« 台湾語訛りの國語 | トップページ | 台湾の冷房に完敗 »

2009-03-17

日本からオンラインで台湾新幹線の座席を購入する

いや、びっくり。
台湾新幹線(高速鉄道)の切符って
 日本でオンラインで買える
のだ。
 台湾高速鉄道
VISAかMasterカードがあれば、それで支払い完了。申込時に
 パスポート番号
が必要になる。パスポートは、チケットを取りに行くときにも必要。
支払いを終えたら、番号を渡されるので、その画面を印刷して、窓口に行く。ただし、最後の番号だけ書いたところはどの電車に乗るか明示されないので注意。
メールで、
 予約完了しました
という通知が来る。アドレスを携帯アドレスにしておくと、若干文字抜け(JISにない漢字は抜ける)はするけれども、予約番号などは分かる形のメールが届く。

今回は、明日乗る予定の台中行き新幹線を日本から予約しておいた。
平日昼間の普通席は
 15%〜35%off
になる。

最初は、もう少し早い新幹線で行くつもりだったのだが、先方の都合で少し遅くなった。
さて、窓口で変更は出来るのか。
ちょっとドキドキしながら、今朝、ホテルのすぐ傍にある台北駅の高鐵(台湾新幹線)切符売り場に出かけた。窓口は
 団体・個人・オンライン予約
の3つに分かれている。オンライン予約のところは、すかすかで、すぐに順番が来た。
窓口のおねえさんに
 電車を遅くできる?
と聞いたら、大丈夫だった。無事変更して貰う。

|

« 台湾語訛りの國語 | トップページ | 台湾の冷房に完敗 »

コメント

フランスの国鉄SNCFでもネットで切符が買えますが、こちらはすぐに切符を電送してきました。2005年には導入されていました。1分もたたないうちにPDFで切符をメールを送ってきたのには驚きました。列車の中では車掌にこのPDFをプリントアウトしたものとパスポートを見せてOKとなりました。このシステムによってあの愛想の悪いフランス人の窓口にいかなくて済むことになり、助かります。ご参考までに。

投稿: sheepsong55 | 2009-03-20 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44379668

この記事へのトラックバック一覧です: 日本からオンラインで台湾新幹線の座席を購入する:

« 台湾語訛りの國語 | トップページ | 台湾の冷房に完敗 »