« 台北駅前の書店街を行く | トップページ | 国立国家図書館善本室へ行く(その2)台湾の図書館のアクセシビリティはすばらしい »

2009-03-21

「外帯(持ち帰り)」だと2割引

台北駅前には、あちこちに
 歓迎外帯(おもちかえり歓迎)
と書いた小吃(スナック)店や屋台がある。

これはホテルの下にあるジェラート屋の新製品
 特濃タピオカ・コーヒーゼリー入りミルクティースムージー
Tp

 外帯八折(お持ち帰りは2割引)
で売っている。110元が88元ということ。日本円で250円くらいかな。

ホテル下のジェラート屋だから、割にちゃんとした店なのだが
 この手の「お試し価格」や「お得なお値段」での売り込み
は、よほどちゃんとした高尚なお店以外で、あちこちがやっている。

外帯は、
 屋台
の食べ物では普通で、
 台南担子麺
から、煮込んだ豚肉が掛かった
 魯肉飯
から、頼めば持ち帰り容器に入れてくれる。いわゆる
 定食
でも大丈夫。
台北駅2階にあるフードコートでも、遅くまで外帯で夕食やおやつを持ち帰る人たちがいる。
定食だとスープがつくのが普通で、それもカップに入れて蓋をして、袋に入れてくれるのだが、日本ほど容器がしっかりしてないから、こぼれないのかな、と余計な心配をしてしまう。スープだけでなく、台湾の屋台系定食おかずは汁気が多い。日本のコンビニのおでん持ち帰りより日常的に、汁気の多い食べ物が、普通に持ち帰られる。
デパートの中のフードコートも、「歓迎外帯」だ。
台北駅前の新光三越は、
 1階は化粧品や宝石売り場
だけど
 地下1階はフードコート
で、
 エスカレーター横にあるミキモトの売り場に、地下フードコートの商品の甘い匂いが漂っている
という、なかなかワイルドな展開になっていて笑える。台湾の三越は、日本の三越よりは
 ヨーカドーとかジャスコのノリ
だ。

一昨日と昨日は
 スターバックス全品1割5分引(一部商品を除く)
というのをスタバでやっていた。日本と違って
 同じ企業の店が向かい合ってあったりする
のが台湾で、台北駅地下だけで、一体スタバが何軒あるのか、という密度。スタバの前でおねえさんが声を枯らして呼び込みをしていた。

MRT士林駅では
 向かい合うセブンイレブン
とか、日本ではまず見られない凄い出店になっていて驚く、セブンイレブンもほんと至る所にある。台北駅周辺では地下にも地上にも、ちょっと行けばセブンイレブン。

|

« 台北駅前の書店街を行く | トップページ | 国立国家図書館善本室へ行く(その2)台湾の図書館のアクセシビリティはすばらしい »

コメント

駅から来来を通りすぎて最初の交差点にマクドありますよね。
そのマクドの隣の麺屋さんによく通ってました。
外帯して、マクドの向かいのコンビニで台湾ビールと煮玉子買って、公園で食って、図書館で産経新聞を読む。
なんとなく思い出してコメントしますた。

投稿: tko_bbq | 2009-03-22 02:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44415665

この記事へのトラックバック一覧です: 「外帯(持ち帰り)」だと2割引:

« 台北駅前の書店街を行く | トップページ | 国立国家図書館善本室へ行く(その2)台湾の図書館のアクセシビリティはすばらしい »