« 「マスコミたらい回し」とは?(その135) あの「ネット君臨」取材班責任者だった花谷寿人支局長率いる毎日新聞さいたま支局の平野幸治記者(埼玉東支局長)、兄の主治医を質問攻めにして「小さな親切、大きなお世話」→平野幸治記者が『サンデー毎日』時代に書いた癌治療に関する記事には誤報とする批判あり | トップページ | のだめカンタービレ 産休明けの"Kiss"連載再開は3/10発売の3/25号より »

2009-02-08

地域医療崩壊 廃止か存続かで揺れる病院で廃止派のマスコミに院長が気を使った結果、「軽症でも救急に来て優先診療」を受ける地元新聞社社員「看護師です。マスコミの人の横暴に困ってます」

これは院長がマスコミを味方に付けようとして墓穴を掘ってるパターンだろうなあ。
廃止か、存続かで揺れているある病院の看護師さん、という人の書き込み。どこの病院なのか、関係者やその地域の人は分かるかも知れない。【毎日新聞】医師の説明に質問しまくったらキレてしまった 医師と家族とを隔てる「壁」の高さを感じた 埼玉支局・平野幸治★4スレッドより。


715 :名無しさん@九周年:2009/02/07(土) 20:34:55 ID:XgFF1igqO
病院で看護師してます
マスコミの人の横暴に困っています

うちの病院は存続か廃止か問題になってんですが
地元の新聞は廃止派です
それで院長が何とか廃止論を引っ込めさせようと気を使ってて

調子に乗った新聞社員
体の具合が悪くなるとまず院長に直接電話
そして院長が専門の先生か救急の先生に電話
「新聞社の人だから丁寧にみるように」
とかゆうらしい

緊急じゃなくても救急に来る人もいたし
何でこんな人ら特別扱いしないといけないんだよ?て感じだよね?

 コンビニ受診は、医療崩壊の元凶
って言葉は、この地域の新聞社では通用しないって事ね。

|

« 「マスコミたらい回し」とは?(その135) あの「ネット君臨」取材班責任者だった花谷寿人支局長率いる毎日新聞さいたま支局の平野幸治記者(埼玉東支局長)、兄の主治医を質問攻めにして「小さな親切、大きなお世話」→平野幸治記者が『サンデー毎日』時代に書いた癌治療に関する記事には誤報とする批判あり | トップページ | のだめカンタービレ 産休明けの"Kiss"連載再開は3/10発売の3/25号より »

コメント

首尾一貫とした行動かと。

投稿: nyamaju | 2009-02-09 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/43993959

この記事へのトラックバック一覧です: 地域医療崩壊 廃止か存続かで揺れる病院で廃止派のマスコミに院長が気を使った結果、「軽症でも救急に来て優先診療」を受ける地元新聞社社員「看護師です。マスコミの人の横暴に困ってます」:

« 「マスコミたらい回し」とは?(その135) あの「ネット君臨」取材班責任者だった花谷寿人支局長率いる毎日新聞さいたま支局の平野幸治記者(埼玉東支局長)、兄の主治医を質問攻めにして「小さな親切、大きなお世話」→平野幸治記者が『サンデー毎日』時代に書いた癌治療に関する記事には誤報とする批判あり | トップページ | のだめカンタービレ 産休明けの"Kiss"連載再開は3/10発売の3/25号より »