« 行方不明の酒井法子に逮捕状(その2)デスブログ絶好調 | トップページ | 行方不明の酒井法子に逮捕状(その3)自宅から見つかった吸引器具に付着したDNAが酒井法子と一致 »

2009-08-07

江沢民、北京の病院は信用できず 上海華東医院に入院か

香港情報を時事が配信。


江沢民氏、入院か=香港誌
8月7日19時33分配信 時事通信
 【香港時事】香港誌・開放8月号は、中国の江沢民前国家主席(82)が心臓病のため入院したと報じた。
 江氏はかつて中央軍事委員会主席も務めたが、同誌は「(軍が運営する)北京の301医院を江氏は信用しておらず、上海華東医院に入院した」としている。
 江氏は既に第一線を退いているものの、香港メディアなどでは、いまだに隠然たる政治的影響力を持つとみられている。 

いろんな意味で興味深い記事ですね。
ポイントは
 北京301医院を信用してない
って辺りか。

|

« 行方不明の酒井法子に逮捕状(その2)デスブログ絶好調 | トップページ | 行方不明の酒井法子に逮捕状(その3)自宅から見つかった吸引器具に付着したDNAが酒井法子と一致 »

コメント

北京にはこういう「上司の意を汲んで行動する」人が居るんでしょうねぇ
(実際は感情に任せることなく黙々と「仕事」をするでしょうけど)

http://www.youtube.com/watch?v=C1JqkikIGvM&feature=related

投稿: good job | 2009-08-08 08:59

いややっぱり死ぬなら上海で。

ということですか。

投稿: SY1698 | 2009-08-08 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/45862648

この記事へのトラックバック一覧です: 江沢民、北京の病院は信用できず 上海華東医院に入院か:

« 行方不明の酒井法子に逮捕状(その2)デスブログ絶好調 | トップページ | 行方不明の酒井法子に逮捕状(その3)自宅から見つかった吸引器具に付着したDNAが酒井法子と一致 »