« バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す | トップページ | 大臣の椅子というエサ(その2)無任所大臣はイヤン 福島瑞穂「役所があって、きちっと腕を振るえるようなところがいい」 »

2009-09-10

「マスコミたらい回し」とは?(その147) 豚インフルエンザ 大阪で基礎疾患のない45歳男性が新型インフルエンザに感染後死亡 死因は不明→朝日が新型インフルエンザ流行を報道する気がない件

亡くなられた男性に合掌。

昨夜、第一報が流れたが、どうもよくわからない。
三大紙では読売と毎日が昨夜報じた。


新型インフル、大阪の45歳男性死亡…国内12人目

 大阪府は9日、新型インフルエンザに感染していた同府四條畷市の男性(45)が死亡したと発表した。
 死因は不明。感染者の死亡は疑い例も含めて国内12人目で、府内では初。慢性疾患や既往症がなくて死亡した国内初のケースとなるが、府は「症状はいったん治まっており、新型インフルエンザが死因とは考えにくい」としている。
 府によると、男性は7日、微熱が続いたため診療を受け、簡易検査でA型インフルエンザと診断された。タミフルの投与で熱は治まったが、9日午前、男性が自宅で倒れているのを家族が発見した。男性は搬送先の病院で死亡。その後、遺伝子検査(PCR検査)で、新型インフルエンザの感染がわかった。

(2009年9月9日23時02分 読売新聞)

毎日もほぼ同時。
 新型インフル:大阪の45歳男性会社員が死亡 12例目 毎日新聞 2009年9月9日 23時03分(最終更新 9月9日 23時10分)
 
まとめると
1. 9日午前、基礎疾患のない45歳男性が自宅で倒れて死亡
2. 7日に微熱が続いていたため病院へ。A型インフルエンザとわかり、タミフル投与。
3. タミフル投与で熱は収まる。
4. 死後、PCR検査で、新型インフルエンザ感染とわかる
5. 死因は不明
ってことだけど、
 微熱が続いていた
というのが問題。もし、インフルエンザだとすれば
 ウイルス増殖を抑える薬であるタミフルは発症後48時間以内の投与は有効だが、それを過ぎると、効果がない
とのことだから、
 発症後48時間以内というタイムリミットは過ぎていた恐れ
がある。

今回の新型インフルエンザに関しては
 基礎疾患のない20〜50代までの健康な人が重症化して亡くなる
と言われているのだが、今回の45歳男性がその例になるのかも分からない。

ところで、このニュース、共同の配信が21時台。
 大阪で新型インフル12人目死者 基礎疾患なく死因不明 2009/09/09 21:48 【共同通信】

天下の朝日は
 まるでやる気がない
模様。web配信は先ほどである。


新型インフル、持病ない45歳男性死亡 大阪

2009年9月10日10時13分

 新型インフルエンザに感染した大阪府四條畷(しじょうなわて)市の会社員の男性(45)が9日正午過ぎ、死亡した。大阪府が発表した。新型インフルに感染した、または感染が疑われる患者の死亡は全国で12人目。男性の持病は確認されていない。厚生労働省によると、インフル以外の病気が確認されていない人が死亡したのは初めてという。

 府によると、男性は5日に37.3度の発熱があり、7日にも37.2度の熱があったため、近くの診療所で受診。簡易検査でA型陽性と判定され、タミフルを服用した。8日には平熱に戻った。9日も平熱で、妻が午前8時半ごろ外出し、同11時過ぎに帰宅したところ、自宅の居間で意識不明の状態で倒れていた。

 搬送先の病院で死亡が確認され、府立公衆衛生研究所で遺伝子検査をしたところ、新型への感染が確認された。家族が解剖に同意しておらず、死因はわからず、新型インフルと死亡との因果関係も不明。家族は保健所の聞き取りに対し、男性に持病はないと話したという。

 ウイルスが強毒型へ変異した可能性について、府地域保健感染症課は「症状が軽く、低いのではないか」としている。

共同配信から12時間以上経ってる割には、大した中身ではない。

さすが
 甲子園の全国高校野球大会のつつがない運営を優先するために、新型インフルエンザの夏の感染拡大を「過小報道」していた朝日新聞
である。おかげさまで
 インフルエンザが流行しないはずの8月に感染が拡大
したのに気がついたときには、後の祭りだった。
 甲子園の高校野球が全国に新型インフルエンザをばらまく触媒の一つ
になったことは疑いない事実だからな。

新型インフルエンザの報道に関しては、
 読売>毎日>>>>朝日
って印象だ。読売は、割に早くから
 新型インフルエンザ
をトピックとして、記事を検索しやすくしていた。

|

« バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す | トップページ | 大臣の椅子というエサ(その2)無任所大臣はイヤン 福島瑞穂「役所があって、きちっと腕を振るえるようなところがいい」 »

コメント

マスコミ各社はウイルス感染の危険性を煽るよりも、適切な予防措置・治療行動をするように広報した方が良いと思います。基礎的なデータは、Webで厚生労働省や国立感染症研究所、日本感染症学会やflu.govから十分な質・量が得られます。マスコミ報道は視聴者に対しては全く役に立ちません。テレビと専門機関のWebでは情報量や密度、信頼性が違いすぎます。比較されては如何でしょう?
9/8での新型インフルエンザでの入院患者の累計は733名、うち10名の死亡です。重症例の1.5%が死亡とすると普通の感染症とそう変わらないと思いますが。

投稿: だめ医者 | 2009-09-10 12:49

>家族が解剖に同意しておらず、死因はわからず、新型インフルと死亡との因果関係も不明

死亡原因不明のときは、死亡診断書でなく死体検案書となります。
今回の死亡は、新型インフルエンザの追跡調査が重要なときですから、死体検案書で警察は、遺族が同意しようがしまいが、行政解剖で死因を特定すべきでしたね。(もっとも解剖しても原因不明のこともありますが)

投稿: nom de plume | 2009-09-10 13:43

この記事を「新型インフルエンザで12人目の死亡」と報道するのは?です。ここまでに現れている事実だけからすると、インフルエンザが重症化しておなくなりになったとは言えないからです。いわゆる海外で報道されている基礎疾患のない患者が重症化したものとはまったく異なっていると思います。この症例は家族の拒否で解剖ができていませんが、それ以外の方法も含めた死亡時の医学的検索がまったくなされていないことをもっと問題視するべきでしょう。

投稿: Toshikun | 2009-09-10 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46171512

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは?(その147) 豚インフルエンザ 大阪で基礎疾患のない45歳男性が新型インフルエンザに感染後死亡 死因は不明→朝日が新型インフルエンザ流行を報道する気がない件:

« バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す | トップページ | 大臣の椅子というエサ(その2)無任所大臣はイヤン 福島瑞穂「役所があって、きちっと腕を振るえるようなところがいい」 »