« 朝日新聞とNHK奈良局 宗教冒涜悪のりイベント「せんとくんデート」だけ報じて同じ会場で重傷者が出る事故があったのをスルー | トップページ | 豚インフルエンザ 国内でヒト→ヒト感染の段階が近い 製薬会社など関係する企業は大変だ »

2009-05-16

豚インフルエンザ 神戸市の高校で渡航歴のない生徒3人が感染疑い→神戸市東部の第一学区で一部学校の休校および「神戸まつり」の今日の当該区の行事・明日の「おまつりパレード」中止

もし、検疫をすり抜けた新型インフルエンザ感染者が二次感染を起こして、
 国内でヒト→ヒト感染
が起こるとしたら今週中、と危ぶまれていたが、神戸の高校で渡航歴のない3人の生徒に感染の疑いが出た。この高校では、ほかにも体調不良を訴えている生徒がいるという。
朝日より。画像は拾い物。


新型インフル陽性3人に 同じ高校の10人以上体調不良

2009年5月16日10時35分

Kb1

 神戸市は16日、市内の高校生3人が同市環境保健研究所による遺伝子検査で新型の豚インフルエンザに陽性反応を示したと発表した。神戸市は高校生3人の検体を国立感染症研究所(東京)に送っており、同研究所が詳しく調べる。一部の結果は16日午後にも判明する見通し。3人とも、海外渡航歴はなく、国内で人から人へ感染が広がっている疑いがある。感染が確認されれば、空港の検疫をすり抜けた国内初の例になる。

 この高校ではほかにも10人以上が体調不良を訴えており、校内で感染が広がっていないか、神戸市が調べている。

 新型の豚インフルエンザの陽性反応が出たのは、市内の同じ高校に通う3年生男子(17)、2年生の男子(16)、2年生の女子(16)

 最初に発覚した3年生男子生徒は11日に悪寒を訴え、12日に37.4度の発熱で市内の診療所を受診し、簡易検査でインフルエンザと判明。15日に同市環境保健研究所がウイルスの遺伝子を調べるPCR検査をしたところ、新型の豚インフルエンザの陽性反応が出た。

 男子生徒は12日に学校を早退。治療薬のリレンザの処方を受け自宅療養していたが、16日、感染の広がりを抑えるために市内の指定病院に入院した。現在の容体は安定しているという。

 二人目の2年生男子は15日に発熱し、市内の別の診療所を受診し、簡易検査でインフルエンザと判明。夕方には39.7度の熱が出て、リレンザで治療している。16日未明に市内の指定病院に入院し、同日朝、遺伝子検査で新型インフルエンザの陽性反応が出た。

 2年生女子は12日に発熱。3年生男子と同じ診療所を受診、簡易検査をしたところインフルエンザと判明し、16日未明に市内の指定病院に入院した。16日朝の遺伝子検査で、新型のインフルエンザの陽性反応が出た。現在は熱も下がり、ほぼ回復しているという。

 神戸市は家族などから、3人の行動や接触者らの調査を始めた。いずれも海外渡航歴はなく、家族などには発熱症状などはみられないという。陽性反応が出た3人のほかに同じ高校に通う17人の生徒が体調不良を訴えており、一部は薬で治療を受けている。神戸市では順次、感染していないか検査する予定。

 3人の感染が確認されれば、政府の対策本部は行動計画に基づいて、水際での食い止め重視から、地域での感染拡大防止を主眼にした新たな段階に移るかを検討する。

 国の新型インフルエンザ行動計画は段階に応じてとるべき対策を整理している。国内で患者が確認されれば、これまでの「第1段階(海外発生期)」から、「第2段階(国内発生早期)」に上がる。

 第2段階は、国内で感染の広がりをできるかぎり抑えることが最大の目的となる。

今回の新型インフルエンザは
 感染しても症状が出にくい場合がある
と言われている。海外から帰国した際には、症状がなく、検疫をすり抜けた中に感染者がいれば、感染源になる。その上に、このところ気温の変化が激しく、体調を崩しているヒトは少なくない。こうした状況で感染が拡がっている可能性は否めない。もし、新型インフルエンザに感染していることが確定すれば、もう
 水際防疫の段階は過ぎた
ことになる。

ところで、昨日から神戸は
 神戸まつり
が始まっていたのだが、今回の事態を受けて、
 感染疑いのある生徒が在籍する学区の一部学校の休校と今日の区の「神戸まつり」の行事および明日の「おまつりパレード」が中止
になった。
朝日より。


