« CSI:マイアミのホレイショ役デビッド・カルーソのストーカーがメキシコで逮捕される→追記あり | トップページ | 今年の折田先生はライダーマン »

2009-02-26

「銀河鉄道の夜」を体験できた岩手・小岩井農場のSLホテル営業終了 D51はそのまま展示続行

小岩井農場の中にこんなものがあったとは知りませんでした。
河北新報より。


SLホテル終着 小岩井農場 開業32年、閉鎖へ

多くのファンに長年愛された小岩井農場のSLホテル(画像)

 岩手県雫石町の小岩井農場まきば園にある「SLホテル」が、施設や冷暖房設備の老朽化で昨年11月から長期休業に入っている。営業開始から32年。このまま閉鎖となる公算が大きい。宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」をイメージできると評判だった施設は、静かに長旅を終える。

 ホテルを経営する小岩井農牧によると、「当面、臨時営業などの予定もない」という。施設の傷みはひどく、冷暖房設備の修繕費だけで数百万円かかると見込まれ、営業再開は厳しい情勢だ。

 全国でも珍しいSLホテルは1977年に開業した。「デゴイチ」の愛称で親しまれたD51形蒸気機関車に、3両の客車が連結している。

 客車には17の客室があり、定員は52人。室内は寝台列車を再現し、2段ベッドが鉄道による旅情を醸し出す。トイレは共同で、入浴と食事は隣接のクラブハウスを利用していた。

 大型連休や夏休みを中心に、多くの鉄道マニアから愛されてきた。賢治ファンも「銀河鉄道」の雰囲気を味わえる空間として支持。08年度は実質5―10月の半年で2000人を誘客し、週末は満室の日もたびたびあったという。

 学生時代にホテルを利用した経験を持つ小岩井農牧広報の高山勉さん(38)は「寝心地は良くないけど、旅に出る時のわくわくした気分が増す。年に3、4度訪れる常連さんもいた」と話す。

 小岩井農牧は、SL車両はそのまま展示する方針。旧国鉄OBらでつくる「盛岡SL等保存会」の宮野武・副会長(84)は「ファンをくぎ付けにしたSLだった。今後も雄姿が見られると聞いて一安心したが、ホテルでなくなるのは寂しい」と複雑な心境をのぞかせた。
2009年02月26日木曜日

老朽化でメンテにお金が掛けられないとなれば、しょうがあるまい。
小岩井農場のアナウンス。


SLホテル休業のお知らせ

SLホテルは諸般の事情により、2008年11月3日をもちまして休業いたしました。
これまで30年以上にわたり、多くのお客様にご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
なお、クラブハウス2階のレストラン「カサ・デ・プラド」はグリーンシーズン中に営業、
D51蒸気機関車も展示されますので、引き続きご利用くださいませ。

在りし日のホテル内部。これはホテル休業直前のもので、運転席。
 D51蒸気機関車 SLホテル 2008/06/20 13:25

寝台車を改装した客室内。
 小岩井農場 まきば園 自然を楽しむ SLホテル

|

« CSI:マイアミのホレイショ役デビッド・カルーソのストーカーがメキシコで逮捕される→追記あり | トップページ | 今年の折田先生はライダーマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44181031

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀河鉄道の夜」を体験できた岩手・小岩井農場のSLホテル営業終了 D51はそのまま展示続行:

« CSI:マイアミのホレイショ役デビッド・カルーソのストーカーがメキシコで逮捕される→追記あり | トップページ | 今年の折田先生はライダーマン »