« 中国の視覚障碍者用データベースには古典が満載 | トップページ | 大臣の椅子というエサ→民主・社民・国民新党連立政権樹立で合意 »

2009-09-09

自民党総裁選 中川秀直の往生際

まだ、撤退してなかったって方がビックリだ。NHKより。


中川氏 自民総裁選立候補せず

9月8日 23時50分
自民党の中川元幹事長は8日夜、記者団に対し、麻生総理大臣の後任を決める総裁選挙について、「小選挙区で当選したことなどが絶対条件で、わたしは当てはまらない」と述べ、みずからは立候補しない意向を明らかにしました。
この中で、中川元幹事長は「麻生総理大臣の後任は、『自民党に立ち直ってほしい』という世論に応え、解党的な出直しができる人でなければならない。派閥を解消し、世代交代の先頭に立つことができ、小選挙区で当選したという、3つの点が絶対条件だ」と述べました。そのうえで、中川氏は「わたし自身は、条件に当てはまらないと思っており、むしろ後押しをする役割として、来年の参議院選挙で勝ち抜くことができるよう微力を尽くしたい」と述べ、みずからは総裁選挙に立候補しない意向を明らかにしました。また、中川氏は「派閥は完全に時代の役割を終えており、一切なくしていくべきで、わたしも今後つくるつもりはない。今回の総裁選挙も、長老のあっせんや、派閥でまとめるなどということは、一切あってはならない」と述べました。

そもそも、
 中川秀直に自民党総裁の目は最初からない
わけで、
 単なるマスコミ用の「騒動」
を引き起こして見せただけである。一応、
 総裁選に出る、と言えば、カメラはついてくる
からな。

で、中川秀直が
 小選挙区敗北、比例区復活の人間は「総裁選出馬資格なし」
だと、小池百合子と似たようなことを言ってますが、これは、例えば
 比例復活組のマッチーや野田聖子に対する牽制
ってわけね。

自民党再生というのならば
 よほど斬新な看板が必要
だけど、例えば、群馬五区で圧勝した小渕優子は臨月だから、総裁選出馬自体がムリ。
名前が挙がってるのが
 石破くんとか石原長男とかタニーとか
だけど、昨日の自民党両院議員総会では
 誰も出たいと言わなかった
そうだ。「初めて下野」する産経より。


自民内に渦巻く「私怨」 再生の道険し
2009.9.9 00:03
(略)

 だが、「世代交代」を訴える若手・中堅から「おれに任せろ」という声はついに上がらないまま。小野寺五典(いつのり)衆院議員は「中堅・若手が主体となり一致結束して名前を書くことをお願いしたい」と言ったが、具体名は出さないまま。「じゃあ、お前がやるって言ってみろ」とヤジを浴びた。
 総裁選出馬が取りざたされている石破茂農水相も「ここで異論があろうと、決まったことには全員が従うのが党員の務めだ」と発言しただけ。石原伸晃幹事長代理、谷垣禎一元財務相らは何も発言しなかった。
(以下略)

いろんな意味で終わってる自民党再生の道は長く遠く険しい。

|

« 中国の視覚障碍者用データベースには古典が満載 | トップページ | 大臣の椅子というエサ→民主・社民・国民新党連立政権樹立で合意 »

コメント

私は政権交代は正しかったのだと、ますます思うようになりました。白旗同然の白票を投じる提案が平気でなされることにあきれました。しかし、本当に人材が枯渇したんですねぇ。この様子だと、民主党に流れる人達が出ても不思議じゃありませんね。

投稿: 欧州の消化器科医 | 2009-09-09 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46161618

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選 中川秀直の往生際:

« 中国の視覚障碍者用データベースには古典が満載 | トップページ | 大臣の椅子というエサ→民主・社民・国民新党連立政権樹立で合意 »