神戸市東灘・灘・中央区・芦屋市の一部学校 7日間休校

2009年5月16日9時41分

 神戸市の男子高校生が新型インフルエンザに感染した疑いがある問題で、同市は16日、第1学区(東灘区・灘区・中央区・芦屋市)にある市立の幼稚園、小中学校、高校を同日から22日までの7日間休校とし、同学区の修学旅行についても延期を決めた。市立の保育所、高齢者施設、障害者施設も休所とする。さらに、県などに対して同学区内の県立高、私立高、大学も休校にするよう要請した。

 また、同市内で15日に始まった「第39回神戸まつり」については、16日の東灘・灘・中央3区の催しを中止とし、17日のメーン行事「おまつりパレード」は全面中止とした。

 市は市民に対し「不要不急の外出を自粛してほしい」と呼びかけている。

神戸まつり直撃だもんなあ。神戸新聞より。


新型インフル疑い 神戸まつりのパレード中止

 神戸市東部の公立高校の生徒三人が、新型インフルエンザに感染している疑いが出たことを受け、同市は十六日に開催を予定していた「第三十九回神戸まつり」の区まつりのうち、東灘、灘、中央区のまつりを中止することを決めた。
 十七日に中央区のフラワーロードを舞台にサンバチームなど八十団体(六千七百五十二人)が参加する恒例の「おまつりパレード」や、ステージイベントなどのメーンフェスティバルも「大勢の人が集まり感染者がいれば拡大の恐れもある」として、中止を決めた。
(以下略)

(5/16 11:14)

感染防止の観点から、明日の行事の全面中止を決めた神戸市の判断は妥当だ。

神戸東部と言っても、公共交通機関はあちこちへ行くわけで、兵庫県内はもちろん、大阪府・京都府・奈良県までは通勤・通学が可能な範囲である。
神戸新聞より。


乗客増、沿線に恩恵 阪神なんば線開通2カ月

 3月の阪神なんば線(尼崎-大阪難波)の開通から約2カ月。近鉄との相互直通運転で神戸・三宮-大阪難波-奈良間を乗り換えなしで結ぶ便利さが観光、行楽を中心に新たな需要を掘り起こし、順調な滑り出しとなった。神戸、奈良ではホテルの宿泊客が増えるなど開通効果に沸く一方、電車の遅れが目立つなど課題も浮上している。
 「こんな伸びは記憶にない」。大型連休が明けた七日、阪神電鉄の広報担当者は、連休中の利用実績に驚きを隠さなかった。四月二十九日-五月六日の定期外利用客は前年比25%増。関西の私鉄各社の中でも飛び抜けており、阪神なんば線の開通効果を実感させた。
 近鉄も「効果は想定以上」と喜ぶ。同社が主要駅を対象に開通後一カ月間の定期外の降車客数を調べると、大阪難波駅で前年同期比28・5%、近鉄奈良駅で同11・1%も増えた。
 ただ、安定収入が見込める定期客は利用者全体の三割程度。阪神電鉄幹部は「まだまだ発展途上。地道に企業回りを続けたい」と話す。
(以下略)
(5/16 11:00)

3月に阪神なんば線が開通して、阪神と近鉄が繋がり、いままでは不便だった神戸〜奈良間は、お互いに行き来しやすくなった。

今のところ、新型インフルエンザ感染は確定してはいないけど、
 次の段階
に備える時期だ。

|

« 朝日新聞とNHK奈良局 宗教冒涜悪のりイベント「せんとくんデート」だけ報じて同じ会場で重傷者が出る事故があったのをスルー | トップページ | 豚インフルエンザ 国内でヒト→ヒト感染の段階が近い 製薬会社など関係する企業は大変だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45027563

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザ 神戸市の高校で渡航歴のない生徒3人が感染疑い→神戸市東部の第一学区で一部学校の休校および「神戸まつり」の今日の当該区の行事・明日の「おまつりパレード」中止:

« 朝日新聞とNHK奈良局 宗教冒涜悪のりイベント「せんとくんデート」だけ報じて同じ会場で重傷者が出る事故があったのをスルー | トップページ | 豚インフルエンザ 国内でヒト→ヒト感染の段階が近い 製薬会社など関係する企業は大変だ »