« 「おくりびと」にアカデミー外国語映画賞(速報)→「つみきのいえ」に短編アニメ賞 オスカー争いは「スラムドッグ$ミリオネア」の圧勝に終わる | トップページ | 本屋の魂 北京・珍本書店 »

2009-02-23

押し紙による「水増し部数」に基づく新聞広告料は拒否 トヨタ、ABC調査よりもビデオリサーチの数値を部数調査に利用か

ちょっと古い記事だけど、OhMyNewsにこんな話が載っている。


トヨタがビデオリサーチ社のデータを物色 ABC部数不信で
黒薮哲哉
00:53 02/01 2009
 
 不況で企業業績が悪化するなか、新聞の広告掲載料を引き下げようとする広告主企業の動きが活発化している。トヨタ自動車をはじめ、数値の偽装が明らかになっているABC部数よりも、ビデオリサーチ社が調査している「R-READ」というデータをもとにして広告価値を測ろうと考える会社も出てきた。急速に新聞広告離れが進むなか、新聞社が信頼を取り戻す唯一の選択肢は実配部数の公表だが、あまりにも偽装部数が多いために、踏み切れそうもない

(略)

 広告主は現在の不況の下で新聞社に何を求めているのだろうか。結論から先に言えば、それは不透明なまま放置されている新聞の発証数の公表にほかならない。発証数とは、販売店が読者に発行した領収書の数で、実配部数に極めて近い。

◇広告バブル
 日本ABC協会は、新聞など出版物の発行部数を調査する機関である。発行部数を定期的に調査して、新聞社や広告代理店、それに広告主に知らせることで、広告料金の価格形成に影響を与えてきた。

 『広告の基本』(日本実業出版社)という本では、広告料金を決定づけるファクターが次のように説明されている。

 広告料金には一応の定価がありますが、需給関係や視聴率・部数などの変化によって実勢の料金は常に変動しており、人気のある枠ほどすぐに売り切れてしまいます。
 株価や不動産価格と同じように、広告価格もさまざまな要因によって変動する。とりわけ発行部数の大小は、最も重要な要因である。
 その意味でABC部数は、日本の広告市場を秩序立て、機能させるうえで、キーパーソンのような存在だった。事実、少なくとも表向きは、権威と信頼を兼ね備えたデータとして評価されてきた。特に役所などの公共機関は、ABC部数に絶対的な信頼を置いてきたのである。

 ところが最近、日本ABC協会に対する不信が広がっている。たとえば『週刊東洋経済』(2009年1月31日)は、ABC部数の信頼性を頭から否定してはばからない。

(略)

 日本ABC協会が発表するこの発行部数は、広告主からまったく信頼されていない。新聞を宅配する専売店網には『押し紙』と呼ばれる、読者のいない水増しした部数が納入されているのは周知の事実。ひどい新聞社の場合、押し紙比率は30%以上に及んでいるようだ。そんな水増しされた部数を基にした広告費設定に、広告主が納得するわけがない。値下げ圧力が激化するのはこれからだ。
 このような状況の下でトヨタが広告代理店に対して、ABC部数の代わりに、ビデオ・リサーチ社の「J-READ」というデータを採用して広告料を提案するように交渉するらしいという情報を『選択』が報じた

 J-READは、ビデオリサーチの鈴木芳雄氏によると、次のような性質のデータである。

 新聞の購読は世帯単位で行われるものですが、J-READのサンプリングは個人です。購読者率は、『たまたま調査対象者に選ばれた個人の家庭で取っている新聞の割合』です。(「読売ADリポート」)

 ABC部数が偽装部数を含む部数であるのに対して、J-READは実質的にどの新聞がどの程度読まれているのかを示したデータと言えよう。

『選択』は会員制の雑誌で、この記事が載っているのは
 選択 2009年1月号
のようだ。

まあ
 新聞の発行部数は「押し紙」で粉飾されている
というのは、最近ではかなり知られる話になってきた。
新聞購読者が減っているといわれる最近の押し紙の一例。新聞販売店関係者が愚痴を書くスレ24梱包目より。


84 :文責・名無しさん:2009/02/18(水) 11:42:04 ID:DuJrhj/mO
うちの店は4000部に対して予備紙140部です。
チラシが少なく来てて、客からのクレーム対処に苦慮してます(マジ)
スポンサーは新聞屋は紙が余ってると思って少なめに持ってくるんだろうけどね?
140部も押し紙になるのかな?

85 :文責・名無しさん:2009/02/18(水) 12:48:03 ID:ADQ1psQtO
>>83 うちも4000部。予備紙は30部。チラシ足りない?

87 :文責・名無しさん:2009/02/18(水) 17:48:48 ID:ZmWdE/V2O
>>84
積み紙な。140も予備紙が要るのか?数字の違いだけで500だの1000だの積んでる店と、やってること・いる世界は同じ。折込出す側もそう考えてる。フルに入らないのが何よりの証拠だ。

販売店の生命線
 折り込み広告
も、依頼が減っている。


110 :文責・名無しさん:2009/02/19(木) 15:12:06 ID:pi2mJC410
名古屋の読売は悲惨だぞ。何せバカ市民は反日媒体の勇「中日」に洗脳されて
るから他紙は全滅状態。 特に野球の関係もありヨミは敵意すらもたれている。

だから、折込は2~3枚あるかどうか。配達区域は超広い。 だいたい店長がバイト
やってる店が常識。

176 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 00:42:59 ID:QfA7axvz0
折込一段と減ったな。配達してる人間にとっては楽だけど。
よく冗談飛ばしてお喋りな所長が無口になって来たのに気付いた。

折り込み広告の広告料も
 押し紙込みで計算
だ。

押し紙については、以下でも触れた。
 2008-07-15 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(番外編)「都心部の毎日新聞販売店専業です 新聞取ったおまけにあげる洗剤の原価は170円 うちは押し紙5割です」
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/07/170_5_39c9.html
 2008-07-25 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その59)元毎日新聞販売店の家族が語る「昔新宿で毎日の専売所をやっていました」
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/07/59_026c.html
 2008-07-27 毎日新聞の英文記事、主婦および看護師を始めとする医療従事者の怒りを買う(その63)Kioskの新聞は「押し紙」だらけ「買い取り、返品不可」
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/07/63kiosk_6ab6.html
 2008-12-10 紙媒体終焉の兆し(その2)主婦向けに「新聞なし、チラシだけ配達」って商売になるの?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/12/2-5030.html

|

« 「おくりびと」にアカデミー外国語映画賞(速報)→「つみきのいえ」に短編アニメ賞 オスカー争いは「スラムドッグ$ミリオネア」の圧勝に終わる | トップページ | 本屋の魂 北京・珍本書店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44152832

この記事へのトラックバック一覧です: 押し紙による「水増し部数」に基づく新聞広告料は拒否 トヨタ、ABC調査よりもビデオリサーチの数値を部数調査に利用か:

« 「おくりびと」にアカデミー外国語映画賞(速報)→「つみきのいえ」に短編アニメ賞 オスカー争いは「スラムドッグ$ミリオネア」の圧勝に終わる | トップページ | 本屋の魂 北京・珍本書店 »