« 自民党総裁選 中川秀直の往生際 | トップページ | バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す »

2009-09-09

大臣の椅子というエサ→民主・社民・国民新党連立政権樹立で合意

衆院選で大勝した民主党が政権与党になり、参院の運営上
 社民党と国民新党とは連立政権を目指す
ということになってから、わたしのもっぱらの関心は
 政界一「目立ちたがり屋の福島瑞穂」の処遇
である。あれだけ、独善的な政治家もなかなか珍しいわけで、
 転がり込みそうな大臣の椅子
に、福島瑞穂が釣られないわけがないと思っている。
たぶん
 大臣就任を巡って、民主党と一揉め
あるだろう上に、
 大臣の椅子の魔力にやられて、早々に舌禍事件なり、マスコミの餌食になるような事態が出来するだろう
と、行く末を楽しみにしている。大臣の椅子に座ったとたん、人間が変わるというのは、これまでも何人もいたわけで、そうでなくても
 権力志向と上昇志向
で、野党としてやってきた福島瑞穂は
 与党側になった時に攻められると弱い
とわたしは見ている。攻守所を変えたときの対応が、たぶん難しいだろう。だから、
 もし、福島瑞穂が大臣となっても、たぶん在任期間は短い
と踏んでるんだけど、どうかな? マスコミには、福島瑞穂の敵が何人もいるので、
 大臣になったら、徹底的に足を掬ってやろう
と、待ち構えている記者達は少なくないだろうな。あるマスコミ人は、数年前から
 一番嫌いな政治家は福島瑞穂
と断言して憚らなかった。

国民新党は、
 元自民の亀井静香が慎重な姿勢
を見せている。さすがに、
 大臣の椅子の魔力と功罪
を、二度の閣僚経験者である亀井静香はよく知っている。
産経より。


「亀井氏は無任所相」国民新党が要請へ
2009.9.9 01:03

 国民新党は8日、民主党側から亀井静香代表に対し入閣要請があれば、亀井氏を所管省庁を持たない無任所相へ起用するよう求める検討に入った。
 亀井氏が党首クラスの「基本政策閣僚委員会」に出ることや、来夏の参院選に向け、党代表の役割を果たす狙いがあるものとみられる。

無任所大臣であれば、
 民主党と国民新党の政策上で解決できない違い
が起きた時に、簡単に切り離しができるし、身軽だ。

さて、
 野党として闘ってきたことしかない福島瑞穂
が、どの程度浮かれるか、これからが見物だ。件のマスコミ人は
 他人の悪口については天才的
だと、福島瑞穂を誉めていた。逆に言えば、それくらいしか
 政治家としての取りどころがない
というのが、彼の福島瑞穂評である。

続き。(14:59)
ようやく三党連立が合意に達した。産経より。


3党連立政権樹立で合意 9日夕に党首会談
2009.9.9 14:23

 民主、社民、国民新3党は9日午後、国会内で幹事長級会談を開き、連立政権の政策合意書を取りまとめた。今夕に党首会談を行い、連立政権の樹立で合意する。民主党の鳩山由紀夫代表は社民党の福島瑞穂党首、国民新党の亀井静香代表に入閣を正式要請し、両氏も受諾する見通しだ。
 幹事長級会談には、民主党の岡田克也、社民党の重野安正両幹事長、国民新党の亀井代表が出席。社民党が合意文書に触れるよう求めてきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画と日米地位協定の見直しに関しては、「沖縄県民の負担軽減の観点から日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」との文言を盛り込むことで合意した。
 民主党は8日夜の協議で米軍基地問題に関し、「沖縄県民の感情も踏まえ、基地のあり方をはじめとする2国間の課題の解決を図る」とする原案を提示していた。今月下旬の日米首脳会談を控え、民主党は抽象的な内容にとどめる意向だったが、社民党に大幅譲歩した。
 3党の政策調整機関は、3党の党首クラスがそろって入閣し、内閣の基本政策閣僚委員会で調整することでも正式合意した。

さてと。これから
 組閣で舞い上がる人達ウォッチ
が楽しみだな。たぶん、当選回数の浅い議員の中では、
 与党を経験してない、社民党や民主党の勘違い議員
というのも大量発生している筈。かつての
 非自民・非共産連立政権とか自社さ連立政権
とかでの、
 与党になった元野党議員の舞い上がりっぷり
は、笑止千万だったわけで、いま、同じことが起きようとしている。
 新人だらけの民主党
には、つけいられる隙だらけ。数が多くなりすぎて、新顔議員の管理が難しくなってるところへ、
 管理できそうな人材は政権運営で忙殺される
となると、綻びが出るのも早いだろう。

組閣には
 身体検査
が必要だけど、民主党にはそのノウハウがない。
 大臣の椅子に座ったとたん、舌禍事件を起こしたり、旧悪を暴かれて、早々に辞職
なんてことが相次ぐようだと、第一次鳩山内閣の寿命も短くなる。ポイントは
 民主党は貧乏だった
というところだが、だいたい
 鳩山(兄)の故人献金問題とか各種カネの問題
が、党の上の方に燻っているわけで、それより下の議員たちの
 清廉潔白さが衆目に晒される
ことになる。こと
 カネの問題
となると、民主党結党の経緯上、
 民主の方がより情けない質
になったりするからな。

|

« 自民党総裁選 中川秀直の往生際 | トップページ | バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す »

コメント

福島瑞穂のはっちゃけぶりは嫌悪感すら感じます。
社会党が崩壊した時の経験が生きていないんですね。
大臣の椅子に釣られたら社民党終了の始まりだと思います。

投稿: 智 | 2009-09-09 18:35

なんだかなぁ~。

自民と社会党の残党に、さらに自民と社会党の残党がくっついた感じですよねぇ。

投稿: はにわ | 2009-09-10 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46164090

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣の椅子というエサ→民主・社民・国民新党連立政権樹立で合意:

» 民主・社民・国民三党、連立政権樹立合意 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
民主党の岡田克也、社民党の重野安正両幹事長と国民新党の亀井静香代表は9日、国会内で連立政権樹立に向けた協議を行い、三党の共通政策と今後の協議機関の枠組みについて合意しました。これを受けて同日夕、民主党の鳩山由紀夫代表、社民党の福島瑞穂党首、国民新党の亀井静香代表は国会内で会談し、連立政権の樹立に向けた「三党連立政権合意書」に署名しました。 ***♪連立で三党合意♪ 亀井静香と福島みずほたんは 総選挙の日 おもわず言った 今度 与党になれば ポストがウチにやって来る ちがうよ それは... [続きを読む]

受信: 2009-09-10 00:26

« 自民党総裁選 中川秀直の往生際 | トップページ | バックパックのファスナーの引き手(プル)を直す »