« 1皿100元の台湾料理 中央市場長安店@台北市長安東路一段57号 | トップページ | 鼎泰豊(本店)のトイレの謎 »

2009-03-23

鼎泰豊(本店)@永康街 台北市信義路二段194号

国家図書館の調査は、レーザープリンタの不具合で、完全というわけには行かなかったが、大体終わった。友人がホテルのロビーで待っているので、MRTに乗って急ぐ。
 昼飯どうする? 鼎泰豊はどう?
という提案に喜んで乗る。タクシーに乗り込み、友人が
 永康街
と告げると、運転手のおじちゃんに
 鼎泰豊か?
と聞かれた。

土曜の昼、
Dtf1
鼎泰豊は、地元の人たちと観光客とで溢れかえっていた。

順番待ちをする間に、注文する品を決める。席に座る前に注文を受けておいて、座ったらすぐに料理が出てくるシステムだ。番号表示が電光掲示板で出るのだが100まで。行ったときは
 62
が出ていたが、一緒に
 64、65番のお客様、注文書を出して下さい
というアナウンスもされていた。結構、注文書を出してない人がいる。中には待ち時間に嫌気がさして帰っちゃうヒトもいるらしい。
わたしたちの番号は25番なので、まだまだ待つ。回りでは、日本語が飛び交っている。時々怪しい日本語が聞こえるのは、おそらく日本人観光客を連れてきたガイドさんだろう。

注文書はくれたのだが、ペンがない。こう言うときは、イヤなんだけど、英語を使う。店頭で客をさばいているおねえさんに
 ペンを貸して貰える?
と言うと、
 あ、ごめんなさい
とすぐにペンと下敷きをくれた。おねえさんに悪気があったわけではなく、忙しすぎて、どうも忘れ去られていたらしい。
1時間ほどで、席に通される。狭い階段を上がっていくのだが、降りてくる人もいる。すれ違うのが大変だ。席に着くと程なく、注文した4品がやってきた。
なぜか鮮蝦蒸餃(海老入り蒸し餃子)が先に来る。
Dtf2
中のスープは熱々で、猫舌のわたしは、火傷しないように気をつけて食べる。

次に来たのは空心菜の炒め物。
Dtf3
かなりの薄味。

湯(スープ)は酸辣湯(辣)を頼んだ。辛くないのも選べる。
Dtf4
辣とはいうが、それほど辛いわけではない。

鼎泰豊といえば小籠包。
Dtf5
前に座った日本人のおにいちゃんには、店のおねえさんが、日本語で
 小籠包の食べ方
を説明し、説明書まで置いていったのだが、わたしたちはスルーされる。やはり日本人だとは思われていなかった模様。
これも気をつけたので、火傷せずに食べられた。あっという間に全部が胃の中に収まる。
おいしゅうございました。

フル回転する厨房。
Dtf6
天井まで、蒸籠が積み上がっているのが見える。

鼎泰豊は、他に2軒支店があるのだが、友人の話では
 支店は味が落ちたので、みんな本店に来るようになった
とかで、この混雑なのらしい。支店は空いててすぐ食べられるらしいけどね。

東京でラーメンに1時間以上行列できるなら、鼎泰豊の行列は軽いものだろう。

|

« 1皿100元の台湾料理 中央市場長安店@台北市長安東路一段57号 | トップページ | 鼎泰豊(本店)のトイレの謎 »

コメント

猫舌の人は、食するときに舌先を前に出してしまうのが、その原因だそうです。
舌を引っ込めて飲食するよう気をつけてみてください。

飲食物を空気と一緒に口に入れ、舌先は引っ込めるよう意識してみてください。

投稿: きゃら | 2009-03-23 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44439978

この記事へのトラックバック一覧です: 鼎泰豊(本店)@永康街 台北市信義路二段194号:

« 1皿100元の台湾料理 中央市場長安店@台北市長安東路一段57号 | トップページ | 鼎泰豊(本店)のトイレの謎 »