« EVA航空に乗って | トップページ | 故宮博物院図書文献館善本室が寒い件 »

2009-03-15

倪記鍋貼専売店@台北

草臥れ果てていて、お腹が減った割には、食べる気がしない。
ホテルの近所にこんな極めて庶民的な店がある。

お品書き。

Jz1
おじさんとおばさんが二人でやっている。
前にある、四角いステンレスの蓋の下で、この店の看板メニュー
 鍋貼(焼き餃子)
が焼かれている。
お値段は
 鍋貼 50元
 水餃 40元
 葱油餅 30元
 酸辣湯 30元
 小米粥 20元
 (1元=1TWD だいたい3円を切る程度)
と至ってこれも庶民的。

水餃を頼んでみた。
Jz2
何の外連味もない。しっかりした味。
皿の上にビニールが敷いてあって、水餃が皿にくっつかないようになっている。

懐かしいので、葱油餅も頼んだ。

Jz3
割に薄味。
こちらも冷める間もなくぱくつく。
水餃も葱油餅は、北京でよく食べ、自分でも作る。葱油餅は、なかなかこのようにぱりっと焼けないのだよな

合わせて70元。日本円で200円ちょっとかな。

何故か台北で北方風味。

|

« EVA航空に乗って | トップページ | 故宮博物院図書文献館善本室が寒い件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44357564

この記事へのトラックバック一覧です: 倪記鍋貼専売店@台北:

« EVA航空に乗って | トップページ | 故宮博物院図書文献館善本室が寒い件 »