« パパさまにお目通り@麻生総理 | トップページ | 豚インフルエンザ 豚が見あたらないアフガニスタンの米軍基地で新型インフルエンザ感染者 »

2009-07-09

豚インフルエンザ 今度は季節性インフルエンザAソ連型と豚インフルエンザH3N2型が混合か@カナダ

ウイルスがいろんなミックスをして変異していく好例。
朝日より。


季節性と豚混合 カナダで「新タイプ」インフル発見

2009年7月9日1時10分

 現在流行している新型の豚インフルエンザとは異なるタイプのウイルスが、カナダの養豚場で働く2人から見つかった。カナダ政府によれば、季節性インフルのワクチンを接種した人には何らかの免疫があり、危険性は低いと考えられるという。ロイター通信などが伝えた。

 ウイルスの遺伝子は、通常の季節性インフル(Aソ連型H1N1)と、ふだん豚が感染する豚インフル(H3N2)が混ざっていたという。一部報道ではウイルスはH1N1タイプとされるが、新型インフル(H1N1)とは違う。感染者2人の症状は軽く、すでに回復している。このタイプが豚や人で流行している証拠は見つかっていない。

 新型インフルの流行に伴いカナダなど各国で人や豚のインフルのウイルス調査が続いている。豚と人のインフルが混じることはあるが、これまでは調査が少なく報告されることはまれだったという。(小堀龍之)

ロイターの元記事はたぶんこれ。
Yet another new flu virus emerges in Canada Wed Jul 8, 2009 1:44am EDT

他への拡大の徴候はないそうだけど、このニュースが伝えることは
 世界中の豚・鳥・人が接触する場でこうした「インフルエンザウイルスミックスと変異」が日常的に起こっている
って事実。
問題は
 人には感染しにくいが致死率が高いH5N1に感染している豚が多数いると分かっているインドネシアなどで症状は比較的軽いが人に感染しやすいH1N1とのミックスが起きたらどうなるか
ということ。H5N1の故郷の1つではないかと疑われている中国でも人へのH1N1の感染は進んでいる。

インドネシアでの豚へのH5N1感染については以下に。
 2009-04-29 忍び寄る鳥インフルエンザ インドネシアで豚がH5N1型鳥インフルエンザに感染している例が多数見つかる 1株は人間への感染力を一部獲得
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/04/h5n1-1-b42b.html

|

« パパさまにお目通り@麻生総理 | トップページ | 豚インフルエンザ 豚が見あたらないアフガニスタンの米軍基地で新型インフルエンザ感染者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45579784

この記事へのトラックバック一覧です: 豚インフルエンザ 今度は季節性インフルエンザAソ連型と豚インフルエンザH3N2型が混合か@カナダ:

« パパさまにお目通り@麻生総理 | トップページ | 豚インフルエンザ 豚が見あたらないアフガニスタンの米軍基地で新型インフルエンザ感染者 »