« 新聞購読料≒低額掛け金の医療・損害保険 | トップページ | 押し紙による「水増し部数」に基づく新聞広告料は拒否 トヨタ、ABC調査よりもビデオリサーチの数値を部数調査に利用か »

2009-02-23

「おくりびと」にアカデミー外国語映画賞(速報)→「つみきのいえ」に短編アニメ賞 オスカー争いは「スラムドッグ$ミリオネア」の圧勝に終わる

オンラインでABCを見てたところで、
 Departueres, Japan!
というアナウンスが。
滝田洋二郎監督が英語で短いスピーチ。日本人の英語は期待されてないのか、途中で励ましの笑いが漏れた。(13:10)

恒例の
 逝去した映画人を偲ぶコーナー
では
 市川崑監督
の映像も。(13:16)

昼のニュースで流れたとおり、
 短編アニメ賞は「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)
に。こちらも英語で短いスピーチをした。
朝日、仕事が速いな。


「おくりびと」「つみきのいえ」に米アカデミー賞
2009年2月23日13時14分

 【ロサンゼルス=堀内隆】第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ハリウッドのコダックシアターであり、滝田洋二郎監督「おくりびと」が外国語映画賞を、加藤久仁生(くにお)監督「つみきのいえ」が短編アニメーション賞を獲得、日本作品のダブル受賞という快挙となった。

 56年度に外国語映画賞が設けられて以来、日本作品の受賞は初めて。短編アニメ部門も、日本人監督作品の受賞は初めてだ。

 受賞者に贈られる黄金色のオスカー像を手にした滝田監督は、タイトルの英語名「デパーチャーズ」にかけて「手助けしてくれたみんな、ありがとう。これが私にとっての新たな『旅立ち』(デパーチャー)だ。またここに戻ってくる」と語った。

 「おくりびと」は日本では昨年9月の封切りで、本木雅弘さん主演。亡くなった人の体を清め、棺(ひつぎ)に納める納棺師の仕事に就いた男性が、人と死に向き合う様を描いた。日本作品としては03年度の「たそがれ清兵衛」以来の候補入りとなっていた。

 昨夏、カナダで開かれたモントリオール世界映画祭でグランプリを獲得するなど国際的にも評価が高く、世界36カ国での配給が決まっている。日本では24週目のロングランに入り、300万人近くが見た。

 滝田監督は53歳。「病院へ行こう」など話題作も多く、「壬生義士伝」では日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

 邦画は、外国語映画に「名誉賞」が授与されていた50年代には「羅生門」「地獄門」「宮本武蔵」の3作品が受賞したことがある。

 一方、短編アニメ賞を受賞した加藤監督はオスカー像を贈られ、「重い」と一言。「ありがとう、両親。ありがとう、アカデミー」とあいさつした。受賞後の会見では「日本で待っているスタッフと早く喜びを分かち合いたい」と語った。

 「つみきのいえ」は、海面の上昇に合わせ、積み木のように次々と建て増していく家に住む老人を描いた12分の短編。地球温暖化問題を背景に、家族との思い出や人生の年輪を描いた。

 加藤監督は31歳、鹿児島市出身。多摩美大在学中からアニメの自主制作を始め、卒業後は映像制作会社でテレビ番組やCMなど多彩な作品を手がけてきた。

 その他の受賞は以下の通り。

▽脚色賞、編集賞、撮影賞、作曲賞、録音賞=「スラムドッグ$ミリオネア」▽歌曲賞=「ジャイ・ホー」(「スラムドッグ$ミリオネア」)▽美術賞、メーキャップ賞、視覚効果賞=「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」▽助演男優賞=ヒース・レジャー(故人、「ダーク・ナイト」)▽助演女優賞=ペネロペ・クルス(「それでも恋するバルセロナ」)▽脚本賞=「ミルク」▽長編アニメーション賞=「ウォーリー」▽衣装デザイン賞=「ある公爵夫人の生涯」▽音響編集賞=「ダーク・ナイト」

