« コピーとスキャン | トップページ | 脱力ヒーロー「サーモンライダー・ルイベ」 »

2009-08-23

Lester K. LITTLE ed. "Plague and the End of Antiquity: The Pandemic of 541–750" New York, Cambridge University Press, 2008

古代ヨーロッパに終焉をもたらし、中世を招いたとされる
 ユスティニアヌスのペスト
に関する論文集。

一昨日届いた。
これから読む。

国際シンポや共同研究の論文報告というと
 雑多な寄せ集め
という感が強いのが、日本の場合だけど、本書は企画から出版までじっくり時間を掛けており、
 共同研究成果報告のすばらしいサンプル
だ。このレベルの論文集が日本で今後出ることはあるのかなあ。

まだちらちら眺めているだけだけど、それだけでも十分面白い。

|

« コピーとスキャン | トップページ | 脱力ヒーロー「サーモンライダー・ルイベ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46005608

この記事へのトラックバック一覧です: Lester K. LITTLE ed. "Plague and the End of Antiquity: The Pandemic of 541–750" New York, Cambridge University Press, 2008:

« コピーとスキャン | トップページ | 脱力ヒーロー「サーモンライダー・ルイベ」 »