« 豚インフルエンザ メキシコ国外で初の死者 米・テキサス州で1歳11カ月の乳児が死亡(速報) | トップページ | 鬼の霍乱 »

2009-04-30

豚インフルエンザ WHO新型インフルエンザへの警戒レベルをフェーズ5に引き上げ WHOチャン事務局長が発表(速報)→追記あり→舛添厚労相が7時から記者会見予定(速報)

画像は拾いもの。
Nhk090430

いまNHKで流れた
Nhk0904302
 WHOのマーガレット・チャン事務局長の発表抄録
を載せる。(5:15)画像は拾いもの。
モノラル音声からなので、同通の聞き書き。間違っているところ、聞き逃した部分はご勘弁を。


(5時から発表。)
(報道陣に)これほど遅くに呼び出しをして申し訳ありません。
報道機関のみなさま、すでに入った情報を元に分析し、専門家と協議し、現在のインフルエンザの警戒レベルをフェーズ4からフェーズ5に引き上げることに決めました。
それは急速に感染が拡大する潜在性があるからです。

明るい点としては、史上これほど世界がインフルエンザ対策をとっていることはこれまでにありませんでした。H5N1の研究から利益を得ています。

パンデミックの可能性について、研究を続けてきました
各国が研究を続けて下さることに感謝しています。

影響を受けた国が続けている対策に感銘を受けています。

アメリカ・カナダのメキシコへの援助に感謝しています。

今回のインフルエンザウイルスは解明されていない。
新しい疾病はその定義上、あまり理解されていません。インフルエンザウイルスはその突然の変異とインフルエンザウイルスは急速な変化と予測の付かない動きで知られています。
すべての答えを迅速に得られるようにします。

生物学的臨床学的研究に基づき、パンデミックに備えた計画を実行に移すべきです。インフルエンザのような疾病について、知らせるべきです。今の段階でなすべきことは、警戒を強化し、早期発見、早期治療、すべての保健施設における感染の抑制です。こうした情報を国民に知らせるべきです。

高い警戒水準です。

政府、保健省などその他の省庁が一斉に行動を起こさなければなりません。緊急性をもって。

世界銀行などに資金を求めます。

抗インフルエンザ薬を製造している企業は増産できるような体制を。

ワクチンについては、パンデミックワクチンの開発を求めます。

パンデミックがどのくらい深刻なものになるかということです。
いまはまだ初期段階にあるからです。

この臨床学的な病は軽い症状から重い症状までさまざまです。
その進化を見て、具体的な状況を把握するつもりです。

これまでの経験から、インフルエンザは豊かな社会では軽い症状ですむことがわかっています。開発途上国では症状が重いことがわかっています。

対応と準備と強化するための契機を見る手段とすべきです。
すべての人類に利益をもたらすようにします。
脅威にさらされているのは、人類のすべて。
すべての答えはいまはありません。
われわれはその答えをえます。パートナーの協力を得て、その答えを得るつもりです。

記者会見続き。NHKは一部で打ち切っているので途中だけ。


(チャン事務局長)今回のH1N1型ウイルスに対するワクチンはまだありません。
タミフルとリレンザは有効であることが分かっています。

製薬会社に質問しています。どのくらいが入手可能か、手ごろな価格で入手できるのか、と。それによって開発途上国に配布するつもりです。

(タミフルを製造している)ロッシュのおかげで、500万人分が提供されました。一部はすでに提供しました。H1N1の感染が報告されている国にです。
350万人分程度が残っていると思われます。

この備蓄が必要な国に提供しますが、これでは不十分なのはわかっています。

また、企業の支援を得て、タミフルを必要とする国に提供しようと思っています。

(BBCの質問)
WHOはパニックを引き起こしたくないと思っているようですが?

(チャン事務局長)そのままを説明しなくてはなりません。パンデミックは新しいウイルスが引き起こしていますので、常に変化しています。
真剣に受け止めなければならないと思います。ウイルスを追及していきます。

われわれも不安を抱いています。地域社会も不安を抱いています。(この後中継切れる)

(追記 12:05)
WHOの発表した声明全文。


Statement by WHO Director-General, Dr Margaret Chan
29 April 2009

Based on assessment of all available information, and following several expert consultations, I have decided to raise the current level of influenza pandemic alert from phase 4 to phase 5.


Influenza pandemics must be taken seriously precisely because of their capacity to spread rapidly to every country in the world.

On the positive side, the world is better prepared for an influenza pandemic than at any time in history.

Preparedness measures undertaken because of the threat from H5N1 avian influenza were an investment, and we are now benefitting from this investment.

For the first time in history, we can track the evolution of a pandemic in real-time.

I thank countries who are making the results of their investigations publicly available. This helps us understand the disease.

I am impressed by the work being done by affected countries as they deal with the current outbreaks.

I also want to thank the governments of the USA and Canada for their support to WHO, and to Mexico.

Let me remind you. New diseases are, by definition, poorly understood. Influenza viruses are notorious for their rapid mutation and unpredictable behaviour.

WHO and health authorities in affected countries will not have all the answers immediately, but we will get them.

WHO will be tracking the pandemic at the epidemiological, clinical, and virological levels.

The results of these ongoing assessments will be issued as public health advice, and made publicly available.

All countries should immediately activate their pandemic preparedness plans. Countries should remain on high alert for unusual outbreaks of influenza-like illness and severe pneumonia.

At this stage, effective and essential measures include heightened surveillance, early detection and treatment of cases, and infection control in all health facilities.

This change to a higher phase of alert is a signal to governments, to ministries of health and other ministries, to the pharmaceutical industry and the business community that certain actions should now be undertaken with increased urgency, and at an accelerated pace.

I have reached out to donor countries, to UNITAID, to the GAVI Alliance, the World Bank and others to mobilize resources.

I have reached out to companies manufacturing antiviral drugs to assess capacity and all options for ramping up production.

I have also reached out to influenza vaccine manufacturers that can contribute to the production of a pandemic vaccine.

The biggest question, right now, is this: how severe will the pandemic be, especially now at the start?

It is possible that the full clinical spectrum of this disease goes from mild illness to severe disease. We need to continue to monitor the evolution of the situation to get the specific information and data we need to answer this question.

From past experience, we also know that influenza may cause mild disease in affluent countries, but more severe disease, with higher mortality, in developing countries.

No matter what the situation is, the international community should treat this as a window of opportunity to ramp up preparedness and response.

Above all, this is an opportunity for global solidarity as we look for responses and solutions that benefit all countries, all of humanity. After all, it really is all of humanity that is under threat during a pandemic.

As I have said, we do not have all the answers right now, but we will get them.

(追記おわり)

めざましテレビによると、舛添厚労相が7時から会見の予定とのこと。(5:37 )

|

« 豚インフルエンザ メキシコ国外で初の死者 米・テキサス州で1歳11カ月の乳児が死亡(速報) | トップページ | 鬼の霍乱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44840692

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザ WHO新型インフルエンザへの警戒レベルをフェーズ5に引き上げ WHOチャン事務局長が発表(速報)→追記あり→舛添厚労相が7時から記者会見予定(速報):

« 豚インフルエンザ メキシコ国外で初の死者 米・テキサス州で1歳11カ月の乳児が死亡(速報) | トップページ | 鬼の霍乱 »