« 四条 琢磨本店@7/4(その3) | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その5)鱧しゃぶ »

2009-07-07

四条 琢磨本店@7/4(その4)

ふと見ると、大将が活けの鮎に踊り串を打っている。

大将が鮎に尺塩を振る手さばきを見ると、いつも感心してしまう。

踊り串を打たれて焼かれる鮎。
097412

蓼酢を添えて。鮎の塩焼き。
097413
大将に
 頭から行ける?
と聞くと大丈夫だとの返事なので、蓼酢を付けて遠慮なく頭から鮎に食らいつく。
上品な味は夏の鮎の楽しみだ。
添えは酢蓮と蛇腹胡瓜に梅肉。蛇腹胡瓜は甘酢に浸してある。

去年までは竹筒で塩竃焼きにした鮎だった。

鮑の油焼き肝ソース掛け。
097414
夏は鮑のおいしい時期でもある。
鮑の身の他に、野菜が忍ばせてある。
肝ソースが余ったので、お願いしたら、フランスパンの薄切りが出てきた。すっかり拭って頂く。

|

« 四条 琢磨本店@7/4(その3) | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その5)鱧しゃぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45562941

この記事へのトラックバック一覧です: 四条 琢磨本店@7/4(その4):

« 四条 琢磨本店@7/4(その3) | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その5)鱧しゃぶ »