« マイケル・ジャクソンを待っていた頃 | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その1) »

2009-07-07

桃と文旦のスムージー

土曜日の宴会でuiroさんから庭で取れたという桃と文旦を頂いた。
桃はかわいらしい大きさで、中央アジアに調査に行ったとき、毎食時テーブルに盛られていた桃を思い出した。ただし、中央アジアの桃は堅く酸っぱい。

そのまま食べてもいいけど、スムージーにしてみた。
Mzs
 桃は1個半。(庭の桃で農薬もかかってないらしく、1個に小さい虫がいた。虫が食う桃というのは、それだけ甘いということだから味は保障されたようなモノだ。庭の林檎もだいたいおいしい実には虫が付く)
 文旦は半分。(かなり甘い)
 牛乳100cc
 氷適量
 あとは北海道産の甜菜オリゴ糖で甘味を補う。
以上を大きめの容器に入れて、マルチブレンダーをジューサーの歯にしてしばらく攪拌。あっという間にスムージーのできあがり。
さっぱりした夏らしいスムージーになった。
uiroさん、どうもありがとう!

粘りが欲しければ、桃を凍らすとか、ヨーグルトを入れるとかいろいろ手はある。
ただ、果物を凍らせて作るスムージーを一夏毎朝作って飲んでいたら、すっかり内臓を冷やしてしまって、回復するのに骨が折れたことがある。夏場は内臓が弱りやすい時期だから、その辺りは注意しないとなあ。

|

« マイケル・ジャクソンを待っていた頃 | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45562629

この記事へのトラックバック一覧です: 桃と文旦のスムージー:

« マイケル・ジャクソンを待っていた頃 | トップページ | 四条 琢磨本店@7/4(その1) »