上記に付け加えると
 監督賞 スラムドッグ$ミリオネア
がいま決まったところ。(13:26)

ところで、いま主演女優賞の候補紹介をやってるんだけど
 候補の右下に出る小さい画面が「カンフーパンダ」
Ac09
だったりすることがあるのが、なんですな。
今回は、過去の受賞者が俳優の紹介する演出になっている。
 主演女優賞はケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」
でした。(13:33)これから挨拶。

主演男優賞は
 "Milk"のショーン・ペン
で、ただいま挨拶しているところ。(13:46)
ブラピはまた取れませんでしたね。ノミネートされていたミッキー・ロークが
 Well come back!
とか紹介されていた。

作品賞のプレゼンターはスピルバーグ監督。
 スラムドッグ$ミリオネア
に。(13:54)いま挨拶している。

今回の特徴は
1. 去年は脚本家協会のストの影響で、開催があやぶまれたのと比べると、時間も手間も掛けて「アメリカ映画の力」を見せようと努力
2. 「歌って踊れる司会者」ヒュー・ジャックマンを起用、きっちり歌って踊らせる
3. 主演・助演の男優・女優賞のプレゼンターには、過去の受賞者を人数分呼んで、紹介させる豪華な布陣。当然、会場の人々はスタンディングオベーションで迎える。
4. 助演男優賞には、昨年1月に亡くなったヒース・レジャーが選ばれる
5. スラムドッグ$ミリオネア vs. ベンジャミン・バトンの争いといわれたが、蓋を開けてみれば、スラムドッグ$ミリオネアの圧勝。(作品賞・監督賞・脚色賞・編集賞・撮影賞・作曲賞・録音賞および歌曲賞の8部門受賞)
6. ブラピ(ベンジャミン・バトン)はまた主演男優賞を取れなかった
7. 日本の作品が外国語映画賞と短編アニメ賞の2部門を受賞
8. 「スラムドッグ$ミリオネア」が圧勝、日本の作品も評価を受けた辺り、ハリウッドの「アジアマーケット重視」の姿勢がにじみ出た
って辺りかな。

「おくりびと」はTBSが製作委員会に参加したので、TBS大喜び。今後最低1週間くらいは浮かれていると思われる。

おまけ。
毎年オスカー像はUAがVIP待遇で輸送しているという。
 オスカー・フライト
シカゴでオスカー像が作られているとは知らなかった。

|

« 新聞購読料≒低額掛け金の医療・損害保険 | トップページ | 押し紙による「水増し部数」に基づく新聞広告料は拒否 トヨタ、ABC調査よりもビデオリサーチの数値を部数調査に利用か »

コメント

加藤監督の「ドモアリガトMr.Robot」が会場にも受けてましたね。

投稿: きゃら | 2009-02-24 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44151449

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」にアカデミー外国語映画賞(速報)→「つみきのいえ」に短編アニメ賞 オスカー争いは「スラムドッグ$ミリオネア」の圧勝に終わる:

» 米アカデミー賞、「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
米映画界最高の栄誉であるアカデミー賞の第81回発表・授賞式が22日、ロサンゼルスで開かれ、遺体をひつぎに納める仕事をする男性を主人公にした滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞しました。同賞創設後、日本映画の獲得は初めて。 また、積み木のような家に住む老人を主人公に家族への思いを描いた、加藤久仁生監督のアニメーション「つみきのいえ」も短編アニメ賞を受賞。ノミネートされた日本作品がともに栄冠に輝くダブル受賞となりました。 ***♪ハリウッド・ドリームズ・カム・トゥルー♪ 映画を観... [続きを読む]

受信: 2009-02-24 21:38

« 新聞購読料≒低額掛け金の医療・損害保険 | トップページ | 押し紙による「水増し部数」に基づく新聞広告料は拒否 トヨタ、ABC調査よりもビデオリサーチの数値を部数調査に利用か »