« 豚インフルエンザ 香港を訪れていたメキシコ人一人が新型インフルエンザの感染確認 アジア初の感染確認例(速報) | トップページ | 老境にある司修の装幀とCG あるいは安部公房の晩年 »

2009-05-02

マスコミ人の病理 モンスターカスタマーを正当化 夜中に態度の悪い店員のいたコンビニで店長に小1時間説教を週3回

レスを見る限り
 こういうマスコミ人は各社に存在する
らしい。
新聞記者辞めたやつらの転職活動・21面目スレッドより。


525 :名無しさん@引く手あまた:2009/04/30(木) 01:32:01 ID:RPHpOIqV0
なあ、ここ、内勤の奴いる?
俺は支局で脳がクロックアップしてしまったみたいで、
内勤に来てからは精神的に常にオーバーヒート寸前で走ってる。
ていうかオーバーヒートが日常なので、仕事後はアルコールで 減速している。てゆうか、そうしないと寝れない
ただ、普段困るのは買い物の時なんだよね。最近、コンビニとかスーパーとか態度の悪い店員とか多いじゃんかよ。
こっちも精神的にクロックアップしてるから、「何だテメエその言い草はよ!?」 ってことになって、夜中に店長を呼び出して小一時間の説教タイムに なることが、先週だけで3回あった。もちろん、こっちに分のある時しか怒鳴らないし、手は絶対出さない。ただ、(転びナントカみたいに)向こうがこっちをハメにかかるかも、ってビビることは常にある。
後で冷静になると、「相手は年収が自分の1/5。仕事の水準を求めて怒鳴るのは間違っている」と思えるんだけどさ。
正直、もう一般店舗を利用せず、amazonと楽天だけで兵站を賄うべきなのかもしれんな、と少し思ったりもする。

つっこみどころが多すぎて、トンでもない書き込みなのだが、続くレスがまた凄い。


526 :名無しさん@引く手あまた:2009/04/30(木) 02:13:10 ID:YBppGCjdO
まあ給料減ったとはいえ、30代で年収1200万貰ってる勝ち組なんだからさ。
金持ち喧嘩せずの心持ちでいこうぜ。

531 :名無しさん@引く手あまた:2009/04/30(木) 15:04:29 ID:JPlkDDkxO
>>525
気持ちすごくよく分かるけど、その症状は何年か続くと思う。
仕事と酒以外に没頭できるものを作った方が良さそう。

自分もやたらと周りにクレーム付けてたことがあったけど
人格も人生もどんどん歪んでいってることに気付いて…。

日本のどこかで
 4/19-25の週に、夜中、新聞記者に恫喝されたコンビニ店長
はいませんか? 
これって、週に3回も繰り返すようならりっぱな
 威力業務妨害
になるんじゃないの? 被害に遭っているコンビニは、ビデオテープをもって、法務と相談してみてはどうですかね? それとも
 マスコミと喧嘩すると吊し上げられるから、泣き寝入り
してるってことかな?

しかし、他の利用客はたまりませんな。もし、見掛けたら、携帯で動画撮影して、YouTubeなどにアップされても文句は言えないだろうな、この手の勘違いしたマスコミ人。

ま、これだけ
 薄給激務のコンビニ店員を上から目線でバカにしまくった上

 夜中のコンビニでイチャモン
をつけ、散々脅かした末に、一方、紙面では
 ワーキングプア
とか書いてるんだから、信用できないよね、マスコミって。

自分より貧乏な人間に怒鳴り散らすのが良くない、と思うなら
 大学病院や公立病院の勤務医に怒鳴り散らす
のも止めてね。

|

« 豚インフルエンザ 香港を訪れていたメキシコ人一人が新型インフルエンザの感染確認 アジア初の感染確認例(速報) | トップページ | 老境にある司修の装幀とCG あるいは安部公房の晩年 »

コメント

はげどう。
>態度の悪い店員とか多いじゃんかよ。
普通は教育がバイトの教育ができてないコンビニなんだろうなって心の中で思ってお終い。
態度が耐えがたいほど酷ければ、コンビニに行かなくなるだけ。3日も怒鳴るだなんて、営業妨害ですよ。
それで体調でも崩したら傷害です。

投稿: ss | 2010-04-07 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/44870933

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ人の病理 モンスターカスタマーを正当化 夜中に態度の悪い店員のいたコンビニで店長に小1時間説教を週3回:

« 豚インフルエンザ 香港を訪れていたメキシコ人一人が新型インフルエンザの感染確認 アジア初の感染確認例(速報) | トップページ | 老境にある司修の装幀とCG あるいは安部公房の晩年 »