« 死神は待ってくれない 墜落したエールフランス機に乗り遅れて命拾いした女性が別便で帰国、帰宅途中夫の居眠り運転で事故死 | トップページ | 豚インフルエンザ 梅雨に入っても、ちっとも下火にならない新型インフルエンザ 奈良でも渡航歴のない20代女性が感染確認@6/16 東海では大学で渡航歴のない学生間で集団感染の疑い »

2009-06-14

環境が違うと仕事がしにくい

普段持ち歩いて使っているMacBookの調子が悪いので、Apple Careの窓口に電話してpickupしてもらった。友達に聞くと
 まあ3日で帰ってくるかな〜
というのだが、口さがない友人は
 壊れて返ってくる
などと脅す。
症状は
・熱暴走
・DVDから異音
・キーボード面外周のプラスチック筐体の割れ
で、友達に言わせると
 それは仕様
とのこと。熱暴走まで仕様だと困るんだけど。で
 筐体の割れ
というのは、実にいやらしく進行していて、これまではメンディングテープを貼って凌いでいた。

熱暴走の方は
 根本的な解決なしで戻ってくるんじゃないの?
と言われてしまい、ドキドキ。クーラーが効いてないみたいなんだけどね。

で、しょうがなしに、Let's Noteくんに頑張ってもらわなくてはいけないのだが、問題は
 SafariのwebarchiveファイルはWindowsにはそのまま渡せない
ってことだな。Jeditでrtfdファイルに変換して渡すと、これまたいろんなことが起きる。もう、ストレスかかりまくり。
PowerPointも今Macで使っているバージョンより低いバージョンで保存して渡して、様子を見ている。フォントはしょうがないにしても、その他の部分はきちんと動いてもらいたいのだが。
このLet's NoteであんまりPowerPoint動かしたことないから、もしもの時の用心に、ファイルをUSBメモリに落として持っていきましょうかね。

キーアサインが違うのは、まだしも、Macのシームレスな環境に慣れきってしまっているからなあ。
Macのいいところは、直感的にできることで、これも人によって向き不向きがあるだろう。

|

« 死神は待ってくれない 墜落したエールフランス機に乗り遅れて命拾いした女性が別便で帰国、帰宅途中夫の居眠り運転で事故死 | トップページ | 豚インフルエンザ 梅雨に入っても、ちっとも下火にならない新型インフルエンザ 奈良でも渡航歴のない20代女性が感染確認@6/16 東海では大学で渡航歴のない学生間で集団感染の疑い »

コメント

MacとWINと同じ環境にするのって難しいですよね。微妙に違うんですよね。あるものや機能が。
結局なれているほうを使ってしまう。

投稿: ゆぶたん | 2009-06-16 11:16

こちらの MacBook黒も調子が悪くなりました。
10.5.6から 10.5.7にアップデートして、より不安定になりました。

私の勘では Mac OS X 10.5の潜在的なスリープのバグで、
スリープさせずにシャットダウンすると問題なくなります。
一度お試しください。

投稿: ASL | 2009-06-18 08:40

それだったらプリント機能でPDF化の方が良いですよ。
Webアーカイブ機能は僕も使っていたんですが、表示が遅かったりバナーが2重になったりであまり心地のいいものでもありませんから。。。
PDF化してもURLリンクは生きてますし、LinuxやWindowsとの混在環境では本当に便利です。

投稿: くろ | 2009-06-18 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45337043

この記事へのトラックバック一覧です: 環境が違うと仕事がしにくい:

« 死神は待ってくれない 墜落したエールフランス機に乗り遅れて命拾いした女性が別便で帰国、帰宅途中夫の居眠り運転で事故死 | トップページ | 豚インフルエンザ 梅雨に入っても、ちっとも下火にならない新型インフルエンザ 奈良でも渡航歴のない20代女性が感染確認@6/16 東海では大学で渡航歴のない学生間で集団感染の疑い »