。合掌。
新華網より。新たに付け加わった部分で重要なところだけざっと訳しておく。


湖南人感染高致病性禽流感病例患者死亡
( 2009-01-20 13:02:17) 稿件來源:新華網湖南頻道

新華網湖南頻道長沙1月20日電(記者 周青梅、丁文傑)
記者從湖南省衛生廳瞭解到,湖南省日前確診的懷化市一例人感染高致病性禽流感病例患者已於20日上午8時10分左右死亡,此前衛生部和湖南省多名臨床專家和流行性病學專家對患者進行共同搶救。
(記者が湖南省衛生庁から確認したところによると、湖南省で先日鳥インフルエンザと診断された懐化市の高病原性鳥インフルエンザに感染した1人の患者は、20日午前8時10分頃に死亡した。衛生部と湖南省の多数の有名な臨床医および伝染病の専門家が協力して、患者の救命に努めていたところだった。)

據湖南省衛生廳通報,16歳的男性患者呉某家住貴州省黔東南州,今年1月8日在貴州發病,因病情加重,於1月16日轉入湖南省懷化市住院治療。1月17日,湖南省疾病預防控制中心對患者標本進行實驗室檢測,結果為禽流感病毒H5N1核酸陽性;1月19日,中國疾病預防控制中心對患者標本進行復核檢測,結果為禽流感病毒H5N1核酸陽性。流行病學調査發現,患者發病前曾接觸過病死家禽。

20日上午,湖南省緊急召開冬春季高發傳染病防治會議,要求全省相關部門和各地嚴格落實責任制。疫情發生後,懷化當地政府高度重視,已按照《人感染高致病性禽流感應急預案》採取了相應的防控措施。對所有密切接觸者實行嚴密的醫學觀察,並及時進行全面的流行病學調 査。 (編輯 李蘭香)

これで今年に入ってから死者は3人目だ。
朝日より。


鳥インフルエンザ、中国で今年3人目の死者

2009年1月20日20時50分

 【北京=坂尻顕吾】新華社通信によると、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して治療中だった中国貴州省出身の男子学生(16)が20日、湖南省の病院で死亡した。中国では今月、北京市の女性(19)と山東省済南市の女性(27)も鳥インフルエンザで死亡しており、今年の死者は3人目となった。

 学生は8日に貴州省で発症し、16日に隣接する湖南省の病院に入院。17日に省衛生当局が学生からH5N1型ウイルスを検出していた。

中国の鳥インフルエンザ感染者に関する発表が、これまでと比べると異様に迅速なのは
 そろそろ危ない
と、中国政府も腹をくくったからか?

|

« シャトルシェフで豆油肉(台湾の豚おでん@邱永漢)丼 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その134)「いまだから言うけど、福島県立大野病院事件でなぜ一斉に医療側がバッシングされたかというと」@マスコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43797353

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る鳥インフルエンザ 貴州省で16歳男性がH5N1型鳥インフルエンザに感染 危篤に 中国で今年4例目→結局死亡:

« シャトルシェフで豆油肉(台湾の豚おでん@邱永漢)丼 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは?(その134)「いまだから言うけど、福島県立大野病院事件でなぜ一斉に医療側がバッシングされたかというと」@マスコミ »